イェスカ万歳

イェスカ万歳: Niejod, Niejod jeskasti!, リパライン語発音: ニェーヨド、ニェーヨド イェスカスティ)は、ユエスレオネ社会党及びファルトクノア社会党の党歌でありファルトクノア共和国の国歌である。イェスカ賛歌とも言う。もとはユエスレオネ革命のときの革命歌で、共産党革命指導者であるイェスカを讃える内容が中心になっている。


概要

ユエスレオネにおける共産党の革命内戦において人民革命軍を指導するターフ・ヴィール・イェスカは人民革命軍の指揮の向上のために革命歌の制作を命令した。ここからイェスカの妹であるユミリアが作曲した曲を採用し、革命軍少尉であるAles levia klanに歌詞の作成を依頼した。
非常に個人崇拝的な歌詞にイェスカは驚いたと言われる。

社会的地位

イェスカ万歳はユエスレオネ革命直後から学校、公的機関、労働施設などでの歌唱が積極的に行なわれたため、ユエスレオネ連邦人の90%は知っているとされている。ショレゼスコ以降は歌唱される事が少なくなったが、イェスカ暗殺事件によるイェスカ国葬による一万人合唱や学校、公的機関での歌唱が維持されており、国民のアイデンティティとなっている。ショレゼスコ以降は歌詞の意味についてはあまり鑑みられなくなった。

Niejod, Niejod jeskasti!
イェスカ万歳

党歌の対象
ユエスレオネ社会党
ファルトクノア社会党
国歌の対象
ファルトクノア共和国

別名 イェスカ賛歌
作詞 Ales levia klan(2003年)
作曲 Tarf virl jumili'a(2002年)
採用時期 2003年

試聴


Lineparine)
Ta lu lartass.
Xel lu lartass.
Lartassen carxa
es estvarnen dzeparkafia!

Ta. Ta.
Ta lu lartass.
Lartassen carxa
xelir nioj juij miss!

Niejod, Niejod jeskasti!
Jui ci es naste seldi'a!
Niejod, Niejod jeskasti!
Lu Xelirersti!

Niejod, Niejod jeskasti!
Jui ci es naste seldi'a!
Niejod, Niejod jeskasti!
Elmen'iarsen carxasti!

Niejod, Niejod jeskasti!
Miextrura Niejod!
Miextrura Niejod Ar!

日本語)
人民よ、立ち上がれ.
人民よ、見よ.
人民の姉
は蒼き光の主!

立て. 立て.
人民よ立ち上がれ.
人民の姉は
今までいつも我々を敬愛している!

万歳, イェスカよ万歳!
彼女は常にまさに正義そのものである!
万歳, イェスカよ万歳!
敬愛するお方よ!

万歳, イェスカよ万歳!
彼女は常にまさに正義そのものである!
万歳, イェスカよ万歳!
労働者の姉よ!

万歳, イェスカよ万歳!
我が同志よ、万歳!
我が同志よ、万歳あー!


Comments