過去の記録

≪26年度≫

守田敏也講演会

全国各地の保養イベントで放射能について、世界の原発事情について講演会をしているフリーライターの守田さん。食についてのお話しや、環境問題、防災の話など、幅広いテーマを子ども向けに分かりやすくお話ししてくださいます。

守田敏也さん

京都市在住兵庫県篠山市原子力災害対策検討委員会委員。同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして活動中。 原子力政策に関して独自の研究・批判活動を続け被災地にも度々訪問。物理学者矢ヶ崎克馬氏との共著岩波ブックレットから『内部被曝』を上梓。ブログ「明日に向けて」を通じて、連日、原発情報を発信中。


≪25年度≫
鎌仲ひとみ監督と田中優さんとのスペシャル講演会!!
鎌仲ひとみ 監督
鎌仲ひとみ プロフィール
映像作家。富山県氷見市出身。
早稲田大学卒業後ドキュメンタリー制作の現場へ。90年初作品「スエチャおじさん」監督、文化庁助成を受けカナダ国立映画制作所へ。93年からNYにてメディア・アクティビスト活動。95年帰国、フリー映像作家としてテレビ番組、映画を監督。2003年ドキュメンタリー映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」、2006年「六ヶ所村ラプソディー」を発表。2010年に最新作「ミツバチの羽音と地球の回転」を完成、目下全国500ヶ所、海外でも上映が進んでいる。
2011年度全国映連賞・監督賞受賞。2012年4月、DVD「内部被ばくを生き抜く」発売開始。



脱原発やリサイクル運動を精力的に行い、環境問題、平和・人権の問題、子どもの未来を見据えた教育問題等、現代社会の問題に関して鋭く斬り込み、実践と提言を続ける。全てのベースは「地球の仲間たちに豊かな未来を残すための活動」と語り、講演では行動に裏付けられた提言が感動と共感を呼ぶ。 

■職歴・経歴
1957年東京生まれ。
地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などのさまざまなNGO活動に関わる。現在、「未来バンク事業組合」 理事長、「日本国際ボランティアセンター」「足温ネット」理事、「ap bank」監事、「中間法人 天然住宅」副代表、「天然住宅バンク」理事などを務め、また、立教大学大学院、和光大学大学院の非常勤講師等も務める。




たそがれライヴ~屋台パーティ


Comments