material

講義やゼミ等で使用した資料です。


 卒業論文の書き方 ダウンロード



東京大学教育学部総合教育科学科教育心理学コースの卒論指導・特殊実験のレポート指導に使用した資料です。 卒論で書いて欲しい内容を問いにしてありますので,論文を書くときにインタビュィーになったつもりで読んで考えてください。


 SPSSを用いた一般線形モデルの分析 全編をダウンロード



  1. SPSSの基本的な使用方法
      1-1.データの入力/1-2.データの読み込み/1-3.変数の下ごしらえ/1-4.変数名の入力/
      1-5.値ラベルの入力/1-6.データの変換/1-7.信頼性分析/1-8.尺度値の計算/
      1-9.SPSSでの分析
  2. 基礎的分析
      2-1.記述統計/2-2相関係数
  3. 分散分析とその周辺
      3-1.一般線形モデル:分散分析と回帰分析の一般形
      3-2.分散分析を始める前に
      3-3.連続量からカテゴリを生成することは妥当か?
      3-4.一元配置の分散分析(対応のない場合)
      3-5.多重比較(事後比較)
      3-6.事前比較
      3-7.二元配置の分散分析(対応のない場合)
      3-8.一元配置の分散分析(対応ありの場合):被験者内要因の場合,マッチングした場合
      3-9.二元配置の分散分析・混合計画
      3-10.対応のある要因が絡む交互作用の分解
      3-11.二元配置の分散分析(2要因とも対応あり)
  4. 連続量の導入 
      4-1.共分散分析
      4-2.連続量を含む交互作用の分解
        -ジョンソン・ネイマン法(Johnson-Neyman Procedure)
        -simple slope analysis
      4-3変数のコーディング:dummy codingとeffect coding
      4-4.媒介分析


Comments