シェルケン・スカーナ

シェルケン・スカーナ(Xelken.skarna/ Skarsna xelken skarna fon xelskar、Phil.998~)は、元Xelken.valtoal兵・旧クワイエ国及びユエスレオネ連邦のウェールフープ化学者、ウェールフープ倫理学者。「WP科学の父」とも言われる。

経歴


Phil.998年11月29日に、クワイエ・アエシオネフィシオンに生まれる。スカーナの居たスカースナ・シェルケン家は、スカースナ副系のXelkenであったために初期からXelken教育をされていた。しかし、スカーナのスカースナ・シェルケン家では戦闘員ではなくXelkenのWPに対する理論化の仕事を受け持っていた。父は同じく近代ウェールフープ学者のシェルケン・ヴィェーナで母はウェールフープ倫理学者であるシェルケン・ノイミーシャーファである。

Phil.1016にスカーナは18歳でXelken高等ウェールフープ研究所(Xelken Au Werlfurp Lbe Assio/XAWLA)に入所、研修の後経験を積みながらWPの実践的側面でのアプローチを進めた。Phil.1017年、スカーナはXAWLAの実践的側面からのアプローチは自分に合わないとして出所し、19歳という異例の若さでXelken国際ウェールフープ学会(Xelken Intronathonalo Werlfurp Ijuan-Assio/XIWIA)に入会、そこで見たWP理論の研究に感動したスカーナはWP理論研究者であったシェルケン・ヴァルトルの研究室に所属、そこから才能を認められ学会の古典学派としての参入を求められ、他に行き場が無かったスカーナはそこに所属する事となる。

二年後のPhil.1019(21歳)、古典学派の非科学性に気付いたスカーナはシェルケン・ヴァルトル研究室を出てアレス学派方面の活躍中の単独研究室勢を集結させシェルケン・スカーナヴァルトル研究所を立ち上げる。そこからはメタニュイ問題の提唱者であるスカースナ・イヴァネやシェルケン・ヴァルトルの次代Xelken総長となるシェルケン・ラヴュールなどを輩出している。Phil.1066(68歳)、スカーナは古典学派を基とし膠着していたアレス学派含め学会を震わす論文『Werlfurp'd lihlko』(ウェールフーポの存在)を発表。アレス学派は大いにこれに賛同すると共に支持する方針となったが古典学派は猛烈にスカーナを批判した。このためスカーナの論文はクワイエ各地で古典学派に焚書されることとなる。Phil.1622(624歳)、スカーナは度重なるWP物理実験の末、モーニ理論を発見し、モーニ理論を発表しサードWP理論を発表。この発表により、アレス学派の確実性が高まったとして各国がアレス学派に合わせるようになる。同時に古典学派の反発もさらに強まりPhil.1624にスカーナはXIWIAを脱退する。

スカーナの成果が他にこれ以上渡ることを恐れたxelkenは部隊を派遣しスカーナ一家を襲撃するがスカーナはクワイエからリパラオネ連邦に亡命を果たした。その後にユエスレオネに移行したときもスカーナは共産党学校でウェールフープ学を教えながら、ユエスレオネ中央大学にて研究を続けWP可能化剤を完成させたが、デュイン戦争で息子、娘は共に戦死し、妻は自殺している。スカーナは親であるヴィエーナとノイミーシャーファの捜索願を連邦に出したが、後のデュイン戦争でデュインに抑圧され両人とも殺害されたとされる。スカーナは現在では、フェグラダ・ヴェイユファイト・ア・デュアンにて高校生に講義を行っている。

スカーナの成果


スカーナについての成果は以下の通りである。

ウェールフーポの存在

スカーナは古典学派の「WPは神の力でありその力の根源を実体としてみることはできない。」とする魔法生神論的論を論文『Werlfurp'd lihlko』におけるウェールフーポ論で否定する。これによってウェールフーポというエネルギー、またはそれに順ずる存在がWPに関わっているのではないかということを発表した。

モーニ理論

スカーナはウェールフーポの存在を踏み台に物体にモーニという状態とユナ量の存在を発表し、この状態間でウェールフーポは移動しているため、ウェールフープは発生すると証明し、サードWP理論を完成させた。

WP可能化剤

スカーナはネートニアーの自己防衛若しくは医療目的のため一時的にケートニアーとしての能力を取得、強化できるWP可能化剤を開発した。

名言

  • 「私は人を殺すためにWP学をやってきたわけじゃない。」
  • 「神の与えた真実を人間が良いように曲げられるわけが無い。」
  • 「俺はこの学問が人に役立つと思って死ぬまでこれに尽くすと決めた。」

Kranteerlシリーズへの登場

Kranteerl y io hahuliなどで登場を果たした。Xelken兵であった当時ラメスト遠征の総指揮となっていガルタらと戦う風景が描かれている。

肖像画

(C)Fafs.lavnutlart

(C)Skarsna haltxeafis fankaseuafis

(C)lexerl hmirja firrrytiet



スカースナ・シェルケン・スカーナ
Xelken skarna


F. lavnutlartによる肖像画
スカースナ・シェルケン・スカーナ 998~
生誕 998年11月29日
クワイエ アエシオネフィシオン
死没 生存(1016歳)
時代 古代WP学
 新WP哲学
地域  Xelken
学派  アレス学派
研究分野 WP化学
 WP哲学
 ADLP政治学
主な概念 ウェールフーポ
 モーニ理論
 WP可能化剤
影響を受けた人物:
 Xelken.vierna
 Xelken.nojmirxaafa
 Xelken.valtoal

影響を与えた人物:
 Ales.lanerme.lipakorl
 Skarna.ivane
  Xelken.lavyrl



S.X. Skarna
サブページ (1): alese'd terselyr
Comments