home‎ > ‎サービス概要‎ > ‎

日中交流イベントのご案内

ご挨拶
        セラ・コミュニケーションズ株式会社では
        2005年、中国の舞劇「覇王別姫」を日本に紹介し愛知万博を始め
        東京、福岡と13公演行い好評の内に終了しました
        2006年には中国広東省の雑疑団が演ずる「アクロバティック白鳥の湖」を
        東京、大阪、福岡で22公演行い、東洋と西洋のエンターテイメントが生んだ
        傑作を楽しんでいただきました。

        2007年は日中国交回復35周年にあたることから、
        日中協同制作した舞劇「楊貴妃」を東京、大阪で4公演開催しました。
        「楊貴妃」はその後中国上海市でも4公演行い評価を得ました。
        このように当社は日本と中国の懸け橋になるべく質の高いイベントを
        コーディネートしています。

        日本からは、2006年1月熊川哲也率いるKバレーカンパニー上海公演や
        同年10月東京フィルハーモニー交響楽団の上海公演、2007年
        東京シティーフィルハーモニーの上海でのゲームコンサート、そして
        2008年上海でのゲーム音楽コンサートを手がけてまいりました。

        その他、東儀秀樹+BAOの日本ツアーや2008年11月上海民族楽団
        日本公演もコーディネートしてまいりました。
        更に2009年10月 中国の天才ピアニスト「牛牛」の日本デビュー
        コンサートやヨーロッパ在住の中国人指揮者 湯沐海(ムーハイ・タン)氏
        のNHK交響楽団への招聘も手がけました。
        2010年、上海万博でのTV、ラジオのレポーター派遣
        更に、歌舞伎の玉三郎さんの(牡丹亭)東京公演のアシスト、
        ワールドオーケストラ上海万博公演のコーディネートもしました。
        2011年は「趙磊・神田 将」のコンサート招聘など実施しました。
        今後もぜひ中国とのイベントの企画がございましたら、
        弊社をご用命いただけますようお願いいたします。