第85回 仙台試験プロジェクト 2019

JR東日本、河北新報、日本経済新聞、宮城県庁へ広報活動を展開

母校小樽商科大の「2019仙台試験場プロジェクト」が始動します。

今年は仙台市民向けに、無料公開講座「ソーシャルサイエンスカフェ IN 仙台」を8月から3回シリーズで仙台駅前アエルで開催。小樽商大の知名度アップに取り組みます。

これに先立ち、仙台七夕祭り前夜祭の8月5日(月)、江頭副学長と仙台緑丘会が、真夏日の仙台市内で広報活動を展開しました。

当日は、JR東日本関係会社(仙台ターミナルビル)、河北新報本社報道部、日本経済新聞仙台支局、そして宮城県庁・遠藤信哉副知事を訪問。わが小樽商大を宮城県民にアピールしてまいりました。また、記者クラブ投げ込み、仙台駅前のアエル会場下見も行いました。

夕方は、江頭副学長を囲んでの情報交換会。今後の仙台試験場運営について、引き続き、仙台緑丘会が全面協力していくことを確認いたしました。

忙しいスケジュールでしたが、真夏日の太陽のもと、母校支援に心地よい汗をかいた一日でした。