RMeCab‎ > ‎

install

Windows (32/64) 用バイナリ
  
最初にMeCab-0.996.exe を
http://code.google.com/p/mecab/downloads/list からダウンロードして、ダブルクリックでインストールしておきます.
 

**  Windows (32/64) 用バイナリ

RMeCabをインストールします。Rを起動して,以下のように入力してEnterキーを押してインストールして下さい.

  install.packages("RMeCab", repos = "https://rmecab.jp/R")

何らかの理由でダウンロードエラーとなる場合、以下のようにして RMeCab_1.04.zipをダウンロードしてください.
  メニューの「パッケージ」「ローカルなzipファイル」を選んでダウンロードしたRMeCabを選択.

お使いのWindowsマシンによっては 64bit 版 R では動作しないことがあります。この場合は、32bit 版 Rでお試しください。
また、MeCab本体がデフォルトとは違うフォルダにインストールされている場合、インストール先(デフォルトだとC:\Program Files (x86)\MeCab\etc)
にあるmecabrcをコピーし、自分のホームフォルダ(C:\Users\mynameあるいはC:\Users\myname\documents)に、頭にドットを付けた .mecabrc ファイルとして用意する必要があります。
その際、dicdir = を編集します。ちなみにデフォルトだとdicdir = C:\Program Files (x86)\MeCab\dic\ipadicとなっています。

* Mac 

以下の手順でMeCabをインストールしてください。 


(1) MeCabのインストール
   
以下の(A )ソースからインストール か(B) Hombrewでインストール のどちらか一方を実行してください。いずれの場合も(C)で確認をします。
  
   (A)  ソースからインストールする
         (A-1)
     はじめにコマンドラインツールをインストールします。「アプリケーション」の「ユーティリティー」フォルダにあるターミナルを起動します。以下のように入力してEnterを押します。
xcode-select --install


Xcodeを入手する必要はありません。コマンドラインツールだけをインストールします。ライセンスに同意すると、インストールが開始します。

以上で、MeCabをインストールする用意が整いました。

   注意: El CapitanではMeCabのインストール先として想定されている /usr フォルダへの書き込みが制限されてしまいました。MeCabをインストールするには以下の方法で対処する必要があります。
    ターミナルを起動して /usr/local ディレクトリが存在することを確認する
 
    ls -la /usr/local

    万が一、存在していない(エラーが出る場合は、「"el capitan" "/usr/local" が存在しない場合」をグーグルで検索してみてください)。存在していれば、以下のコマンドを実行して書き込み権限を与える(エンターを押すと管理者としてのパスワード入力が求められます。
sudo chown $(whoami):admin /usr/local && sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local

(A-2)
http://taku910.github.io/mecab/ から mecab-0.996.tar.gz  をダウンロードしてインストールする手順

Finderのユーティリティフォルダにあるターミナルという黒いアイコンのソフトを起動します。
以下、このターミナル内に $ の右側の文字列をコピーして貼り付けEnterを押します。なお$マークそのものは入力しません

本体をダウンロードしてインストールします(以下の手順の二番目で自動的にダウンロードされますが、数秒かかります)。途中でログインパスワードの入力を求められます。

 $ cd  ~/Downloads
 $ tar xf mecab-0.996.tar.gz
 $ cd mecab-0.996
 $ ./configure --with-charset=utf8
 $ make
 $ sudo make install

(A-3)
 辞書 mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz もインストールします (以下の手順の二番目で自動的にダウンロードされます、数秒かかります
 $  cd ~/Downloads 
 curl -fsSL "https://drive.google.com/uc?export=download&id=0B4y35FiV1wh7MWVlSDBCSXZMTXM" -o mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz
 $ tar zvxf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz
 $ tar xf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz
 $ cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801
 $ ./configure --with-charset=utf-8
 $ make
 $ sudo make install


(B) Homebrewでインストールする
以下を実行してください。
$ brew install mecab
$ brew install mecab-ipadic
Homebrew でまれに動作しない場合があります。その場合は Homebrew を利用する場合はこちらを参照してください。MacPortsからインストールしたMeCabではエラーになりま
   

