Contact

〒619-0289 京都府相楽郡精華町光台3-5

国立研究開発法人 情報通信研究機構 ユニバーサルコミュニケーション研究所 データ駆動知能システム研究センター

ryu.iida +at+ nict.go.jp

Publications (第一著者)

論文誌

    • 飯田龍, 小町守, 井之上直也, 乾健太郎, 松本裕治. 述語項構造と照応関係のアノテーション: NAISTテキストコーパス構築の経験から. 自然言語処理, Vol.17, No.2, pp.25-50, April 2010. [pdf]

    • Ryu Iida, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto. Zero-anaphora resolution by learning rich syntactic pattern features. ACM Transactions on Asian Language Information Processing (TALIP). Vol 6, Issue 4, Article 12, 2007. [pdf]

    • Ryu Iida, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto. Anaphora resolution by antecedent identification followed by anaphoricity determination. ACM Transactions on Asian Language Information Processing (TALIP). Vol 4, Issue 4, pp.417-434, 2005. [pdf]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治, 関根聡. 最尤先行詞候補を用いた日本語名詞句同一指示解析. 情報処理学会論文誌, Vol 46, No. 3, pp.831-844, 2005. (draft) [pdf]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. 文脈的手がかりを考慮した機械学習による日本語ゼロ代名詞の先行詞同定. 情報処理学会論文誌, Vol 45, No. 3, pp.906-918, 2004. (draft) [pdf]

国際会議・国際ワークショップ

    • Kazuma Kadowaki, Ryu Iida, Kentaro Torisawa, Jong-Hoon Oh and Julien Kloetzer. Event Causality Recognition Exploiting Multiple Annotators’ Judgments and Background Knowledge. In the Proceedings of the 2019 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing and 9th International Joint Conference on Natural Language Processing (EMNLP-IJCNLP 2019), pp.5820-5826, 2019.

    • Jong-Hoon Oh, Kazuma Kadowaki, Julien Kloetzer, Ryu Iida and Kentaro Torisawa. Open Domain Why-Question Answering with Adversarial Learning to Encode Answer Texts. In the Proceedings of the 57th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2019), pp.4227-4237, 2019.

    • Ryu Iida, Canasai Kruengkrai, Ryo Ishida, Kentaro Torisawa, Jong-Hoon Oh and Julien Kloetzer. Exploiting Background Knowledge in Compact Answer Generation for Why-questions. In the Proceedings of the 33rd AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI 2019), 2019. [pdf]

    • Ryu Iida, Kentaro Torisawa, Jong-Hoon Oh, Canasai Kruengkrai, Julien Kloetzer. Intra-Sentential Subject Zero Anaphora Resolution using Multi-Column Convolutional Neural Network. In Proceedings of the 2016 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, pp.1244-1254, 2016. [pdf]

    • Ryu Iida, Kentaro Torisawa, Chikara Hashimoto, Jong-Hoon Oh, Julien Kloetzer. Intra-sentential Zero Anaphora Resolution using Subject Sharing Recognition. In Proceedings of the 2015 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, pp.2179-2189, 2015. [pdf]

    • Ryu Iida, Takenobu Tokunaga. Building a Corpus of Manually Revised Texts from Discourse Perspective. In Proceedings of the 9th International Conference on Language Resources and Evaluation, pp.936-941, 2014. [pdf], [pdf (poster)]

    • Ryu Iida, Takenobu Tokunaga. Automatic Voice Selection in Japanese based on Various Linguistic Information. Proceedings of the 14th European Workshop on Natural Language Generation (ENLG 2013). pp.147-151. 2013. [pdf], [pdf (poster)]

    • Ryu Iida, Koh Mitsuda, Takenobu Tokunaga. Investigation of annotator's behaviour using eye-tracking data. Proceedings of the 7th Linguistic Annotation Workshop and Interoperability with Discourse (LAW7&ID). pp.214--222. 2013. [pdf], [pptx]

    • Ryu Iida, Takenobu Tokunaga. A Metric for Evaluating Discourse Coherence based on Coreference Resolution. Proceedings of COLING 2012. pp.483-494. 2012. [pdf], [pdf (poster)]

    • Ryu Iida, Masaaki Yasuhara, Takenobu Tokunaga. Multi-modal Reference Resolution in Situated Dialogue by Integrating Linguistic and Extra-Linguistic Clues. The 5th International Joint Conference on Natural Language Processing. pp.84-92. 2011. [pdf],[pptx]

    • Ryu Iida, Massimo Poesio. A Cross-Lingual ILP Solution to Zero Anaphora Resolution. The 49th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies (ACL-HLT 2011), pp.804-813. 2011. [pdf],[pptx]

