斉藤雅樹(公式ホームページ) 海洋と温泉

Welcome to Masaki SAITO's page.

斉藤雅樹のページ
Masaki SAITO

東海大学海洋学部で、海洋環境・地域振興
などの研究をしています。

日本は「海」に囲まれています。でも、私たちは
どれだけ「海」を活用しているでしょうか?
海沿いに住みながら、何年も海岸を歩いてない!
そんな人も多いのではないでしょうか?

ところで、海洋と温泉はどんな関係?
温泉好きから見たら「海は大きな露天風呂」。
高張性の「ナトリウム-塩化物泉」かも^^;
海底の「熱水鉱床」では300℃の湯が湧きます。
ひろーい意味では「海も温泉、しかも足元湧出湯!」。
「海水浴」は「温泉浴」の”親戚”ですね。

環境・海洋分野でのご相談、
温泉のプロデュース、地域資源の活用、
研究開発、講演依頼、コンサル依頼などなど
遠慮なくご連絡を下さいませ。




Topics

鉄輪ツーリズム特別講座を行います(2019.2.11)
”鉄輪をもっと知りたい!勉強会”です。
希少な弱酸性・弱食塩・メタケイ酸多量の湯!

毎日新聞でYu-navi研究が紹介されました(2019.1.22)
温泉に行ったらコメントを書いてくださいませ。

「海洋教育フォーラム」に登壇(2018.12.15)
海のことをもっと知ろう!-海洋エネルギー利用と大規模養殖-
質疑応答、自由討論の司会を担当します。

EOU市民講座で講演(2018.12.6)
毎年恒例の「温泉学一般」です
別府の温泉地の魅力をどう発信するかを考えます。

水浴事故を減らすには?を企業の方々と考えます。
清水産業・情報プラザでお会いしましょう!

「いわて地熱フォーラム」で講演(2018.11.20)
温泉と地熱を熱く語ります(案内チラシ)
講演の後にパネルディスカッションもあります。

「別府八湯の温泉資源保護の現状と取り組み」について
環境省や有識者と議論。コーディネーターを務めます。
2016年から3年連続でお声かけ頂いています。記事も。

長崎鼻映画「旅猫リポート」のロケ地に!(2018.10.26)
東海大で市と「パーフェクトビーチ」研究を行っている海岸です。
ポスターの美しい菜の花畑。じゃらんニュース記事はこちら

温泉を専門家だけに任せておいてはいけない!
市民参加型モニタリングにより市内の源泉を一斉調査。
グループのひとつを担当します。結果はWEBで公開!

FM番組で温泉を語ります(2018.9.12)
「K-mix おひるま協同組合」という静岡ローカルです。
2年連続、この時期の温泉トークです。

日本温泉科学会で研究発表 (2018.9.5-8)
演題「適切な入浴に誘導する生体・浴水測定デバイスの開発」。
ポスター「自発・自律型エビデンスに基づき安全・快適な
入浴に誘導する入浴ナビゲート・システム"Yu-navi"の構想」。

「新・湯治」調査を開始(2018.8.17)
大分県豊後高田市”くにさき六郷温泉”にて
学生と温泉地の効果をアンケート調査。
地元紙にも掲載されました。
真玉温泉山翠荘では10月頃まで継続中!

別府溝部学園短大で非常勤講師として担当してます。
9:00-12:10 の2コマ。公開授業です。
お問合せ:onsen@bm.mizobe.ac.jp

EOU市民講座で講演(2018.8.2)
毎年恒例の「温泉学一般」です
別府の温泉地の魅力をどう発信するかを考えます。

Yu-navi で「入浴体験」大募集!(2018.8.1)
Citizen Science として温泉研究に参加しませんか?
東京都市大学・早坂教授が中心となり解析します。
さあ!あなたも参加しましょう。まずは温泉へGO!
もれなく Yu-navi調査員称号&感謝状もらえます!

