安全マナー

アーチェリーの矢のスピードは装備や弓の強さにもよりますが、だいたい時速200~230㎞くらいになります。その衝撃力は、厚さ5ミリの鉄板を打ち抜くほどです。アーチェリー は、紳士淑女のスポーツ。スポーツとしてむしろ、安全のためのマナーは守らなければなりません。
  • いかなる場合でも、人に向かつて弓を引かない。
  • 射つ人の前方、 または前側に立たない。
  • ターゲット付近に人がいないか、確認の上、発射する。
  • 他の人が射っている最中に、決してターゲットに近づいてはならない。
  • 空に向かつて射たない。
  • 自分のドローレングスより、短い矢を引いてはならない。
  • 矢がアローレストから落ちたら、 元に戻して引き直す。
  • 矢をつがえずに、空射ちしてはいけない。
  • 他の人が射っている間は静かにする。
  • 身体にビッタリ合った服装をする。
  • ストリングが、 ボタンや衣服等に引っかからないように注意する。
  • プレーの前には、十分に弓具の点検をする。
  • 矢を抜くときには、後ろに人がいないことを確認して行う。
  • 許可なく、他の人の弓に触れたり引いたりしてはいけない。
  • 矢探しをするときは、後続のグループにわかるように、的前に弓を立てておく (フィールドの場合)。