https://sites.google.com/site/seijoaikido/

https://sites.google.com/site/seijoaikido/introducehttps://sites.google.com/site/seijoaikido/shinkanhttps://sites.google.com/site/seijoaikido/introduce_protagonistshttps://sites.google.com/site/seijoaikido/membershttps://sites.google.com/site/seijoaikido/schedulehttps://sites.google.com/site/seijoaikido/photoshttps://sites.google.com/site/seijoaikido/results





富木謙治師範 年表


西暦


年号 

日付 

内容 
1900明治33年3月15日士族の町として有名な秋田県仙北郡角館に、富木庄助・たつの長男として誕生。生家は地主。末弟・友治は郷土作家。6歳頃から木刀の素振り始め。角館小学校入学後、10歳になると町の柔道場に入門。以来、70年にも及ぶ武道修行が始まる。
1914大正3年  県立横手中学校入学。柔道部で主将として大いに活躍し、卒業時には学力優等賞と体育賞の二つを受賞。
大正8年11月初段。
1922大正11年 早稲田大学予科に入学。柔道部に所属。
1924大正13年 同大政治経済学部入学。当時黄金時代と言われた柔道部に入部し、華麗な柔道で主力選手として活躍。東京柔道学生連盟の幹事として講道館・嘉納治五郎師範の謦咳に接し、影響を受ける。
1925大正14年 秋、当時早稲田大学柔道部で友人であった西村 ( 旧姓久保田 ) 秀太郎氏の紹介で、丁度上京していた植芝盛平翁のもとを訪ね、合気道 ( 当時は「合気武術」と呼称 ) に出会う。柔道とは異なる植芝翁の神技に魅せられ入門。入門後、植芝翁が在京の折は、弟の堅三郎氏と共に毎日のように道場に通い詰め、そこでその技を受けながら熱心に稽古する。また、夏休みになると京都綾部の植芝道場をたずね、約1ヶ月間の修行に励む。
1927昭和2年 植芝翁の技法に夢中になりながらも、一方で柔道を続け、早大大学院に進学。翌年正月に行われた講道館鏡開きの際に浜野正平氏 ( 明治大学OB、柔道場ニュージャパン館長 ) と共に五段昇段。
1929昭和4年 大学院卒業後、宮城県電気局に就職。宮城県代表の柔道府県選士として全国的規模で開催された御大礼天覧武道大会 ( 翌年から全日本柔道選士権大会始まる ) に出場し、ベスト12まで進む。しかし、その後の試合で負った怪我が原因でドクターストップとなり、この試合を最後に柔道選手として現役を退く。以後、その関心を専ら「合気武術」に向けていく。
1931昭和6年
郷里の県立角館中学校に赴任、3年間教鞭をとる。教え子に元秋田市長高田景次らがいる。その間も合気武術に対する情熱は途絶えることはなく、長期の休みの時には上京して皇武道館場で稽古を行う。一方、秋田での教師生活中に、後の最愛の弟子であり、また合気道研究において最良のパートナーとなる大庭 ( 旧姓戸沢 ) 先生と出会う。
1934昭和9年
合気の技をさらに深く学ぶため、角館中学校を退職して上京。植芝翁の自宅近くに居住。以来稽古に明け暮れる生活を決意するが、同年関東軍に満州における「合気武道」の指導を依頼され、翌年渡満する。
1935昭和10年 満州に着くと、当時関東軍参謀長であった東条英機氏の前で演武し、奨励される。以後、関東軍憲兵教習隊や大同学院、新京警察署などへ「合気武道」の指導を依頼される。
1936昭和11年3月満州国に設立された大同学院に講師として赴任することになり、その出発前に柔道における師である嘉納治五郎師範に挨拶するため、友人の鷹崎正見氏 ( 早稲田大学OB、後に九段 ) と共に講道館館長室を訪ねる。渡満後は大同学院で合気武道の指導を担当すると共に、東條氏の依頼により、関東軍でも指導する。
1938昭和13年
満州建国大学が開学されると、そこで「合気武道」を正課として指導し、「武学」の講義も任される。この時大庭先生が指導助手として呼び寄せられる。
1940昭和15年2月植芝翁が新たに設けた段位制において、当時の最高段位である八段第一号を許される。この昇段を契機として、合気道を古流武術の一種目から近代的武道へと発展させるべく、その方法と研究を開始する。

