研究業績

学術雑誌 


  • Kobayashi, S., Miyazaki, Y., & Yoshida, M., Historical Transition of Community Currencies in Japan. (submitted)

    • 吉田 昌幸,小林 重人,「スマホ製造ゲーム」を使った機会費用の学習:中高生を対象とした実践を通じて,経済教育,No. 37, pp. 48-52, 2018. J-STAGE
    • 田中 孝治,陳 魏,ダム ヒョウ チ,小林 重人,橋本 敬,池田 満,知識共創力を高めるメタ認知スキルの学び方の学び―議論のファシリテーションを通じた経験学習―,電子情報通信学会論文誌D, Vol. J101-D, No. 6, pp. 830-842, 2018. 電子情報通信学会

    • Yoshida, M.* & Kobayashi, S.*, Using Simulation and Gaming to Design a Community Currency System, International Journal of Community Currency Research, Vol. 22 (Winter), pp. 132-144, 2018. (*equal contribution)  https://ijccr.net

    • 小林 重人,プログラミングスキルを持たない市民を対象としたオープンデータ利活用のためのワークショップの開発と評価,地域イノベーション(法政大学地域研究センター),Vol. 9, pp. 49-58, 2017. 法政大学学術機関リポジトリ

    • 小林 重人,持続的なボランティア活動と地域団体間の連帯を促進するための地域通貨-同一地域で実践された2つの地域通貨の比較から-,地域活性研究,Vol. 8, 9pp, 2017. 地域活性学会

    • 小林 重人,サードプレイスにおける利用者の多様性とコミュニケーションが生み出すもの,建築と社会,Vol. 97, No. 1137, pp. 20-21, 2016. 日本建築協会

    • 吉田 昌幸,小林 重人,地域通貨の発行形態に応じた利用者の意識・行動分析-ゲーミング・シミュレーションを用いた検討-,経済社会学会年報,Vol. 38, pp. 144-160, 2016. CiNii

    • Tanaka, K., Dam, H. C., Kobayashi, S., Hashimoto, T., & Ikeda, M., Learning How to Learn through Experiential Learning Promoting Metacognitive Skills to Improve Knowledge Co-creation Ability, Procedia Computer Science, Vol. 99, pp. 146-156, 2016.  ScienceDirect

    • 山田 広明,小林 重人,個人志向と社会志向が共存するサードプレイスの形成メカニズムの研究,情報処理学会論文誌, Vol. 57, No. 3, pp. 897-909, 2016. 情報処理学会電子図書館

    • 小林 重人,山田 広明,サードプレイスにおける経験がもたらす地域愛着と協力意向の形成,地域活性研究,Vol. 6, pp. 1-10, 2015. JAISTリポジトリ

    • 吉田 昌幸*,小林 重人*,地域通貨使用経験がもたらす行動・意識の変容-ゲーミング・シミュレーションを用いた検討-,経済社会学会年報,Vol. 36, pp. 67-80, 2014. (*equal contribution) CiNii
    • 小林 重人,山田 広明,マイプレイス志向と交流志向が共存するサードプレイス形成モデルの研究-石川県能美市の非常設型「ひょっこりカフェ」を事例として-,地域活性研究,Vol. 5, pp. 3-12, 2014. JAISTリポジトリ
    • 小林 重人,吉田 昌幸,橋本 敬,ゲーミングとマルチエージェントシミュレーションによる地域通貨流通メカニズムの検討,シミュレーション&ゲーミング,Vol. 23, No. 2, pp. 1-11, 2013. JAISTリポジトリ 論文
    • Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Benefits and Limits of Circuit Breaker-Institutional Design Using Artificial Futures Market-, Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 7, No. 2, pp. 355-372, 2011. ResearchGate 
    • Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Analysis of Institutional Evolution in Circuit Breakers Using the Concepts of Replicator and Interactor, Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 7, No. 1, pp. 101-112, 2010. ResearchGate 
    • 小林 重人*,西部 忠*,栗田 健一,橋本 敬,社会活動による貨幣意識の差異-地域通貨関係者と金融関係者の比較から-,企業研究(中央大学企業研究所),Vol. 17, pp. 73-91, 2010. (*equal contribution) JAISTリポジトリ


