Berry Linux

公式サイト

Berry Linux (Clear Designed and Useful OS)

特徴

  • 日本生まれのFedora系ディストリビューション。
  • 一言で言うと、Fedora系のKNOPPIXである。
  • これは比喩ではなく、実際、KNOPPIXで使われているテクノロジーをFedoraに応用したそうである。
  • ただし、それは技術的な話であって、触った感触では、容量は別としてコンセプトは近頃流行りの軽量Linuxに近いと思われる。
  • デスクトップ環境はKDEベースだが、思い切った標準アプリケーションの削除が成されているところがそれを彷彿とさせる。
  • よって、読み込み、起動がかなり速い。
  • また、デザインセンスも秀悦で、作者の「何が必要か?」を極めて単純明解にデスクトップにガジェットとして配置している。
  • 逆に言うと、作者の「クセ」がかなり出ているのも事実。
  • ハードウェア認識能力は高いが、中で特殊な事をやっているのか、VirtualBox等の仮想マシンとの相性はあまり良くない。

スクリーンショット

KDEの標準アプリケーションのかなりが削除されている為か、スクリーンショットが撮れなかった。
また、VirtualBoxとの相性も悪い為(起動する事は起動するが、リサイズが不可能)、諦めて公式ページから写真を借りてきた。
ひょっとしたら端末起動でスクリーンショットが撮れるのかもしれないが、確かめていない。いずれにせよ、触った感触だと端末重視、と言うのがBerryの特徴で、どっちかと言うと玄人向けのディストリビューションのように感じる。「即起動、あらゆる事柄を端末で行う」のなら、Berryは懸命な選択だと思う。
なお、一番下の写真は「りにゃっくす」なのか(笑)?



Comments