 5月皇紀2600年を記念して開催された日満武道大会において、満州武道団一行の総務として帰国し、鷹崎氏を通じて、講道館の南郷二郎二代目館長を紹介される。その時、南郷館長の指示で招集された柔道高段者の前で、柔道と合気武道についての講演を行う。
1941昭和16年南郷館長によって発足された「離隔態勢における柔道の技の研究委員会 ( 村上邦夫委員長 ) 」で委員に列せられる。
1942昭和17年 打・突・蹴あるいは武器による攻撃への対処法の研究・開発に関して『柔道に於ける離隔態勢の技の体系的研究』と題する論文を著する。その中で、離隔態勢時における対処法として有効な技法が合気武道に多く含まれていることを指摘しその体系的練習法について「『離隔態勢』を前提とする真剣勝負の技においても、『組方』を前提とする乱取の技の如き整然たる修行体系を確立しなければならぬ」としている。また、この二つの技術的体系において一貫性をもった研究がされれば、柔道は内容的にも形式的にも深化拡大されると述べている。さらに「柔道における『離隔態勢の技』の体系的修行法の具体案は筆者が20年の体験を通して確信する如く天真合気武道の技法に学ぶことによってのみ初めて完成さらるべきである」と結論づけている。後に創始される「合気道競技」の萌芽をここに見ることが出来る。
1945昭和20年
同委員会は昭和18年まで毎年夏に、昭和19年は春に行われており、その度満州から帰国して研究発表を行う。しかしながら、このような研究活動も敗戦によって途絶える。敗戦による満州国崩壊後、シベリアで厳しい抑留生活を強いられ、そこで3年半を過ごす。
1948昭和23年
シベリア抑留から11月に帰国。当時の日本は未だGHQの占領下にあり、その指揮下で進められて民主化政策によって武道は禁止された状況にあったため、すぐさま戦前からの研究を再開することは不可能だったが、柔道や合気道へ抱いていた情熱は冷めることなく、日本武道を再興させるために奮闘する。
1949昭和24年 当時講道館において進められていた全日本柔道連盟や全日本学生柔道連盟などの組織作りに積極的に関わりながら、柔道復活に向けて関係機関へ働きかける。一方で当時茨城県岩間に居た師植芝盛平翁のもとを帰国の挨拶に訪ね、その後しばらくの間、東京で財界人等を相手に合気道の指導を行う。しかし、未だ復興半ばである合気道において、指導の場を多く持ち得なかったため、その熱き思いを母校の早稲田大学柔道部へと向けていく。また、同年より早稲田大学の体育部 ( 体育局 ) で非常勤講師の職を得る。
1951昭和26年 同大柔道部監督に就任。ここで柔道競技で使用される技術の他に、「離隔態勢」からの技術である合気道技法の指導を、練習後に部員を集めて行う。しかし、柔道の現役選手に対して試合に直接必要ない技術を指導することに限界を感じ、合気道の技を専門的に練習する場として、合気道部の創設を希望する。
1952昭和27年4月頃合気道の技に興味を持った柔道部員らによって作られた「合気班」によって、合気道部創部への第一歩が始まる。
1953昭和28年6月積極的な柔道復活への活動が実り、柔道が解禁 ( 昭和26年4月 ) になった後、講道館柔道使節団の一員として、柔道の小谷澄之氏 ( 当時八段 ) ・大森忠夫氏 ( 当時七段 ) 他7名 ( うち3名は空手 ) と共に米国を訪問し、そこで合気道も指導する。
1954昭和29年 早稲田大学教授・同体育局教務主任に就任。『柔道体操』刊行。
1956昭和31年
講道館で新たに制定された「講道館護身術」に関して、その制定委員として内容に深く携わり、柔道の技術的発展のために尽力する。英文『柔道 ( 付合気道 )』を刊行 ( 後に『柔道と合気道』と改題、昭和35年には仏文出版 ) 。これによって西洋に合気道が広く知られるようになった。
1958昭和33年
昭和32年4月に合気道クラブが組織され、同大体育協議会の認可が下り、正式に合気道部が創部される。初代部長に就任して以降、同部を中心として合気道の指導及び研究を行っていくこととなる。『柔道体操』 ( 昭和29年刊行 ) の内容を発展させ、『合気道入門』を刊行。同書の中で、合気道技法を新しい稽古体系によって確立する必要性に言及。しかしながら、この段階においても未だ乱取法の確立には至らず。
1962昭和37年11月25日 初めての合気道の競技試合 ( 紅白試合 ) が早稲田祭において行われる。