    書籍


    • Kobayashi, S. & Yoshida, M., How Can We Ensure Middle School Students Acquire Economic Thinking?-Developing and Evaluating an Analog Game Involving Smartphones Simulated with LEGO Blocks, Neo Simulation and Gaming Toward Active Learning, Springer. (Revised selected papers, 64/239) (to be published)  LINK
    • 小林 重人,橋本 敬,西部 忠,ブラジル・フォルタレザの「パルマス」:制度生態系としてのコミュニティバンクと住民組織,地域通貨によるコミュニティ・ドック,第6章,西部 忠 編著,専修大学出版局,pp. 226-245, 2018. LINK http://www.amazon.co.jp/進化経済学-基礎-進化経済学にチャレンジ-江頭-進/dp/4818821187
    • 小林 重人,更別村公益通貨「サラリ」-アンケート調査(2011年12月)による「貨幣意識」の分析,地域通貨によるコミュニティ・ドック,第5章6節,西部 忠 編著,専修大学出版局,pp. 212-222, 2018.  LINK http://www.amazon.co.jp/進化経済学-基礎-進化経済学にチャレンジ-江頭-進/dp/4818821187
    • Kobayashi, S., Hashimoto, T., Kurita, K., & Nishibe, M., Relationship between People’s Money Consciousness and Circulation of Community Currency. In G. Gomez (Ed.) Monetary Plurality in Local, Regional and Global Economies, Routledge, pp. 224-242, 2018.  (Revised selected papers) LINK http://www.amazon.co.jp/進化経済学-基礎-進化経済学にチャレンジ-江頭-進/dp/4818821187 
    • 小林 重人,橋本 敬,複製子と相互作用子による制度進化の記述-サーキットブレーカーを例として,第3章1節,進化経済学 基礎,江頭 進・澤邊 紀生・橋本 敬・西部 忠・吉田 雅明 編,日本経済評論社, pp. 37-45, 2010. http://www.amazon.co.jp/進化経済学-基礎-進化経済学にチャレンジ-江頭-進/dp/4818821187

    http://www.nikkeihyo.co.jp/books/view/2118
    https://www.routledge.com/Monetary-Plurality-in-Local-Regional-and-Global-Economies/Gomez/p/book/9781138280281

    http://www.senshu-up.jp/book/b375511.html
     
    https://www.springer.com/us/book/9789811380389
     

    ワーキング・ペーパー/ディスカッション・ペーパー


    • 西部 忠,橋本 敬,小林 重人,栗田 健一,宮崎 義久,廣田 裕之,ブラジル・パルマス銀行調査報告書,北海道大学大学院経済学研究科 Discussion Paper Series B,No. 2012-104, 79pp, 2012. http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/49251

    • 小林 重人,栗田 健一,西部 忠,橋本 敬,地域通貨流通実験にみるミクロ・メゾ・マクロ・ループの流れ-メゾレベルの貨幣意識を中心にして-,北海道大学大学院経済学研究科 Discussion Paper Series B,No. 2011-96, 17pp, 2011. http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/49251
    • 小林 重人*, 栗田 健一*,西部 忠,橋本 敬,地域通貨流通実験前後における貨幣意識の変化に関する考察-東京都武蔵野市のケース-,北海道大学社会科学実験研究センター(CERSS) ワーキングペーパーシリーズ,No. 118, 2010. (*equal contribution) http://lynx.let.hokudai.ac.jp/cerss/workingpaper/2010.html
    • 小林 重人,橋本 敬,サーキットブレーカーに磁石効果はあるか?-発動基準を掲載したウェブサイトのアクセスログ分析から-,北陸先端科学技術大学院大学(JAIST) リサーチレポート,KS-RR-2009-003, 11pp, 2009. JAISTリポジトリ
    • 小林 重人*,西部 忠*,栗田 健一,橋本 敬,社会活動による貨幣意識の差異-地域通貨関係者と金融関係者の比較から-,北海道大学社会科学実験研究センター(CERSS) ワーキングペーパーシリーズ,No. 85, 2008. (*equal contribution) http://lynx.let.hokudai.ac.jp/cerss/workingpaper/2010.html

    報告書


    • 小林 重人,経済学的なものの見方を身につけるためのアクティブ・ラーニングの開発と評価,未来教育研究所紀要,Vol. 6, pp. 68-69, 2018. PDF(7.3MB)
    • 小林 重人,地域住民の内部ルールを考慮した地域通貨流通メカニズムに関する研究,科学研究費助成事業研究成果報告書,6pp , 2017. JAISTリポジトリ

    • 小林 重人,税の使い方から考えるわたしたちの暮らしと未来のまちづくり,第12回金融教育に関する小論文・実践報告コンクール,金融広報中央委員会,15pp , 2016. LINK 優秀賞
    • 小林 重人,税金はどこへいった?-税金の行き先がわかるウェブサイトをみんなでつくろう-,まなびフェスタ2015活動報告書,まなびフェスタ2015実行委員会,pp. 11-12, 2015. PDF(202KB)
    • 小林 重人,地域通貨ゲームのフィードバック,平成25年度 新・買い物支援システム-オンデマンド商店街の可能性調査・研究報告書,第4章2節,北陸地域づくり協会,pp. 44-51, 2014. LINK
    • 小林 重人,山田 広明,「第3の生活拠点創出事業」3カ年事業成果報告書,3.1.1-3.1.5及び4.1執筆,能美市市民生活部地域振興課,46pp, 2014.
    • 小林 重人,共時的・通時的視点に基づくサーキットブレーカー制度の分析と設計,科学研究費助成事業研究成果報告書,6pp , 2013. JAISTリポジトリ
    • 小林 重人,橋本 敬,西部 忠,ブラジル・フォルタレザの「パルマス」:制度生態系としてのコミュニティバンクと住民組織,地域通貨を活用したコミュニティ・ドックによる地域社会の活性化,第6章,西部 忠 編著,全労済協会 公募研究シリーズ,Vol. 25, pp. 138-149, 2012.
    • 小林 重人,更別村公益通貨「サラリ」-アンケート調査による「貨幣意識」の分析,地域通貨を活用したコミュニティ・ドックによる地域社会の活性化,第5章6節,西部 忠 編著,全労済協会 公募研究シリーズ,Vol. 25, pp. 130-135, 2012.

