シーフ

        



シーフは、人に職業を伝えにくいです。
それは、誰もが物を盗んだ者を、その場で盗賊と呼ぶからです。

最初のシーフもやはりそのようにして生まれました。
盗賊が多くなるとすぐ、彼らから親分ができました。そんな親分たちがギルドを作り、ギルド内で優秀な盗賊を正式なシーフの職業として承認しながら、
シーフという職業化が成り立ったのです。

つまり、シーフが人を殺したり、貧しく弱い人達から物を奪い取る行為は容認されません。
ギルドの規律を破ったものは、一般では考えられない方法で審判を受けることになります。

シーフは、一般人にとって距離を置いた存在になっていますが、戦場に出ればその素早い身のこなしや手先の器用さは、大きな助けになります。

ただし、このような職業が一般生活に戻ると、1秒で飽きてしまうのが問題です。