エスポーノ・ドーハ

エスポーノ・ドーハ(Esporno.dorha)はラネーメ国の作詞家、詩人、哲学者、考古学者であった。イフトーン時代における詩韻文復興運動のさきがけとなって、中世リパライン語詩の始まりとなった。

概要

1507年、独立国家連合成立の時代にラネーメ国ビジアン地方で生まれ、古典的なヌクソラスタ詩の変形形式であるドーハ詩を作り出し、原本スキュリオーティエ詩の発掘及び翻訳に携わった。反戦運動家でもあり、民族主義の傾向が高まっていたラネーメにおいて国家からは迫害を受け、29歳でリパラオネに国外追放されたが国民の声によって32歳で国に戻る事ができた。1552年(45歳) デーノラネーメデイオ戦争の最中国境付近で遺跡の調査中に攻め込んできたデーノ国兵士の銃撃により死亡した。後、ユエスレオネにおいて政治理派問わず愛されてきた詩人である。名前の古理語表記は"Espono.dooha"、死後の旧リパラオネ連邦の間ではドーハの独特な詩表現を記録し、活用しようとする「エスポーノ詩復古運動」が活発化し、後の詩語に繋がった。
エスポーノ・ドーハ
Esporno.dorha
誕生1507年
ラネーメ国ビジアン地方
死没1552年
デーノ国死地不詳
墓地ラネーメ国ビジアン地方
職業作詞家、詩人、哲学者、考古学者
言語中期リパライン語
国籍ラネーメ国
活動期間1507年 - 1552年
代表作『古典的理語詩の復興試論』
『スキュリオーティエ叙事詩 現代語訳』
『リパラオネの呼び声』
『アマルガム鍍金説』
デビュー作『ヴェントタードより』
Comments