    エッセイ


    • 小林 重人,「ありがとう」を循環させるお金,専修大学出版局通信,pp. 12-15, 2018. LINK

    国際会議


    • Yoshida, M., Kobayashi, S., & Miyazaki, Y., Relationship between the Philosophy of the Community Currency Issuing Organization and the Issuing Form: Analysis of a Questionnaire Survey in Japan, 5th Biennial RAMICS International Congress in Japan, Hida-Takayama, Sep. 11-15, 2019. (accepted)LINK
    • 赤池 敬,小林 重人,橋本 敬:デジタル決済がもたらす人間と貨幣の主客に関する技術哲学的検討,5th Biennial RAMICS International Congress in Japan, Hida-Takayama, Sep. 11-15, 2019. (発表予定)LINK
    • Yoshida, M., Kobayashi, S., & Miyazaki, Y., Gaming Simulation Analysis on the User Selection of Community Currency, 5th Biennial RAMICS International Congress in Japan, Hida-Takayama, Sep. 11-15, 2019. (accepted)LINK
    • Fujiwara, M. & Kobayashi, S., Development of Digital Community Currency for Enhancing Contribution Consciousness to Local Community, 5th Biennial RAMICS International Congress in Japan, Hida-Takayama, Sep. 11-15, 2019. (accepted)LINK
    • Yoshida, M., Kobayashi, S., A Comparative Study of the Behavior and Evaluation of Analog and Digital Community Currency: Research using Gaming Simulation, The 50th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA '19), Kozminski University, Warsaw, Poland, Aug. 26-30, 2019. (accepted) LINK 
    • Onishi, S., Kobayashi, S., & Hashimoto, T., Skill Combination Game for Resolving Acceptance Concern in Civic Tech Collaboration, Proc. The 49th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA '18), pp. 342-349, Nakhon Pathom, Thailand, 2018. LINK
    • Kobayashi, S. & Yoshida, M., How Can Middle School Students Acquire Economic Thinking?, The 49th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA '18), Nakhon Pathom, Thailand, 2018. LINK Best Poster Award
    • Kobayashi, S. & Yoshida, M., How Can We Ensure Middle School Students Acquire Economic Thinking?-Developing and Evaluating an Analog Game Involving Smartphones Simulated with LEGO Blocks, Proc. The 49th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA '18)pp. 294-301, Nakhon Pathom, Thailand, 2018. LINK
    • Kobayashi, S., Miyazaki, Y., & Yoshida, M., Historical Transition of Community Currencies in Japan, Proc. the 4th International Conference on Social and Complementary Currencies, 9pp, Barcelona, Spain, 2017. LINK