日経プラス1に登場(2018.7.28)
”夏こそじっくりつかりたい「ぬる湯」温泉10選”
の選者としてコメントしています。
第1位は祖谷温泉、トップ10に大分県が3湯。

東海大学新聞に登場(2018.7.1)
一面の記事でYu-naviプロジェクト」が
紹介されています。

世界温泉地サミットに登壇(2018.5.26)
分科会②「医療・健康・美容」のパネリストです。
Yu-naviプロジェクトの構想も発表・展示します。
試作品「fuuron」や「船型デバイス」も披露!
パンフレットはこちら(p.7に登場)

富士市民大学ミニカレッジで講演(2018.5.23)
海と温泉の話をします。

日本温泉気候物理医学会で講演(2018.5.19)
シンポジウム②で講演します。
「ヘルスツーリズムを科学的に捉えるには」
温泉エビデンスの新しい捉え方の提案です。

入浴を安全&快適に!(2018.5.16)
ナビゲートシステムとデバイスを開発
JST「Yu-naviプロジェクト」で試作品を披露。
東京都市大、APC、博報堂との共同研究です。
プレス発表資料はこちら
試作品は「世界温泉地サミット」分科会②で公開!

SURUGA d-labo 静岡にて講演(2018.3.24)

大分県公衆衛生学会で講演(2018.2.24)
演題は「おんせん県おおいたの魅力」です
新聞記事はこちら

大分県蒲江(かまえ)の魅力を調査(2018.1.29-31)
学生9名と蒲江の「観光プログラムの開発」に挑戦!
食、海、景色、人など観光資源の宝庫です。
調査の様子が大分合同新聞に掲載されました。
ホームページが新しく立ち上がりました!
東海大海洋学部の学生も多く登場します。

毎日新聞にタンカー事故へのコメント掲載(2018.1.18)
記事どおり九州や沖縄沿岸での健康被害はあまり心配
ないでしょう。一方、コンデンセンートの残留物や
燃料重油などによる環境被害は考えられます。
日本に漂着する予測もあり監視や調査は必要です。
(記事ではこの懸念は割愛されています)

EOU市民講座で講演(2018.1.4)
毎年恒例の「温泉学一般」です
別府の温泉地の魅力をどう発信するかを考えます。

記念講演&分科会②でコーディネーターを務めます。
英国バース前市長、湯~園地プロデューサーと湯を、
東京都市大・早坂教授、九大・前田准教授と
温泉&健康を語ります。

JST「サイエンスアゴラ2017」で講演(2017.11.24)
ワークショップ「温泉と地熱発電を科学する!」にて
トークセッションを担当します。

温泉を専門家だけに任せておいてはいけない!
市民参加型モニタリングにより50の源泉を一斉調査。
11グループのひとつを担当します。結果はWEBで公開!

FM番組で温泉を語ります(2017.11.1)
「K-mix おひるま協同組合」という静岡ローカルです。

JST未来社会創造事業を開始します!(2017.10.31)
東京都市大・早坂教授を代表として水浴事故死の激減を
目指します!11.3倍を勝ち抜き採択に至りました^^
「Yu-naviプロジェクト」と呼ぶことになりました!

「温泉批評」誌にコラム掲載 
(2017.10.16)
2017秋冬号に「日帰り温泉の功罪
」を投稿。
”湯が命”である日帰り温泉の魅力を語ります。

本田技研工業と豊後高田市役所とコラボし、
長崎鼻海岸を清掃しました。
東海大の学生がドローン撮影しています。

静岡市民大学リレー講座で講演(2017.8.26)
市内の大学教員5名による「今、健康を科学する」の
公開講座です。演題は以下です。
「海と温泉の不思議な関係~健康づくりと楽しみ方~」

別府溝部学園短大で非常勤講師として担当してます。
9:00-12:10 の2コマ。公開授業です。
お問合せ:onsen@bm.mizobe.ac.jp

EOU市民講座で講演(2017.8.3)
毎年恒例の「温泉学一般」です
別府の温泉地の魅力をどう発信するかを考えます。

北方領土(国後・択捉)の調査に参加 (2017.7.6-10)
ビザなし交流で両島を訪問し、択捉のオダイバケ温泉などを調査しました。
紹介記事:朝日新聞(斉藤の温泉評価コメント)