1963昭和38年 『新合気道テキスト』刊行。日本体育学会体育氏専門分科会代表。また、友人の西村秀太郎氏と西村敏男氏を介して、内山雅晴昭和土地建物株式会社社長と出会う。富木先生の合気道に対する情熱に感銘を受けた内山氏は、自身の会社社員寮の2階を道場として提供する。そうして始まった道場での稽古は、当初、高弟の大庭先生が指導の中心となり、さらに早稲田大学合気道部の部員が継続して指導にあたった。
1964昭和39年 早稲田大学教育学部教育学科に「体育学専修」開設に伴い、主任教授に就任。文部省高等学校体育科教員資格検定員。
1966昭和41年11月創部以来初となる対外試合が、早稲田大学、国士館大学、成城大学の間で第1回三大学対抗合気道大会として行われる。
1967昭和44年 国士館大学を卒業した三宅順吉氏 ( 現内山姓 ) が昭和土地建物株式会社へ就職を兼ねて4月に派遣される。同年夏、本道場は富木先生によって「昭道館」と名付けられ、最初の専門道場としてその産声をあげる。 
1969昭和44年 五大学対抗 ( 早稲田大学、国士舘大学、成城大学、明治大学、山口大学 ) にまで規模が拡大。 
1969昭和44年10月10日当時関西の合気道界の実力者であった小林裕和師範 ( 合気道八段 ) の招請に応じ来阪。桃山学院大学の昭和町校舎において、関西の六大学の学生に対して「合気乱取法」の講習会を行う。当時、合気道界では、試合につながる稽古が批判の対象になっていたが、実際のところ、富木先生の理論と合気乱取法の実体についてはほとんど知られていなかった。それゆえに小林師範は自らその理論と技を確認した上で、学生を対象にその講習を受けさせる決断を行った。翌45年3月11日、2回目の講習会が、柔道場ニュージャパンで行われる。
1970昭和45年11月15日2回に及ぶ講習会で合気乱取法へ大きな関心を寄せた関西の学生は、その後、小林師範の理かいと内山氏はじめ関係者からの後援を受けながら、関東の学生幹部と全国大会実現に向けた話し合いを重ねた末、競技大会への参加を決意する。 そうして、第1回全日本学生合気道競技大会が東京の大久保スポーツ会館で開催される。
1970昭和45年3月 早稲田大学を定年退職。『体育と武道』を上梓。合気道競技の普及および指導活動に専念するべく、某大学の教授招聘を断り、一方で大阪の道場に新たな指導者として、この年3月に国士館大学を卒業した成山哲郎 ( 現昭道館師範 ) を派遣する。以後、定期的に来阪し、これまでの集大成となる稽古体系を残す。一方、富木先生の指示で派遣された成山は、昭道館を中心とし指導にあたるとともに、小林師範傘下の関西諸大学に合気乱取法を広めるという使命を果たすべく奔走する。しかしながら、成山の6年間にも亘る奮闘にも関わらず、諸大学の合気道部においては思うように乱取法を定着させるには至らなかった。
1976昭和51年3月28日このような状況を見た富木先生は内山氏に本格的な中央道場の建設を依頼。この要請に応じた内山氏は、新たに中央道場として昭道館を改築する。以後富木先生は亡くなるまでの3年間、 以前にも倍して来阪し、成山をはじめ昭道館道場生に対して、最新の研究内容を徹底して指導する。
1979昭和54年  日本武道学会 ( 於大阪大学 ) でこれまでの研究の集大成ともいえる「『当身技』『関節技』の『つくり』の重要性について」を発表。柔道において「形」でのみ練習されている「当身技」「関節技」に関して、「投技」「固技」と同様に「つくり」の稽古が重要であることを明らかにしながら、「現代武道として、この『勝負の場』を設定し『真実の力』を究明する方法は武術の競技化以外に考えられない」と、その必要性について改めて力説。富木先生がこのようなことに言及した背景には、武道の現代化の理想のもとに創設した合気道競技の存在意義をここで明らかにしておきたかったという思いがあったと思われる。

  この大阪で行われた学会の後、休む間もなく京都綾部で行われていた早大合気道部合宿に参加し指導を行う。現昭道館師範である成山も参加したこの合宿での指導は、特に熱のこもったものであったという。しかしながら、これが生前最後の指導となる。
1979昭和54年 12月25日16時10分未だ合気道競技研究への情熱を抱きながらも、結腸癌のため79年の生涯に幕を閉じる。 



~引用元~

『合気道競技』 成山哲郎監修  大森竜一・成山哲也著

『武道論』 富木謙治著