    • Tanaka, K., Dam, H. C., Kobayashi, S., Hashimoto, T., & Ikeda, M., Learning How to Learn through Experiential Learning Promoting Metacognitive Skills to Improve Knowledge Co-creation Ability, The 12th International Conference on Knowledge Management (ICKM 2016), Vienna, Austria, Oct. 10-11, 2016. LINK
    • Yoshida, M. & Kobayashi, S., Simulation and Gaming as Tools for Designing a Community Currency System, Proc. the 3rd International Conference on Social and Complementary Currencies, 10pp , Salvador, Brazil, 2015. LINK
    • Yoshida, M. & Kobayashi, S., Community Currency Game: Results and the Next Challenge, Proc. the 46th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA '15), pp. 1018-1023, Kyoto, Japan, 2015. LINK
    • Kobayashi, S., Azuma, S., Sugimoto, S., & Masumi, A., "Harvest and Interest"-A Game to Facilitate Understanding of Michael Ende's Momo, Proc. the 46th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA '15), pp. 1014-1017, Kyoto, Japan, 2015. LINK
    • Yamada, H. & Kobayashi, S., Agent-based Simulation of Formation of Local Third Place, Proc. the 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 20th '15), pp. 25-29, Beppu, Japan, 2015. LINK
    • Yoshida, M. & Kobayashi, S., Community Currency Game : A Tool for Introducing the Concept of Community Currencies, Proc. the 45th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA '14), pp. 788-794, Dornbirn, Austria, 2014. LINK
    • Kobayashi, S., Hashimoto, T., Kurita, K., & Nishibe, M., Correlation between Currency Consciousness among Participants of Community Currency and Its Circulation,Proc. the 2nd International Conference on Complementary Currency Systems, 12pp , The Hague, Netherlands, 2013. LINK
    • Kobayashi, S., Takahashi, Y., & Hashimoto, T., Circulation Mechanism of Community Currency in Hilly and Mountainous Area: An Agent-based Simulation Study, Proc. the 8th Conference of the European Social Simulation Association (ESSA 8th '12), pp. 169-174, Salzburg, Austria, 2012. LINK
    • Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Market Institution as a Place of Knowledge Processing through Interaction, The 4th International Nonlinear Science Conference (INSC 4th '10), Palermo, Italy, Mar. 15-17, 2010. LINK
    • Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Analysis of Institutional Evolution in Circuit Breakers Using the Concepts of Replicator and Interactor, Proc. the 9th Asia-Pacific Conference on Complex Systems (Complex '09), pp. 300-307, Tokyo, Japan, 2009. LINK
    • Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Access Log Analysis of Magnet Effect in Circuit Breaker, Proc. the 9th Asia-Pacific cConference on Complex Systems (Complex '09), pp. 80-86, Tokyo, Japan, 2009. LINK
    • Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Can Circuit Breakers Decrease Profit Disparity? : Gini Coefficient Analysis of Artificial Market with Circuit Breakers, The 3rd International Nonlinear Science Conference (INSC 3rd '08), Tokyo, Japan, Mar. 13-15, 2008.
    • Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Computational Study on Interactive Effect of Circuit Breakers and Random Agents on Stabilization of Market System, Proc. The 3rd Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with 11th International Conference on Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science (APCOM '07-EPMESC XI), MS24-3-3, Kyoto, Japan, 2007. LINK
    • Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Analysis of Random Agents for Improving Market Liquidity Using Artificial Stock Market, Proc. the 4th Conference of The European Social Simulation Association (ESSA 4th '07), pp. 315-317, Toulouse, France, 2007. LINK
    • Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Analysis of Circuit Breakers Using Artificial Stock Market, Proc. the 12th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 12th '07), CD-ROM, pp. 260-263, Beppu, Japan, 2007. LINK

    国内学会/研究会


    • 小林 重人,橋本 敬,お金の役割を学習できるカードゲームの改良と実践―小学生と中学生を対象とした金融教育,日本シミュレーション&ゲーミング学会 全国大会論文報告集,2019年春号, 108-111, 2019. LINK
    • 樽田 泰宜,趙 巧,小林 重人,橋本 敬,廃止措置中の原子力発電所の職員へ心理社会的調査,日本原子力学会 2019年春の年会,茨城大学,2019年3月21日.LINK
    • 張 玥,橋本 敬,小林 重人,高齢者に代表される弱者を包摂するコミュニティを交流を通じて形成させるマルチエージェントモデル計測自動制御学会 第18回社会システム部会研究会,サザンビーチホテル&リゾート沖縄,2019年3月18日.LINK
    • 赤池 敬,小林 重人,橋本 敬,デジタル通貨によるキャッシュレス化がもたらす主体性の変化に関する技術哲学的検討,進化経済学会 第23回大会,名古屋工業大学,2019年3月16日.(ポスター発表)LINK
    • 張 玥,橋本 敬,小林 重人,高齢者に代表される弱者を包摂するコミュニティ形成モデルの研究,進化経済学会 第23回大会,名古屋工業大学,2019年3月16日.(ポスター発表)LINK
    • 吉田 昌幸,小林 重人,宮﨑 義久,ミクロ・メゾ・マクロループの枠組みで捉える地域通貨の進化,進化経済学会 第23回大会,名古屋工業大学,2019年3月16日.(ポスター発表)LINK
    • 大西 翔太,小林 重人,橋本 敬,シビックテックにおけるアプリ開発に影響する要素は何か?―技術者と非技術者の関係に着目した分析,情報処理学会第81回全国大会 講演論文集, 7ZE-07. LINK 学生奨励賞

