ファーストエイドって何?

すぐに行える応急手当
ケガが起きたり、病気の症状が咄嗟に出た場合に、救急車を呼ぶ程の事なのかそれとも自分の知識内で手当てをすればそれで済む事なのか、そういった判断の強力な武器になってくれるのがファーストエイドの知識でしょう。この知識無しでは判断を正確に下すことも難しいのが現実です。たとえば血が出て止まらない時は?火傷は?凍傷のときは?アレルギー発作は?てんかん発作は?糖尿病の症状は?熱中症には?毒蜘蛛や蛇に噛まれたら?等、あらゆる状況において適切な対処を要求されるのが保護者の定めでもあります。ナイフでの出血は放っておけば、身体はショックを起こす可能性大です。この場合ファーストエイドでは、どうやって止血するのが効果的か。それでも血が止まらない時にはいかに対処するか。また出血が多くてショックを起こしている人にはどうするかを学びます。そういった状況において最も必要なものは、高価な医療アイテムではなく、冷静な状況判断とファーストエイドの知識なのです。