連邦言語保障監理官事務所

中央省国際協力院言語翻訳庁少数言語保護機構言語保障監理官事務所(Syst fon haltxerjerss parleo lkurftless / Shepol)とは、ユエスレオネ連邦の政府機関の一つ。通称でシェポルとも呼ばれる。

連邦言語保障監理官は、2011年に可決された連邦言語保障監理官事務所設置法によって設置された国家公務員の一種であり、リーサ・カクザの「言語権」を基軸にした「言語保護論」、ジュヘーシェ・ユーヅニー・ラインの「政治的言語と比較言語学的言語」のような考え方を受け継いだシャーシュ学派的な言語政策として多言語社会統合発展言語行政枠組みを支持した連邦の言語集中政策目標やファールリューディア宣言、ベノーチャ合意に基づく「言語保障」を監理することを目的としている。ユエスレオネ連邦憲法、サニス第二条約、連邦移民法、デュイン先住民言語法、デュイン移住者言語法、デュイン教育言語法などを根拠法として連邦言語保障監理官事務所設置法に従い、司法警察職員として現行犯逮捕の権限を有している。言語保障監理官事務所はそれら監理官を事務所として統括する機関として存在している。

モットーとロゴ

モットーは"Vietist la nunerl miss's pa niv da shrlo dzarhal."「私の問う言葉に答えよ、さもなくば滅びよ」 (スキュリオーティエ叙事詩第一章第十節第二部第一行)であるが、ここでの"mi"「私」は言語保障を望む虐げられた人々を指し、"nunerl"「問う言葉」は少数言語や言語差別を受けている人々の声を指す。叙事詩自体にはドルム(悪魔)の声として出ているが、敵はこれに誤った答えをして卒倒して主人公は正しく答えて敵をも救った。つまり、これらに正しく答えないことは国家の滅亡を招くという意味で引用されている。

言語保障監理官事務所のロゴ

ロゴはホートシェートの花とペン、血書で書かれたSHEPOLの文字、国章のアオカケスが図表の元になっており、またモットーがその下部、正式名称が上部に置かれている。血書とカラムは危機言語とその文化風俗を表し、ホートシェートの花はスキュリオーティエ叙事詩においてユフィアとその副将が戦いを誓ったことからそれらを守り伝えてゆく戦いへの意識を現す。

監理官になるまで

言語保障監理官になるためには第三種連邦公務員言語能力試験(FILI3)、全国ウェールフープ能力認定資格Ⅰ類試験(WPI)、言語保障監理官試験(IHEPOL)の3つに合格する必要がある。
IHEPOLでは連邦労働基本法、労働安全基本法、国民社会保障法、労働組合法、イェシスヴィエス雇用差別対策法、労働者保護法、禁煙・禁酒法、特定祝祭騒動対策法、ユエスレオネ連邦憲法、サニス第一条約、サニス第二条約、サニス第三条約、連邦移民法、デュイン先住民言語法、デュイン移住者言語法、デュイン教育言語法、連邦言語保障監理官事務所設置法、言語保障監理官法、連邦公務員言語能力試験法などの関係法令を含めた言語行政に関する基本知識が問われる。
これらに合格した者は面接を経て、監理官候補生となり、3年のOJTの後に監理官補となることが出来る。

階級

言語保障監理官には、現場での指揮系統を明確にするための階級が付与される。
  • 言語保障監理官事務所長官(Dz.Shepol)
  • 主席監理官(Esacesle parlerriccer / EPI
  • 主席監理官補(Celdiner esacesle parlerriccer / CEPI)
  • 次席監理官(Xuresacesle parlerriccer / XPI)
  • 次席監理官補(Celdiner xuresacesle parlerriccer / CXPI)
  • 監理官(Parlerriccer / PI)
  • 監理官補(Celdiner parlerriccer / CPI)
  • 監理官候補生(Parlerriccerrgen icvlanfi'erger / PII
通常階級外の階級は以下にある。これらは長官か主席監理官の決定に従って通常階級のどれに当たるか決定される。
  • 予備監理官(Niesneler parlerriccer / NPI
  • 特務監理官(fhanka jalfkarken parlerriccer / FhJPI)

官科と組織

監理官は幾つかの官科(Stefart)に当てはめられ、教育訓練と業務分割を受ける。言語保障監理官事務所内の部署は官科に従い分類され、統制されている。指揮官たるそれぞれの長として、科には主席監理官(官科長)、部には次席監理官(部長)、班には監理官以上(班長)が配属される。
  • 監査科……通常監査及び指導
    • 市民環境部
      • 災害時言語保障独立班
      • デュイン言語問題独立班
      • 移民及び外国人言語保障課
        • ユーゴック語班
        • セベリス語班
        • ヴェフィス語班
        • タカン語班
        • パイグ語班
        • バート語班
        • アイル語班
        • 移民言語保障班
        • 外国人言語保障班
      • 先住民課
        • サイパオプ語班
        • ラッビヤ語班
        • ズィタラク語班
        • チョルセ語班
        • サラス語班
        • ヴィッセンスタンツ語班
        • アポート語班
        • リスターメ語班
      • 障害者言語課
        • 手話及び筆談班
        • 点字通訳班
    • 商業監理部
      • 広告指導課
      • 企業内言語保障課
  • 少数言語科……少数言語に纏わる言語保障
    • 少数言語広報部
  • 特務科……言語保障にまつわる特殊事例、犯罪行為に対処する。唯一武装が許可されている。
    • 護憲及び法執行部
      • 戦術監理官特設部隊(Merfedi'asnejen haltxerjersse'd alarta selesenj/MHAS)
    • 特務捜査部
      • 第一特務捜査班……話者保護と言語保全特殊プログラムの実行
      • 第二特務捜査班……武装の可能性のある組織への強制介入

装備

言語保障監理官事務所では、特務科のみが任務の関係上装備を許可されている。

 名称画像説明
PCF99-02 xelt-an'gil ZYS

閉鎖機構がロッキングブロック機構に改められたPCF99の改良版。
(拳銃)  

制服と徽章

(階級と組織に拠る)

言語保障監理官事務所
各国語表記

Syst fon haltxerjerss parleo lkurftless / Shepol(理語)
Jenfas fol vincer faiaut var lyncais faivai(ヴェフィス語)

概要事務所
略称SHEPOL
モットーVietist la nunerl miss's pa niv da shrlo dzarhal.
「私の問う言葉に答えよ、さもなくば滅びよ」 (skyl.1:10 2:1)
代表レシェール・アルバーグラーダフ・クラッツィヤ
(Lexerl albarglardaf klatzija Dz.SHEPOL)
人員7000人
活動開始2011年5月11日
本部本土・リーネヴェキーネ
Comments