倉見神社之一考察

倉見神社之一考察
池田銟七
平成八年、平成十年
(この本は寒川文書館にあります)

ページ
章・節・項
キーワード
1
緒言
浅間神社熊野権現 神明社 神仏 分離令 明治元年(1868) 神仏習合 別当寺 倉見神社
1
倉見神社の模索別当寺 宮原山観蔵寺
2
解明の資料
観蔵寺 宮原山不動院 古義真言宗 岡田村安楽寺 末寺 本尊 不動明王 中興開山 僧成印 示寂 寛永七年(1630) 浅間神社 風土記稿 神明社 熊野社 明治二年(1869) 八幡社 クマノクスビ 熊野久須毘命
7
山中氏の出自
北条早雲 同志 客分 安西篤子 北川殿日記抄 関西から駿河に同道 山中才四郎 文明六年(1474) 今川氏親 興国寺城主 愛鷹南麓 駿東郡根古屋 北条氏茂百姓憐愍の事 支族 山中彦八郎 倉見村 三十貫 知行 領主
7
社殿の変遷
八幡社 真田喜三郎 明治二十八年(1895)
9
明治期の神社明細書
由緒 小田原北条分国 山中彦八郎三十貫文 倉見村 知行 大願成就報本反 神明社 熊野社 勧請 山中氏 創建 天正十九年(1591) 高木甚太郎 肩代わり 八百石 二百石 佐野肥前前守義行 知行 田端村 七百余石 知行替地 倉見村 二人領主 相給 高木氏 保護 浅間社 田畑其外改正段別取調簿
10
地図面照合
浅間社所有 大原 神明社 上大村
11
総括
 
11
要約
熊野社 神明社 高木氏 供米 創建 神社明細表 山中氏 倉見村 領主 天正年間(1573~1593) 後北条の家臣 山中氏 高木氏 地番225 2860坪 陣屋 地籍と位置 浅間社 大原45 熊野社 大原46 神明社 上大村374 浅間社 山中居館跡 後北条 属将 仙波氏 遠藤村 富士浅間神社
15
考察
倉見村 鎌倉時代前 渋谷荘 高座郡 山中氏一族 倉見村 山中彦八郎 知行 領主 居館 半農半士 浅間神社 高木清方 領主 清秀 海老名地域 拝領 織田信長 熊野社
17
結び
山中氏 氏神 浅間神社 大原 高木氏 浅間社 格下げ 熊野社 創建 大村 神明社
18
追補
 
18
領主高木と倉見
 
19
百石の集落
 
19
イ.場所
真言宗観蔵寺 坂を下って 目久尻川 村境 百石
19
ロ.考察
百石 知行高 戸数 十戸前後 小集落
19
ハ.後北条時代
 
20
ニ.徳川家康の移封
寒川社 恩典 社領 百石 御朱印 天正十九年(1591)
20
ホ.
寄進地 一宮郷 宮原村の一□ この地籍が百石 藤沢市宮原1665
22
倉見之小字「狐塚」
 
23
狐塚考
小規模な郭 縄張り跡 後北条 家臣 山中彦八郎 居館跡 神明社 創建

Comments