Maxを使い倒す

 Sbooth.org が開発・頒布している、オープンソースのCDリッパー/エンコーダ/コンバータ Max をフル活用する。

 

現在位置:[ ホーム > Mac OS X お気に入りソフトの解説 > Maxを使い倒す ]

このページ以下のコンテンツ

・前口上と概要(このページ)
CDリッパーの設定
・エンコーダの設定

関係のありそうなブログの記事

Max紹介記事
カテゴリ:サウンド
カテゴリ:iTunes

こちらも参考に

 

前口上

1. Maxとは

Max とは、Sbooth.org が開発・頒布している、CDリッパー/エンコーダ/コンバータ。

2. Maxでできること

2-1. CDリッパー

 Maxは、通常のCDリッパー(つまり、iTunesで取り込むのと同じ)だけでなく、 Comparison Ripper と cdparanoia が利用できる。

Comparison Ripper は、文字通り、CDから複数回読み出しを行ってセクタ単位で比較し、同一性が検証されたらそれを正しいデータとして扱うリッパーだ。通常の読み出しに比べて、エラーをエラーのまま読み込む可能性が下がる。

cdparanoia は、さらに別の方法でエラーを訂正するようだが、いまいちその仕掛けは分からない。

 詳しい説明は、 こちら

2-2. エンコーダ

 Maxは、ビルトインライブラリ、 CoreAudiolibsndfile を利用して、CDから取り込んだデータをさまざまな音声フォーマットに変換できる。代表的なものとしては、
 無圧縮形式

  • Rawデータ
  • WAV
  • AIFF
  • AU  など

 可逆(ロスレス)圧縮形式

  • ALAC (Apple Lossless)
  • FLAC
  • Ogg/FLAC
  • Monkey's Audio
  • WavPack  など

 不可逆(ロッシー)圧縮形式

  • MP3 (LAME)
  • AAC
  • Ogg/Vorbis
  • Speex  など

が扱える。有名どころで扱えないのは、TTAくらいのものといって良いだろう。これら、それぞれのエンコーダのセッティングは、非常に詳細に行える。具体的な設定方法については、後述する。

2-3. コンバータ

 上記のエンコーダを利用して、それらの音声ファイルを相互に変換することができる。

2-4. CDDBクライアント

 標準では MusicBrainz のCDDBサーバにアクセスできるようになっている。J-POP系には弱いようだが、クラシックやジャズ、洋楽のCDであれば、けっこうマニアックなものでも登録されているようだ。

2-5. アルバムアート

 Amazon(日・米・独など)からジャケット写真を取得できる。

2-6. iTunes連携機能

 エンコードの終わったファイルを、自動的にiTunes Libraryに登録することができる。