Oz入門

Tutorial of Oz

この入門ではOzプログラミング言語とモーツアルトプログラミング・システムを紹介します。 Ozは、高度で、コンカレントで、そして、ネットワーク化されて、ソフトリアルタイムで、対話型のアプリケーションのために設計されているマルチパラダイム言語です。 Ozは状態、抽象データ型、オブジェクト、クラス、および継承を含むオブジェクト指向プログラミングに関する特徴を提供します。 また、合成構文、ファーストクラスの手順/機能、レキシカル・スコープ等の関数プログラミングに関する特徴も提供します。 そして、論理変数、規制、分裂構造物、およびプログラマブル検索メカニズムを含む論理プログラムと規制プログラミングに関する特徴を提供します。 それで、ユーザはダイナミックにいろいろな連続したスレッドを作成できます。 スレッドは、操作を実行するとオペランドが必要としたすべてが中断するまでスレッドが明確な値を持っているという意味ではデータフロースレッドの事です。

この入門はインフォーマルな方法でOzの概念の大部分をカバーしています。 この文書は、特定の理論的背景なしでプログラムをすばやく書き始めたいプログラマのためには最適でしょう。 この文書は、わざとインフォーマルにしてあって、結果、他のOz文書への補足となります。

モーツアルトプログラミング・システムはDFKI(The German Research Center for Artificial Intelligence)、SICS(the Swedish Institute of Computer Science)、ザールラント大学、UCL(The Université catholique de Louvain)の研究者、および他の協力者によって開発されています。
  1. イントロダクション
    1. Ozの特徴と概要
    2. カーネル言語
    3. クラス
    4. オブジェクト
    5. ポート
  2. 統合開発環境
    1. OPIの起動
    2. Hello World
    3. プログラマへの朗報
      1. コードの編集
      2. キーバインディング
      3. コンパイラエラー
      4. グラフィカルな開発ツール
  3. 基本
    1. Ozの主要な型
    2. 情報の追加
    3. データ型の構造性等価
    4. 数値
    5. リテラル
Comments