今月の巻頭‎ > ‎

いのちの一句



夢百夜この頃いつも鱝(えい)となる       土肥 幸弘  玄鳥顧問

化けるものなくてそのまま蟇(ひきがえる)     土肥 幸弘                        


脛白し八十八夜の潮だまり             岡部 榮一  玄鳥主宰 

(さえずり柩の夫は耳遠し              小島こつる

母の手の微かな温み月見草          林  芳子                       《もっと見る》=玄鳥2017/6/7


    海に出て木枯帰るところなし           
山口誓子                  
 《もっと見る》=現代俳句データベース

  


 土  肥  幸  弘   顧 問 句 碑 (高知県 香南市)



鯨の中の畳の部屋の灯が点る
 


もっと見る》 いのちの一句 

 

海底を徒(かちゆく跣足(はだし) 震洋(しんよう)                    

                                                                土肥幸弘(玄鳥顧問) 













ほうたる来い  甲状腺の術後痕                                                   

                                             宇 則

     

《写真》平和のまほろば1






 If  a pencil  with me,

          

                      I'll write


    NO NUKES  soon              

                                                                               

一本の鉛筆

           作詞 松山善三      作曲 佐藤勝
                   歌  美空ひばり(聴く)

1.あなたに 聞いてもらいたい

  あなたに 読んでもらいたい

  あなたに 歌ってもらいたい

  あなたに 信じてもらいたい

  一本の鉛筆があれば

  私は あなたへの愛を書く

  一本の鉛筆があれば

  戦争はいやだと 私は書く

2.あなたに 愛をおくりたい

  あなたに 夢をおくりたい

  あなたに 春をおくりたい

  あなたに 世界をおくりたい

  一枚のザラ紙があれば

  私は子どもが欲しいと書く

  一枚のザラ紙があれば

  あなたを返してと 私は書く

  一本の鉛筆があれば

  八月六日の朝と書く

  一本の鉛筆があれば

  人間のいのちと 私は書く


七月の投句

2017/06/22 0:39 に 石田宇則 が投稿   [ 2017/07/05 0:55 に更新しました ]

準備中

蜥蜴の子すばしく隠れ雨後の路地

老若の非核の叫び梅雨選挙

氏神の蝮伝説下駄暮らし

夕風や棚田を繋ぐ合歓の花

父の日や想いの匂う宅急便

水無月や田んぼ綱田に模様画き

蜘蛛の巣の我が世とばかり石垣に

夫を恋う窓に濃淡額の花  

歌の会車に初夏の風つれて   

紫陽花や夫の名前は浄じょういん

片陰に一息入れる風の私語

噴水のまわり走れる呼ばれし子


夕風や棚田を繋ぐ合歓の花

候補者の作りの笑い 豆植える

農薬のラジコン散布夏燕

片陰に一息入れる風の私語   

ふと出逢う敦盛草に手を合わす 

矍鑠と生きし老父よ雲の峰

静かなる雨のひと日や石榴花 

畦に腰据えて一息豆植えす

五月晴れピースピースの応援歌

娘が帰りあとの静けさ青葉木菟

根比べ箸に逆らう心太   

還らざる幼年兵や今年竹
 

1-1 of 1