    • 趙 巧,樽田 泰宜,小林 重人,橋本 敬,廃止措置中にある原子力発電所の職員の世代継承性に関する特性分析,知識共創, Vol. 9. Ⅲ 1-9. LINK 
    • 大西 翔太,小林 重人,橋本 敬,シビックテックにおける技術者と非技術者の間の協働を促進する要素に関する研究,知識共創, Vol. 9. Ⅲ 3-10. LINK 萌芽研究賞
    • 小林 重人,実験室実験に向けたQRコードを用いた電子地域通貨の開発,進化経済学会 北海道東北部会(春期部会),小樽商科大学札幌サテライト,2019年3月2日.
    • 小林 重人,お金の役割を学ぶカードゲームの開発,経済・法教育のためのゲーミング研究部会 第2回研究会,上越教育大学,2019年2月26日.
    • 趙 巧,樽田 泰宜,小林 重人,橋本 敬,廃止措置中にある原子力発電施設職員の世代継承性に相関する要因の解明,人工知能学会 第35回知識・技術・技能の伝承支援研究会,SIG-KST-35-03. LINK
    • 小林 重人,吉田 昌幸,構築主義に基づく経済学的思考の育成―レゴブロックを用いたゲームの開発と実践から―,経済教育学会 第34回全国大会 報告要旨集,pp. 42-43, 2018. LINK
    • 小林 重人,「メイキング」を取り入れた中学校社会科授業の実践,経済・法教育のためのゲーミング研究部会 第1回研究会,上越教育大学,2018年9月26日.
    • 奈良井 伸子,小林 重人,ありがとうの気持ちを循環させる「能美のあんやと券」,人工知能学会 第4回市民共創知研究会,(SIG-CCI)みらいらぼ いしかわ予稿集,pp. 46-47, 2018. LINK
    • 趙 巧,樽田 泰宜,小林 重人,橋本 敬,原子炉発電施設職員の世代継承性を改善するためのプログラム開発,知識共創, Vol. 8, V 15-1, 2018.(ポスター発表)LINK 
    • 張 玥,小林 重人,橋本 敬,高齢者が支え合うコミュニティ形成モデルの研究,知識共創, Vol. 8, V 9-1, 2018.(ポスター発表)LINK 
    • 小林 重人,連帯経済におけるコミュニティバンクと住民組織の役割,リスク・レジリエンス研究会,金沢大学,2017年12月19日.
    • 大西 翔太,小林 重人,橋本 敬,シビックテックイベントにおける参加者の協働促進に向けたゲームの実践と評価,人工知能学会 第3回市民共創知研究会(SIG-CCI)みらいらぼ なごや予稿集,pp. 34-41, 2017. ベストペーパー賞 LINK 
    • 小林 重人,経済学的なものの見方を身につけるためのアクティブ・ラーニングの開発と評価,平成29年度 未来教育研究所 研究助成成果発表大会,兵庫県私学会館,2017年11月25日.LINK

    • 小林 重人,吉田 昌幸,経済的なものの見方を身につけるためのゲーミングの開発と評価,日本シミュレーション&ゲーミング学会 全国大会論文報告集,2017年秋号,pp. 14-19, 2017. LINK
    • 吉田 昌幸,小林 重人,ゲーミングを活用した機会費用学習プログラムの開発,上越教育大学社会科教育学会 第32回研究大会,上越教育大学,2017年10月21日.LINK

    • 小林 重人,吉田 昌幸,日本における地域通貨の歴史的変遷,専修大学社会科学研究所 定例研究会,専修大学向ケ丘遊園サテライトオフィス,2017年10月7日.LINK
    • 吉田 昌幸,小林 重人,「スマホ製造ゲーム」を使った機会費用の学習:中高生を対象とした実践を通じて,経済教育学会 第33回全国大会 報告要旨集,pp. 18-19, 2017. LINK
    • 田中 孝治,陳 魏,ダム ヒョウ チ,小林 重人,橋本 敬,池田 満,議論参加者による議題設定のファシリテートを通じたTAのメタ認知スキルの育成,日本教育工学会第33回全国大会講演論文集,pp. 323-324, 2017. LINK
    • 小林 重人,山田 広明,地域の居場所におけるスタッフの協力行動の形成と拡大に関する研究,地域活性学会 第9回研究大会 論文集,L-4,  4pp. LINK 
    • 大西 翔太,小林 重人,橋本 敬,日本国内のシビックテックにおける技術者と非技術者の協働促進に関する研究,地域活性学会 第9回研究大会 論文集,A-4, 4pp. LINK 
    • 大西 翔太,小林 重人,橋本 敬,シビックテックにおける技術者と地域住民の協働実現に向けたCode for Americaへのヒアリング調査分析,知識共創, Vol. 7, V 3-1, 2017.(ポスター発表) LINK 
    • 小林 重人,日本における地域通貨の発行目的の変遷,第7回地域通貨研究会,北陸先端科学技術大学院大学(東京サテライト),2017年2月22日.
    • 小林 重人,吉田 昌幸,フレームゲームとしてのカルテットの可能性:二つの実践を通じて,日本シミュレーション&ゲーミング学会 全国大会論文報告集,2016年秋号,pp. 46-51, 2016. LINK
    • 田中 孝治,ダム ヒョウ チ,小林 重人,橋本 敬,池田 満,学習目標の自己調整を通じたメタ認知スキルの学び方の学び,日本教育工学会第32回全国大会講演論文集,pp. 569-570, 2016. LINK
    • 小林 重人,地域内イベントにおける共助行動を促進する地域通貨-能美のSACHIあんやと券を事例として-,地域活性学会 第8回研究大会 論文集,T-3, 4pp, 2016. LINK
    • 宮﨑 義久,吉田 昌幸,小林 重人,中里 裕美,地域通貨の進化の解明に向けた分析枠組みの提示-全国調査に関する先行研究の検討を通じて-,進化経済学論集第20集,13pp, 2016. LINK
    • 田中 孝治,ダム ヒョウ チ,小林 重人,橋本 敬,池田 満,議論のファシリテーションを通じたメタ認知スキルの学び方の学び,日本教育工学会研究報告集,JSET 15-4, pp. 11-16, 2015. LINK

