ルーリア祭

ルーリア祭(-さい、理:Lurli'a)は、リパラオネ教の宗教的祭り。特別な食事や遊び、そして伝統的な儀式が行われ、人々がフィアンシャに集い、シャーツニアーに話を聞くなどして祝う。修正理歴のヴェルガナ月(11月、ピリフィアー暦の六月、西暦でいうと四月頃)の二週間を祝う。

目次

  1. 1 概要

概要

ルーリア祭は民間教法学者の理論上、スキュリオーティエ叙事詩にあるユフィアへの神族による恩寵の約束がヴァルカーザの花の咲く時期であるヴェルガナ月に行われたとされることにより、その時期を祝うことを起源とする。
宗教学上では神の恩寵を得たユフィア・ド・スキュリオーティエ・ユリアが王朝を平和にするために闘い、勝利したその流れを幸福の象徴として、スキュリオーティエ叙事詩が編纂されてから少ししてから民間的に祭りが形成されていったとされている。また、リパラオネ教が定着する以前の農業儀式や多神教信仰的祭儀がこの祭りに残っているとする出張もある。そもそも、この祭りはなんらアンポールネムやファシャグノタール、スキュリオーティエ叙事詩にすら記述されておらず。リパラオネ教の公認組織が公に祝うことはないため、末端フィアンシャが民間的なこの祭りを受け入れて特別な祭祀の日としていることに関してはリパラオネ教団体から様々な見方をされている。フィシャ・フォン・フィアンシャはこの祭りをリパラオネ教の教義にないものとするもののその祭祀に神に反するようなものが無いところから教法学的に反天罪に値しない以上禁止されるべきものではないとし、全連邦影響圏シャーツニアー基金はその方針に従っている。しかし、伝統的xelken系組織はこれに反対し、教典に無い祭を否定している。




Comments