    • Ryu Iida, Shumpei Kobayashi, Takenobu Tokunaga. Incorporating Extra-linguistic Information into Reference Resolution in Collaborative Task Dialogue. The 48th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2010), pp.1259-1267. 2010. [pdf],[pptx]

    • Ryu Iida, Kentaro Inui, Yuji Matsumoto. Capturing Salience with a Trainable Cache Model for Zero-anaphora Resolution. The Joint Conference of the 47th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics and the 4th International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP 2009), pp.647-655. 2009. [pdf],[pptx]

    • Ryu Iida, Diana McCarthy and Rob Koeling. Gloss-Based Semantic Similarity Metrics for Predominant Sense Acquisition. 3rd International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP), pp.561-568. 2008. [pdf],[ppt]

    • Ryu Iida, Mamoru Komachi, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto. Annotating a Japanese Text Corpus with Predicate-Argument and Coreference Relations. ACL Workshop `Linguistic Annotation Workshop', pp.132-139. 2007. [pdf],[pdf (poster)]

    • Ryu Iida, Kentaro Inui, Yuji Matsumoto. Exploiting Syntactic Patterns as Clues in Zero-Anaphora Resolution. 21st International Conference on Computational Linguistics and 44th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (COLING/ACL), pp.625-632. 2006. [pdf],[ppt]

    • Ryu Iida, Kentaro Inui, Yuji Matsumoto. The Issue of Combining Anaphoricity Determination and Antecedent Identification in Anaphora Resolution. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE), pp.244-249, 2005. [pdf],[ppt]

    • Ryu Iida, Kentaro Inui, Hiroya Takamura and Yuji Matsumoto. Incorporating Contextual Cues in Trainable Models for Coreference Resolution. EACL Workshop `The Computational Treatment of Anaphora', pp.23-30. 2003. [pdf],[ppt]

研究会・全国大会など

    • 飯田龍, 柴田知秀, 井之上直也. 日本語書き言葉を対象にした省略・共参照解析の誤り分析. 言語処理学会第21回年次大会ワークショップ「自然言語処理におけるエラー分析」. 2015. [pdf],[pptx]

    • 飯田龍, 橋本力, 鳥澤健太郎, 黒橋禎夫, 乾健太郎, 宮尾祐介, 柴田知秀, 笹野遼平. 日本語書き言葉を対象とした人間の自然な省略検出の分析. 言語処理学会第21回年次大会, pp. 565-568. 2015. [pdf],[pdf(poster)]

    • 飯田龍. アノテーションされた結果の人手分析 -ポストアノテーションと事例クラスタリング-. 言語処理学会第20回年次大会ワークショップ「自然言語処理の発展に向けた情報共有・討論」. 2014. [pdf], [pptx]

    • 飯田龍, 徳永健伸. 小論文推敲のための談話単位の並び換え. 言語処理学会第20回年次大会, pp.89-92. 2014. [pdf], [pdf (poster)]

    • 飯田龍, 徳永健伸. 文内に出現する談話関係を認定するための接続表現の調査. 言語処理学会第20回年次大会, pp.173-176. 2014. [pdf], [pdf (poster)]

    • 飯田龍, 光田航, 徳永健伸. アノテーション時の作業者の振舞いの収集とその分析. 情報処理学会自然言語処理研究会予稿集, NL-213-1. 2013. [pdf], [pptx]

    • 飯田龍, 徳永健伸. 談話的な手がかりを利用した日本語の節の受動化. 言語処理学会第19回年次大会, pp.662-665. 2013. [pdf], [pdf (poster)]

    • 飯田龍, 徳永健伸. 談話レベルの推敲支援のための人手修正基準. 言語処理学会第19回年次大会, pp.830-833. 2013. [pdf], [pdf (poster)]

    • 飯田龍, 徳永健伸. アノテーション作業者の内省を顕在化するためのデータ収集. テキストアノテーションワークショップ・コンテスト. 2012. [pdf],[pptx]

    • 飯田龍, 笹野遼平. 日本語ゼロ照応関係に対する特徴分類とそのアノテーション. テキストアノテーションワークショップ・コンテスト. 2012. [pdf],[pptx]

    • 飯田龍, 徳永健伸. 日本語書き言葉を対象とした参照表現の自動省略 -人間と機械処理の省略傾向の比較-. 情報処理学会自然言語処理研究会予稿集, NL-206-15. 2012. [pdf],[pptx]