    • 吉田 昌幸,小林 重人,地域通貨の発行形態に応じた利用者の行動・意識分析-ゲーミングシミュレーションを用いた検討-,経済社会学会 第51回全国大会 報告要旨集,pp. 28-31, 2015. LINK
    • 田中 孝治,崔 亮,ダム ヒョウ チ,小林 重人,橋本 敬,池田 満,議論介入の抑制を通じたファシリテーターのメタ認知スキルの育成,日本教育工学会 第31回全国大会講演論文集,pp. 805-806, 2015. LINK
    • 小林 重人,プログラミングの知識を持たない市民を巻き込んだオープンデータの利活用,地域活性学会 第7回研究大会 論文集,A-2, 4pp, 2015. LINK
    • 小林 重人,石川県能美市における地域通貨の取り組み-過去・現在・未来-,第3回地域通貨研究会,上越教育大学,2015月8月4日.
    • 小林 重人,吉田 昌幸,地域通貨の流通デザインにおける知見の統合手法としてのゲーミングとシミュレーション,進化経済学論集第19集,8pp, 2015. LINK
    • 小林 重人,吉田 昌幸,地域通貨の流通デザイン手法としてのシミュレーション&ゲーミングの検討,第2回地域通貨研究会,明治大学,2015年2月26日.
    • 小林 重人,東 晋平,杉本 祥平,真隅 暁,演劇作品のコンセプト理解を促進するためのゲーミング開発-ミヒャエル・エンデの「モモ」を事例に-,日本シミュレーション&ゲーミング学会 全国大会論文報告集,2014年秋号,pp. 16-19, 2014. LINK
    • 吉田 昌幸,小林 重人,ゲーミングとシミュレーションを活用した地域通貨導入手法のデザインとその課題,社会・経済システム学会 第33回大会 報告要旨集,pp. 71-74, 2014. LINK
    • 小林 重人,吉田 昌幸,ゲーミングによる地域通貨導入のためのワークショップ,社会・経済システム学会 第33回大会,京都大学,2014年10月25日.(ポスター発表)
    • 田中 孝治,呉 沛璟,崔 亮,ダム ヒョウ チ,小林 重人,橋本 敬,池田 満:議論のファシリテーションを通じたメタ認知スキル育成の取り組み,日本教育工学会第30回全国大会講演論文集,pp.419-420, 2014.
    • 小林 重人,山田 広明,地域のサードプレイスにおける利用者の協力意向の形成に関する研究,地域活性学会 第6回研究大会 論文集,B-3,  4pp, 2014. LINK
    • 小林 重人,吉田 昌幸,橋本 敬,ゲーミングとマルチエージェント・シミュレーションの融合による地域通貨流通メカニズムに関する研究,第1回地域通貨研究会,明治大学,2013年12月15日.
    • 小林 重人,吉田 昌幸,橋本 敬,コンピュータ・シミュレーションとゲーミング・シミュレーションによる地域通貨流通メカニズムの検討,日本シミュレーション&ゲーミング学会 全国大会論文報告集,2013年秋号,pp. 24-29, 2013. LINK
    • 山田 広明,小林 重人,多様な価値観が共存するサードプレイスの形成要件-エージェントシミュレーションによる検討-,社会・経済システム学会 第32回大会 報告要旨集,pp. 89-92, 2013. LINK
    • 吉田 昌幸*,小林 重人*,地域通貨は地域コミュニティ形成に寄与するか?-ゲーミング・シミュレーションを用いた検討-,第49回経済社会学会 大会報告集,pp. 10-13, 2013. (*equal contribution) LINK
    • 小林 重人,山田 広明,多様な価値観が共存するサードプレイス創出に関する研究-地域資源を活かしたカフェの事例を通じて-,日本計画行政学会 第36回全国大会 研究報告要旨集, D-2, pp. 255-258, 2013.
    • 中西 舞,小林 重人,山田 広明,サードプレイス創出による地域の魅力発見と愛着醸成の可能性,地域活性学会 第5回研究大会 論文集,pp. 137-138, 2013.
    • 小林 重人*,吉田 昌幸*,橋本 敬,地域通貨ゲームはどのような教育効果を持つか,進化経済学論集第17集, F-3, 25pp, 2013. PDF(1.43MB) (*equal contribution)
    • 小林 重人,山田 広明,地域のサードプレイスとしてのカフェ創出に関する研究-ソーシャル・キャピタルからの新たなサードプレイス像の検討-,知識共創,Vol. 3, Ⅳ1-10, 10pp, 2013. LINK
