アンハルティア・ド・ヴェアン・アンヴェハル

アンハルティア・ド・ヴェアン・アンヴェハル(淮: Anhartia de Vaian Anvaihar, 理: Vean.anhartija、1975年8月21日 - ?)は、リパラオネ系ヴェフィス人の哲学者、言語思想家である。

言語身体の倫理

アンハルティア・ド・ヴェアンの業績の最たるものは「言語身体の倫理」(Lixer cix lkurftlesse'd la pleiumeulyr / LLP)である。スクーラヴェニヤ・クランの身体としての言語を哲学領域に展開した。つまるところ、言語は身体であり、それと共に認知であり、価値創造の根源となる存在である。それは記号と実体を結びつける実体を意味(Kante)としたときにその意味を創造し、構造し、操る力のことを言う。

憶理論

ヴェアンはシャーシュの憶論を捉え直した。「憶え」とは連続性であり、自主性であることと捉えて器質の外へと向かう「憶え」は存在せず延々と器質と連続する自然をどのように解釈するかで人間は宗教や二元論を生み出し続けてきたという。人は「憶え」の方向へ無限であり続け、そのためにその自主性の痕跡を辿ってきた。これが自然科学や哲学であるとする。「憶え」の方向へと無限な自律を破壊し続けながらも追求し続ける人間の姿をヴェアンは倫理的であり続ける姿として「人間はクハンたれ」(Deliu larta es kuhang)と述べた。クハンとは燐帝字母「筆」のキャスカ・ファルザーによる字源に由来する。





アンハルティア・ド・ヴェアン
Anhartia de Vaian
アンハルティア・ド・ヴェアン
生誕1975年8月21日
クワイエ共和国・アディア
死没(?)
大学ヴェフィス国立研究院大学
時代ユエスレオネ時代
分野哲学、文学、言語社会学
学派リパラオネ哲学、シャーシュ学派
研究分野言語保障分野
主な概念言語身体の倫理、言語のための新体制
影響を受けた人物:
ターフ・ヴィール・イェスカリーサ・カクザ、ジュへーシェ・ユーヅニー・ライン、ヴィヨック・イヴァネ、レシェール・ツァーメナフ、スクーラヴェニヤ・クラン



影響を与えた人物:

Comments