    • 飯田龍, 徳永健伸. 照応・共参照解析に基づく文章の首尾一貫性の指標. 言語処理学会第18回年次大会, pp.22-25. 2012.[pdf(revised)],[pptx(revised)]

    • 飯田龍, 徳永健伸. 照応・共参照解析を利用した文章の首尾一貫性の評価. 情報処理学会自然言語処理研究会予稿集, NL-204-11. 2011. [pdf(revised)],[pptx(revised)]

    • 飯田龍, 徳永健伸. 述語対の項共有情報を利用した文間ゼロ照応解析. 言語処理学会第16回年次大会, pp.804-807. 2010. [pdf],[pptx]

    • 飯田龍, 徳永健伸. 談話の顕現性を考慮した重要語抽出とその応用. 情報処理学会自然言語処理研究会予稿集, NL-193-9. 2009. [pdf],[pptx]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. 根拠情報抽出の課題設計と予備実験. 言語処理学会第15回年次大会, pp.817-820. 2009. [pdf],[pdf (poster)]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. 結束性と首尾一貫性から見たゼロ照応解析. 情報処理学会自然言語処理研究会予稿集, NL-187-7. pp.45-52. 2008. [pdf],[ppt]

    • 飯田龍, 小町守, 乾健太郎, 松本裕治. 名詞化された事態表現への意味的注釈付け. 言語処理学会第14回年次大会, pp.277-280. 2008. [pdf],[pdf (poster)]

    • 飯田龍, 小町守, 乾健太郎, 松本裕治. 日本語書き言葉を対象とした述語項構造と共参照関係のアノテーション: NAISTテキストコーパス開発の経験から. 言語処理学会第13回年次大会, pp.282-285. 2007. [pdf],[pdf (poster)]

    • 飯田龍, 小町守, 乾健太郎, 松本裕治. NAISTテキストコーパス: 述語項構造と共参照関係のアノテーション. 情報処理学会自然言語処理研究会予稿集, NL-177-10. pp.71-78. 2007. [pdf],[ppt]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. ゼロ照応解析のための統語的パタンの学習. 第5回情報科学技術フォーラム. FIT. pp.81-84. 2006. [pdf],[ppt]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. 文の構造を利用した文内ゼロ照応解析. 言語処理学会第12回年次大会, pp.488-491. 2006. [pdf],[ppt]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. 照応性判定を含む名詞句照応解析の実験と分析. NL169-15, pp.93-100, 2005. [pdf],[ppt]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. 先行文脈と局所文脈を併用した照応性判定モデルの学習. 言語処理学会第11回年次大会, pp.1048-1051. 2005. [ps.gz file],[pdf],[ppt]

    • 飯田龍, 小林のぞみ, 乾健太郎, 松本裕治, 立石健二, 福島俊一. 意見抽出を目的とした機械学習による属性-評価値対同定. 情報処理学会自然言語処理研究会予稿集, NL-165-4, pp.21-28. 2005. [pdf],[ppt]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治, 関根聡. 機械学習による日本語名詞句照応解析の一手法. 言語処理学会第10回年次大会, pp.761-764. 2004. [pdf],[ppt]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 高村大也, 松本裕治. 文脈的手がかりを考慮した機械学習によるゼロ照応解析. 言語処理学会第9回年次大会, pp.585-588, 2003. [pdf]

    • 飯田龍, 乾健太郎, 高村大也, 松本裕治. 機械学習によるゼロ代名詞同定の一方法. 情報処理学会自然言語処理研究会予稿集, NL-154-23, pp.161-168, 2003. [pdf]

    • Iida, R., and Miyamoto, E. T. (2002). Corpus counts of NP sequences in Japanese. Technical report no. 2002015, November 2002. Nara Institute of Science and Technology (Ikoma, Japan). [pdf]

    • 飯田龍, 徳永泰浩, 乾健太郎, 衛藤純司. 言い換えエンジンKURAを用いた節内構造および機能語相当表現レベルの言い換え. 第63回情報処理学会全国大会, 講演論文集(2) pp.5-6. 3H-03, 2001.[pdf]

学位論文

    • Ryu Iida. Combining Linguistic Knowledge and Machine Learning for Anaphora Resolution, 博士論文, 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科. 2007.

    • 飯田龍. 照応解析のための文脈的手がかりを考慮した機械学習モデル. 修士論文, 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科. 2004.

    • 飯田龍. 語彙・構文的変換のための規則記述言語の設計と実装. 卒業論文, 九州工業大学情報工学部. 2002.

書籍

    • 飯田龍. 8-22 照応・共参照解析. 人工知能学大辞典. 人工知能学会(編集), 共立出版, 2017.

