坂本研究室‎ > ‎研究活動‎ > ‎

研究室の研究業績

国内学会発表

  • 澤井啓介・坂本亘 (2016). 代替変数によるインフルエンザ流行予測の改良.日本計算機統計学会第30回シンポジウム講演論文集,pp.69-72.
  • 宮下司・坂本亘 (2016). 過分散を考慮した癌罹患データの空間解析.日本計算機統計学会第30回シンポジウム講演論文集,pp.73-76.
  • 兼田麻里奈・坂本亘 (2016). ラザニアプロットを用いた経時データの視覚化.日本計算機統計学会第30回シンポジウム講演論文集,pp.177-178.