(C) インストールの確認

  # 試してみる :ターミナルでmecabと入力してEnterキーを押す
  $ mecab 
すもももももももものうち 
すもも    名詞,一般,*,*,*,*,すもも,スモモ,スモモ
も    助詞,係助詞,*,*,*,*,も,モ,モ
もも    名詞,一般,*,*,*,*,もも,モモ,モモ
も    助詞,係助詞,*,*,*,*,も,モ,モ
もも    名詞,一般,*,*,*,*,もも,モモ,モモ
の    助詞,連体化,*,*,*,*,の,ノ,ノ
うち    名詞,非自立,副詞可能,*,*,*,うち,ウチ,ウチ
EOS
CtrlキーとC キーの同時押しで終了
                #         万が一 mecabが無いと言われた場合はPATHを通す
                #  cd
                # echo export PATH='/usr/local/bin:$PATH' >> ~/.profile

   以上です。


(2) RMeCabのインストール 

Rを起動して,以下のように入力してEnterキーを押してインストールして下さい.

  install.packages("RMeCab", repos = "https://rmecab.jp/R", type = "source")

あるいは以下のようにしてもインストールできます。

install.packages("devtools")
devtools::install_github("IshidaMotohiro/RMeCab")


 以上です。




Linux (Ubuntu 10.04以降)

(1) Rは(1-1) (1-2) のいずれかの方法でインストールします。
以下、このターミナル内に $ の右側の文字列をコピーして貼り付けEnterを押します。なお$マークそのものは入力しません

   (1-1)  

$  sudo echo "deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu ???/ " >> /etc/apt/sources.list  #???をUbuntuのバージョンに合わせて修正
$ sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 51716619E084DAB9
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install r-base
$ sudo apt-get install r-base-dev

    (1-2) あるいは最新版のR をソースからコンパイルします.Ubuntuならば以下の手順で開発環境を用意します.

$ sudo apt-get install build-essential gfortran xorg-dev
$ sudo apt-get install libreadline-dev libcairo-dev
# Rをダウンロードしたフォルダに移動します
$ tar zxf R-3.*.*.tar.gz
$ cd R-3.*.*
$ ./configure --enable-R-shlib
# LaTeXの環境場入っていない場合,
# 以下の警告が表示されます.これは文字通り,マニュアルPDFを作成できなかったということですが.
# R の機能そのものに影響はありません.
configure: WARNING: you cannot build info or HTML versions of the R manuals
configure: WARNING: you cannot build PDF versions of the R manuals
configure: WARNING: you cannot build PDF versions of vignettes and help pages

$ make
$ sudo make install
$ sudo ldconfig 


(2) mecabを以下のようにインストールします。

    
ソースからコンパイル・インストールします以下、このターミナル内に $ の右側の文字列をコピーして貼り付けEnterを押します。なお$マークそのものは入力しません途中でログインパスワードの入力を求められます。
 
http://taku910.github.io/mecab/ mecab-0.996.tar.gzをインストールします
(以下の手順の二番目で自動的にダウンロードされますが
、数秒かかります
 $ cd Downloads 
$ tar xf mecab-0.996.tar.gz
 $ cd mecab-0.996
 $ ./configure --with-charset=utf8 
 $ make
 $ sudo make install
 $ sudo ldconfig ## Linux ではこれが必要

同じく 辞書mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz もインストールします
(以下の手順の二番目で
自動的に
ダウンロードされますが
、数秒かかります
 $  cd ~/Downloads 
 $ curl -fsSL "https://drive.google.com/uc?export=download&id=0B4y35FiV1wh7MWVlSDBCSXZMTXM" -o mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz
 $ tar xf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz
 $ cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801
 $ ./configure --with-charset=utf-8
 $ make
 $ sudo make install
 $ sudo ldconfig ## Linux ではこれが必要


(3) RMeCabをインストール

Rを起動して,以下のように入力してEnterキーを押してインストールして下さい.

  install.packages("RMeCab", repos = "https://rmecab.jp/R", type = "source")

あるいは以下のようにしてもインストールできます。

install.packages("devtools")
devtools::install_github("IshidaMotohiro/RMeCab")


試用データセット 


* ソース

  https://github.com/IshidaMotohiro/RMeCab

* 利用方法

 http://rmecab.jp/wiki/index.php?RMeCabFunctions を参照してください

R 本体はCRAN (https://cran.ism.ac.jp) からインストーラーをダウンロードします。またグラフで日本語を扱う場合には設定ファイルが必要です。インストール後、Rを起動し、Rのコンソールから以 下を実行すれば、.Rprofileというファイルがホームフォルダに作成され、Rは起動時にこのファイルを読み込みます。

  source("http://rmecab.jp/R/Rprofile.R")
   

* 質問は以下に気楽に投げてください

Comments