    • 飯田龍. 8-23 談話構造解析. 人工知能学大辞典. 人工知能学会(編集), 共立出版, 2017.

    • 飯田龍, 徳永健伸. 第7章 照応解析・文章構造解析. 講座 日本語コーパス 8 コーパスと自然言語処理. 前川喜久雄(監修), pp.114-133, 朝倉書店, 2017.

    • Ryu Iida, Mamoru Komachi, Naoya Inoue, Kentaro Inui, Yuji Matsumoto. NAIST Text Corpus: Annotating Predicate- Argument and Coreference Relations in Japanese. Handbook of Linguistic Annotation. Nancy Ide, James Pustejovsky (ed.), pp.1177-1196, Springer, 2017.

    • 笹野遼平, 飯田龍. 文脈解析 -述語項構造・照応・談話構造の解析- (自然言語処理シリーズ10), コロナ社. 2017.

    • 石崎雅人, 飯田龍. 第7章 談話と計算. シリーズ朝倉 言語の可能性 6 言語と情報科学. 中島平三 (監修), 松本裕治 (編集), pp.148-170, 朝倉書店, 2011.

解説・総説

    • 飯田龍. 意味・談話処理課題の規格化とその諸問題. 人工知能学会誌第27巻第3号 特集「ポスト経験主義の言語処理」. pp.318-325. 2012. [pdf].

講演

    • 飯田龍. テキストアノテーション:現状と今後の方向性. 言語処理学会第19回年次大会チュートリアル. 2013.

    • 飯田龍. テキストアノテーションにおける作業者の行為や視線情報の分析・活用. 第38回VNV研究会. 2013. [pdf]

Grants

研究代表者

    • 科研費若手研究(A),23680014,2011-2013,談話解析技術に基づいた文章推敲支援.

    • 科研費若手研究(B),20700138,2008-2009,照応解析技術を用いた意見の帰結・根拠情報の構造化.

分担者

    • 科研費挑戦的萌芽研究, 分担者, 25540060, 「寝かせ」が文章推敲に及ぼす効果の眼球運動 による測定.

Awards

    • 言語処理学会論文誌「自然言語処理」最優秀論文賞. 2014. 松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎. 日本語文章に対する述語項構造アノテーション仕様の考察.

    • 言語処理学会 20周年記念論文賞. 2014. 飯田龍, 小町守, 井之上直也, 乾健太郎, 松本裕治. 述語項構造と照応関係のアノテーション: NAISTテキストコーパス構築の経験から.

    • 言語処理学会 第19回年次大会 優秀賞. 2013. 飯田龍, 徳永健伸. 談話レベルの推敲支援のための人手修正基準.

    • 言語処理学会 第19回年次大会 若手奨励賞. 2013. 光田航, 飯田龍, 徳永健伸. テキストアノテーションにおける視線と操作履歴の収集と分析.

    • 第211回自然言語処理研究会 学生奨励賞. 2013. 宮原聡, 飯田龍, 徳永健伸, 日本語書き言葉を対象とした談話単位分割基準の提案と自動分割の評価. 情報処理学会自然言語処理研究会, SIGNL-211-02.

    • テキストアノテーションワークショップ・コンテスト優勝. 2012. 飯田龍, 徳永健伸. アノテーション作業者の内省を顕在化するためのデータ収集.

    • 平成19年度山下記念研究賞. 2007. 飯田龍, 小町守, 乾健太郎, 松本裕治. NAISTテキストコーパス: 述語項構造と共参照関係のアノテーション.

    • 言語処理学会 第13回年次大会 優秀発表賞. 2007. 飯田龍, 小町守, 乾健太郎, 松本裕治. 日本語書き言葉を対象とした述語項構造と共参照関係のアノテーション:NAISTテキストコーパス開発の経験から.

    • 平成19年度NAIST最優秀学生賞. 2007.

    • COLING/ACL 2006 Asian Federation of Natural Language Processing Best Asian NLP Paper Award. 2006. Ryu Iida, Kentaro Inui, Yuji Matsumoto. Exploiting Syntactic Patterns as Clues in Zero-Anaphora Resolution.

    • 情報処理学会他共催 マルチメディア・分散・協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2006)野口賞.2006. 新井イスマイル, 飯田龍, 小林のぞみ, 乾健太郎, 藤川和利, 砂原秀樹. グルメ情報を含むWeb文書からのユーザ指向型評判情報抽出システムの開発.

    • 言語処理学会 第10回年次大会 優秀発表賞. 2004. 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治, 関根聡. 機械学習による日本語名詞句照応解析の一手法.