設計者が書いてはいけない言葉

ネットで見かけた「論文で書いてはいけない言葉」

設計においても、報告書やビジネスメールに使えそうなので転載します。



注意点としては、

だいたい → ほぼ、おおよそ

設計では定量的な数値で表現することを求められます。
OK欄にあります「ほぼ、おおよそ」は設計的にはNGです。

~感じる → ~と思われる

あと、「思われる」という表現も個人の直感という印象を与える
場合もありますので、推測される、推察される、という表現が好ましく
思います。

~がいっぱい → ~が多く存在する

こちらも定量的でないのでNG

みんなが~と言っている → 一般に~と言われていいる

事実にもとづいて無いのでNG

みんなが~と思っている → 一般に~と信じられている

事実にもとづいて無いのでNG

教科書には~と書いてある → ~が通説である

事実にもとづき引用元、ネタ元を明確にする。





Comments