    • 橋本 敬,小林 重人,西部 忠,制度生態系と進化主義的制度設計-理論モデルと貨幣意識調査-,公開ワークショップ 「制度生態系アプローチによる経済政策論の展開」,北海道大学 百年記念会館,2012年8月. LINK
    • 小林 重人,橋本 敬,西部 忠,制度生態系としてのコミュニティバンクと住民組織-ブラジル・フォルタレザにおけるパルマス銀行を事例として-,進化経済学論集第16集(CD-ROM),pp. 529-544, 2012. LINK
    • 高橋 佑輔,小林 重人,橋本 敬,中山間地域における地域通貨の流通に関するシミュレーション-長岡市川口地区を事例として-,進化経済学論集第16集(CD-ROM),pp. 735-754, 2012. LINK
    • 小林 重人,栗田 健一,西部 忠,橋本 敬,貨幣制度による貨幣意識の差異-日本(武蔵野市中央地区),ブラジル(パルメイラ地区),イタリア(トリノ・ミラノ)から-,進化経済学会 第16回大会,摂南大学,2012年3月.(ポスター発表)
    • 小林 重人,橋本 敬,知識処理機構としての市場制度-サーキットブレーカー制度を例として-,知識共創,Vol. 2, V1-7, 7pp, 2012. (ポスター発表) 共創賞 LINK
    • 高橋 佑輔,小林 重人,橋本 敬,中山間地域における地域通貨流通メカニズムに関するエージェントベースシミュレーション,情報処理学会研究報告 数理モデル化と問題解決(MPS), Vol. 2012-MPS-87, No. 26, 6pp, 2012. LINK
    • 小林 重人,栗田 健一,西部 忠,橋本 敬,地域通貨流通実験にみるミクロ・メゾ・マクロ・ループの流れ,進化経済学論集第15集, pp. 624-639, 2011.
    • 小林 重人,栗田 健一,西部 忠,橋本 敬,地域通貨流通実験前後おける貨幣意識の変化に関する考察,進化経済学論集第14集, pp. 451-452, 2010.
    • 小林 重人,地域通貨流通実験にみる貨幣意識,企業研究所公開研究会,中央大学,2009年10月.
    • 小林 重人,橋本 敬,サーキットブレーカーにおける制度進化,進化経済学論集第13集, d53, 16pp, 2009.
    • 小林 重人,橋本 敬,サーキットブレーカー情報サイトのアクセスログにみる磁石効果の分析,進化経済学会 第13回大会,岡山大学,2009年3月.(ポスター発表)
    • 栗田 健一,小林 重人,西部 忠,橋本 敬,貨幣意識(2)-武蔵野市地域通貨流通実験に関するアンケート調査結果-,進化経済学会 第13回大会,岡山大学,2009年3月.(ポスター発表)
    • 小林 重人,貨幣意識-地域通貨関係者 VS 金融関係者,第3回進化経済学会 北海道・東北部会,東北大学,2008年8月.
    • 西部 忠,小林 重人,栗田 健一,橋本 敬,貨幣意識(1)-地域通貨関係者 VS 金融関係者,進化経済学会 第12回大会,鹿児島国際大学,2008年3月.(ポスター発表)
    • 小林 重人,橋本 敬,市場安定化におけるサーキットブレーカーとランダムエージェントの役割,進化経済学会 第12回大会,鹿児島国際大学,2008年3月.
    • 小林 重人,橋本 敬,市場流動性を高めるランダム取引エージェントの分析,情報処理学会研究報告 2007-MPS-66 数理モデル化と問題解決,Vol. 2007, No. 86, pp. 41-44, 2007. べストプレゼンテーション賞 LINK 
    • 小林 重人,橋本 敬,人工市場シミュレーションと制度設計~サーキットブレーカー制度を通じて~,進化経済学論集第11集, pp. 391-394, 2007.
    • 小林 重人,橋本 敬,サーキットブレーカー制度の有効性とその限界~人工市場シミュレーションによる検討~,MPSシンポジウム2006「複雑系の科学とその応用」講演論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol. 2006, No. 10, pp. 29-36, 2006.
    • 小林 重人,橋本 敬,U-Martを用いたサーキットブレーカー制度の考察,進化経済学会 第10回大会,北海道大学,2006年3月.(ポスター発表)
    • 小林 重人,橋本 敬,サーキットブレーカーを導入した人工市場シミュレーション,MPSシンポジウム2005「相互作用の計算科学」講演論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol. 2005, No. 11, pp. 379-384, 2005.