豊後高田市報にて温泉コラム連載を開始(2017.6.1)
毎月一回、市内の名湯をご紹介します。全6回。

日本温泉地域学会で研究発表 (2017.5.29)
演題「別府ONSENアカデミアに見る温泉地振興」。
2018年「世界温泉地サミット」への取組みも紹介。

放送大学で非常勤講師として担当してます。

大分合同新聞でミニクイズ連載(2017.5.1-7)
「教えて!ぶんぶん」に豊後高田の湯をクイズで紹介。

毎日新聞「東海イズム」に誌上講座掲載(2017.5.1)
東海大学webマガジンに「海と温泉の不思議な関係」
掲載されました。当研究室のプロジェクト紹介も。

「温泉批評」誌にコラム掲載 
(2017.4.15)
2017春夏号に「温泉の本質は 『単純温泉
』にあり
」を投稿。
”ただのお湯”と思われがちな単純温泉の奥深い世界を。

大分の海水浴場 魅力アップへ 露天風呂のノウハウ活用」
日経産業新聞に紹介されました。

ナチュラルマガジン「水のみち」誌にコラム掲載 
(2017.3.15)
海のように塩辛い「塩化物泉」を解説。

雑誌「日本盛すこやかだより」に登場(2017.1-2月)
健康&美容コトバ辞典コーナーで
「湯の花」を解説しています。

EOU市民講座で講演(2017.1.5)
毎年恒例の「温泉学一般」です
別府の温泉地の魅力をどう発信するかを皆様と考えます。

「長崎鼻パーフェクト・ビーチ・プロジェクト」 開始します!(2016.12.3)
海水浴場に ”露天風呂のノウハウ” を導入すると「安全・清潔・快適」に!
新様式の海水浴場を実現する社会実験を豊後高田市と行います。
紹介記事:大分合同新聞

豊後高田市内の5つの立寄り湯に入れる手形です。
知られざる名湯エリアの魅力とおすすめコースをご案内。

記念講演のコーディネーター & 全体会のコメンテーターです。
アイスランド、ニュージーランド、国内温泉都市の首長さん達と湯を語る!
紹介記事:今日新聞

「温泉批評」誌にコラム掲載 
(2016.10.15)
2016秋冬号に「温泉はなぜ 『にごり湯
』 
になるのか」を投稿。
魅力的な「にごり湯」の化学的成因を解説してます。

「別府地獄極楽新聞」に登場(2016.10.1)
別府の名湯 ”Best 8湯” を4カ国語で紹介してます。

「静岡時代」にインタビュー記事で登場(2016.10.1)
静岡県の大学生がつくる季刊フリーペーパーで温泉を語ってます。

誌面全体の温泉監修を担当しています。
2000年の発刊以来、17冊目!数万部売れ続け、
地域観光ガイドの成功例と評価されている本です。

「いまこそ『温泉』で地域振興を考える」と題し、専門家お二人と対談。
会場:東京ビッグサイト (当日の写真

「おおいた遺産講座2016」で講演(2016.8.31)
しんけん大分学検定」に向けた講座です。
温泉の話がメインです。

別府溝部学園短大で非常勤講師として担当してます。
9:00-12:10 の2コマ。公開授業です。ご来場ください。
お問合せ:onsen@bm.mizobe.ac.jp

EOU市民講座で講演(2016.8.4)
毎年恒例の「温泉学一般」です
会場のリニューアルされた「別府市公会堂」も必見!

共同通信の記事に登場(2016.5.27~6.10)
「全国巡る 温泉博士  講演で地域おこし」他
北國新聞奈良新聞など地方紙で紹介されています。

「温泉批評」誌にコラム掲載 
(2016.4.15)
2016春夏号に「海は”名湯”である」を投稿。
”海と温泉は兄弟” との観点から解説してます。

「九州温泉道 88湯めぐり」 リニューアル! 
(2016.4.1)
九州の名湯をめぐるスタンプラリー。選考委員をしています。
斉藤考案の「別府八湯温泉道」の九州版です。

ナチュラルマガジン「水のみち」誌にコラム掲載 
(2016.3.18)
海と縁のある「含よう素泉」や、臭素の香る湯を解説。

「別府八湯おもてなし事典」2.0.0公開!
 
(2016.3.14)
斉藤監修の4カ国語対応スマホアプリがついに音声発話対応へ。
ホテルスタッフや温泉目的の外国人旅行者に好評です。
お手元の iPhone/iPad/Android にダウンロードしてください。無料。

東海大学「石垣タウンミーティング」で講演(2016.2.28)
「海の観光資源の活用」の提案です。(開催報告

福岡Walker「九州日帰り温泉&スパ銭」誌に登場(2016.1.15)
「美肌の湯」「美人の湯」のしくみを解説しています。

大分合同新聞「別府新聞」面に登場(2016.1.13)
2014年に泉質分類が11→10種になった解説です。

産経新聞静岡版「飛翔2016」に登場(2016.1.7)
これまでの研究などの紹介記事です。

EOU市民講座で講演(2016.1.7)
毎年恒例の「温泉学一般」です(別府社会福祉会館)
4人の先生方と順番に担当してます。

旬刊旅行新聞の記事に登場(2015.12.11)
JR九州などと企画した「九州温泉道 88湯」の紹介です。

家庭画報「ときめき」誌に登場(2015.10.31)
温泉の活用法をいくつか紹介しています。

「お薬セミナー」で講演(2015.10.18)
演題は「地域振興から考える温泉」です。
入場無料!

「温泉批評」誌 記事&インタビュー(2015.10.15)
2015秋冬号に「別府に見る共同湯の本質」を投稿。
あわせて当方のインタビュー記事もあります。
「斉藤雅樹という生き方」 赤面モノの題です...

毎日新聞夕刊「憂楽帳」に登場(2015.10.13)
「海は大きな露天風呂!」

EOU市民講座で講演(2015.10.1)
毎年恒例の「温泉学一般」です(別府社会福祉会館)
4人の先生方と順番に担当してます。

全体の温泉監修と「機能温泉浴」記事を担当。
2000年の発刊以来、16冊目!数万部売れ続け、
地域観光ガイドの成功例と評価されている本です。

「おおいた遺産講座」で講演(2015.8.26)
地域学の草分け「大分学」の検定用の講座です。
別府八湯について話をします。

地熱資源の持続可能な利活用による
地域づくりを考えるワークショップ(2015.8.7)
法政大学の馬場健司教授主催のWSです。
 
「温泉マイスター協会」設立です!(2015.8.7)
記念講演会で「温泉マイスターに期待するもの」と
題して講演します。
なお、検定試験は今年は10月にも実施します。

溝部学園短大で非常勤講師として担当してます。
お問合せ:onsen@bm.mizobe.ac.jp

TBS系「Nスタ」に電話出演(2015.7.22)
「海の駅」増加の背景を解説します。
18:15頃、ちょっぴり登場します。

毎日新聞静岡版「ひと・しずおか」に登場(2015.5.31)
「海と温泉いかす健康施設を」との斉藤の紹介記事。
静岡では初のマスコミ登場です。

日本温泉地域学会で研究発表 (2015.5.18)
斉藤監修のスマホアプリ「別府八湯おもてなし事典」を紹介します。
発表のある5/18午後は一般の方も無料で参加可能です。

コラムと温泉解説を8ページほど書いています。

仕事を変わりました!大分県→東海大学  (2015.4.1)
大分県の皆様、大変お世話になりました!
静岡に引っ越しました。頻繁に大分にも参りますので
引き続き、よろしくお願い申し上げます。
海洋学部海洋文明学科の所属です。( HP eBook )