    受賞


    • 第9回 知識共創フォーラム 萌芽研究賞,2019年3月.LINK 
    • ISAGA 2018 Best Poster Award, 49th International Simulation and Gaming Association Conference (ISAGA), 2018年7月.LINK
    • 第3回 市民共創知研究会 ベストペーパー賞,人工知能学会,2017年12月.LINK
    • 2017年度(第22回) 日本シミュレーション&ゲーミング学会 論文賞,2017年11月.LINK
    • 第6回 未来教育研究所研究助成 優良,2016年10月.LINK
    • 第12回 金融教育に関する小論文・実践報告コンクール(実践報告部門) 優秀賞,金融広報中央委員会,2015年12月.LINK
    • 第2回 知識共創フォーラム 共創賞,2012年11月.LINK
    • 第1回 FOST熊田賞,科学技術融合振興財団(FOST),2009年3月.FOST
    • 第66回 数理モデル化と問題解決(MPS)研究会 プレゼンテーション賞,情報処理学会,2007年10月.LINK


      競争的資金


      • 科学研究費補助金(基盤研究(C)):シビックテックコミュニティ内外における協働の発生・促進メカニズムに関する研究,研究代表者,2019年4月-2022年3月.科研費データベース
      • 科学研究費補助金(基盤研究(C)):仮想通貨と地域・補完通貨のメディア的特性の解明,研究分担者,2018年4月-2021年3月.(研究代表者 上越教育大学 吉田昌幸准教授)科研費データベース
      • 第6回 未来教育研究所研究助成:経済学的なものの見方を身につけるためのアクティブ・ラーニングの開発と評価,研究代表者,2016年10月-2017年9月.優良賞 LINK

      • 科学研究費補助金(若手研究(B)):地域の居場所における利用者の協力行動の発生と拡大メカニズムの解明,研究代表者,2016年4月-2020年3月(期間延長).科研費データベース

      • 科学技術融合振興財団 平成27年度調査研究助成:市民とエンジニアの共通の知識基盤を形成するためのゲーミング手法の開発と評価,研究代表者,2016年2月-2019年3月(期間延長).FOST
      • 科学研究費補助金(若手研究(B)):地域住民の内部ルールを考慮した地域通貨流通メカニズムに関する研究,研究代表者,2013年4月-2017年3月(期間延長).科研費データベース
      • 科学研究費補助金(基盤研究(B)):制度生態系アプローチによる経済政策論の研究-進化主義的制度設計と地域ドック-,研究分担者,2012年4月-2013年3月.(研究代表者 北海道大学 西部忠教授) 科研費データベース
      • 科学技術融合振興財団 平成23年度調査研究助成:マルチエージェント・シミュレーションとゲーミングによる地域通貨流通メカニズムに関する研究,研究代表者,2012年2月-2014年3月.(上越教育大学 吉田昌幸准教授との共同研究) FOST
      • 科学研究費補助金(研究活動スタート支援):共時的・通時的視点に基づくサーキットブレーカー制度の分析と設計,研究代表者,2011年8月-2013年3月(期間延長).科研費データベース
      • 第2回 優秀若手研究者海外派遣事業,日本学術振興会,派遣先:イタリア トリノ大学経済学部,2010年6月-2010年12月.日本学術振興会
      • 科学研究費補助金(特別研究員奨励費):計算機実験とインタビュー調査によるサーキットブレーカーの制度的分析と設計,研究代表者,2009年4月-2011年3月.科研費データベース
      • 科学技術融合振興財団 平成18年度調査研究補助金:人工市場シミュレーションによるサーキットブレーカーの制度的分析と設計,研究代表者,2007年3月-2008月3月.FOST熊田賞 FOST


      委員/アドバイザー


      • 一般社団法人専修大学デジタルコミュニティ通貨コンソーシアムラボラトリー(グッドマネーラボ),理事,2019年6月-2021年3月.LINK
      • 日本シミュレーション&ゲーミング学会,理事,2019年6月-2021年5月.LINK
      • 能美市 平成30年度行政評価,外部評価委員,2018年度.
      • 原子炉施設廃止措置の知識体系化に関する研究,研究アドバイザー,2018年8月-2019年3月.(日本原子力研究開発機構 敦賀廃止措置実証部門との共同研究)
      • 5th Biennial RAMICS International Congress in Japan (Hida-Takayama), Committee Member (Secretary-General). LINK
      • 石川県立羽咋高等学校,クリエイティブ・アドバイザー,2017年度.

      • 日本シミュレーション&ゲーミング学会 2016年度秋期全国大会,組織委員.LINK

      • Winter Simulation Conference 2016, Track's Program Committee. LINK

      • 白山ろく将来ビジョン策定委員会,委員,白山ろく里山活性化協議会,2015年10月-2016年3月.
      • 能美のあんやと券の会,アドバイザー,2015年7月-現在.LINK
      • 北陸地域づくり協会 「新・買い物弱者支援システム:安心ネットワークの可能性調査・研究」研究会,アドバイザー,2014年4月-2015年3月.LINK
      • 能美市 第3の生活拠点創出事業成果検証委員会,座長,2013年6月-2014年3月.

      • 知識共創フォーラム,運営委員,2011年-現在.LINK