大分合同新聞に「大分学豆知識」が掲載されました (2015.3.30)
大分県民としては最後の仕事になりました。

温泉コンシェルジュ養成事業 啓発シンポジウム(2014.12.9)
ちょっぴり登壇します。

豊後高田「夷谷温泉」リニューアルオープン!(2014.12.6
プロデュース面でお手伝いした温泉施設のリニューアルです
紹介記事はこちら
開会式で温泉の説明をします。

(2014.12.4 THU 13:00-15:00)
久しぶりに皆さまにお会いできる市民講座です。
会場は、別府市中央公民館から
別府市社会福祉会館」に変更されています。

日本経済新聞「街かど人物館」に登場!(2014.11.24)

全国衛生化学技術協議会での講(2014.11.20)
特別講演「”おんせん県おおいた”の湯の特徴と楽しみ方」
294名のご参加、ありがとうございました!

竹製温泉冷却装置「湯雨竹」を、開発者の斉藤がクイズ形式で紹介してます
放送日:11月14日深夜1:14-1:40 NHK総合

「温泉部」のページの取材に協力してます
小さく写真も出ています。

豊後高田「花いろ温泉」オープン!(2014.10.18
プロデュース面でお手伝いした温泉施設のリニューアルです
開会式で温泉の説明と、テープカット(人生初)をしてきました。
温泉のサイトはこちら
紹介記事はこちら

「温泉批評」誌にコラム掲載(2014.10.15)
「源泉かけ流し”支持派”の論考」
6ページほど書いています。

温泉監修と、原稿をいくつか書いています。

余暇ツーリズム学会(2014.9.13)での講演
「温泉から見た癒しと活力」
多くのご参加、ありがとうございました!

無事終了しました。(2014.8.4-7)
2015から本格募集、今回は授業公開です。
お問合せ:onsen@bm.mizobe.ac.jp

大分日経懇話会(2014.7.7)
パネルディスカッションに登場しました。
大分県 VS 群馬県 本当の「温泉県」はどっちだ
多くのご参加、ありがとうございました!

「被災地の油、堆肥で分解」(2014.4.25)
朝日新聞(大分版)で研究成果が紹介されました。
震災は「海への油流出事故」でもあるのです。
環境修復の取り組みが必要です。

新時代おおいた(2014.1-2)
に掲載されました。
(広瀬知事、桑野和泉氏との新春対談 「温泉」)

に研究成果が紹介されました。
「バーク堆肥を利用した漂着油バイオ処理」

JST NEWS に登場(2011)
「前例がないという壁」
研究プロジェクトが紹介されました。2011.6月号
P.3 に全身写真が出てます^^;

今の仕事

教授 (2015.4 - now)
(学科の)主任(2017.4 - now)

工学博士

NPO 別府温泉地球博物館 理事(2011 - now)
総合地球環境学研究所 共同研究員(2014.6 - now)
別府溝部学園短期大学 非常勤講師(2017.4 - now)

Profile



主な業績(海洋分野)

油流出事故回収物の微生物分解処理の普及
プロジェクトリーダー(2008.4 - 2011.3)

プロジェクトリーダー(1998 - 2007)


主な業績(温泉分野)

著者(文・写真)(2012.10)

著者(文・写真)(2003.10)

温泉監修(毎年刊行、2000 - 2015)

一部執筆「湯の香り」(2012.12)

日経新聞ウェブサイト 日経エコロミー
「別府Gメンの湯コロミー温泉学」コラム執筆
(2006.12 - 2008.3 全26回)

考案・実用新案登録(2005)
全国で30台ほど稼働中
開発秘話「湯雨竹施工日記」ご一読を!

発案・特許出願(2005)
温泉評価を行う「別府八湯温泉Gメン」
を設立(2005)

異種泉質の2湯めぐり
「機能温泉浴」提唱(2002)
↑ 大容量注意(149MB)

別府の88湯スタンプラリー「別府八湯温泉道」
発案・初代実行委員長(2001
発案・特許出願(2001)