ユエスレオネ社会党

ユエスレオネ社会党(-しゃかいとう、理語: Yuesleone'd Yuesdera'd Parcaxeral)は、ユエスレオネ政党。略称は連邦社会党、社会党ユ社連社、YYP

歴史

前史

ユエスレオネより前に起源を求めることが出来る。チャショーテの革新チャショーテ側が分離したものとして2002年3月21日にターフ・ヴィール・イェスカによって設立したユエスレオネ共産党を立ち上げ、順調に諸地域の支持を得て超国家主義を通していたフェーユ政府やアル政府、クワク政府を攻撃。これによって2002年5月2日、各政府は連合してユエスレオネ共産党を非合法組織に決めることに決定した。ここからユエスレオネ共産党宣伝局長アレス・デュイネル・エレンは「革命抗戦・愛国統一・階級解放」を揚げて武力革命を推進した。これによって2002年5月12日ユエスレオネ内戦が始まる。

ユエスレオネ内戦

5月18日ターフは自己の工作員に警察署や役所、軍隊施設、空港の破壊工作を秘密裏に示唆し、全国120箇所の警察詰め所、4箇所の空港、12箇所の役所の破壊に成功した。しかし、フェーユで捕まった工作員によってターフの目的は明らかになってしまう。この事態からターフは、「ユエスレオネ社会主義連邦暫定政府」をフェーユ西に建国宣言する。5月21日、工作員の浸透教化により、ユエスレオネの統一、社会主義化を目的としたフェーユ軍、アル軍、クワク軍の一部が反乱を起こす。この反乱によってフェーユ、アル、クワクの行政及び司法、防衛体制は崩壊した。5月28日、フェーユ政府が降伏を宣言するが、アル政府及びクワク政府は戦闘を継続した。6月12日アル政府は緊急事態レベルを1(最高レベル)に挙げ、首相であるアレス・エレンがNZWPの発射を許可したために、反乱軍がアル側に侵攻した。戦闘は泥沼に突入し長く続いたが、2003年12月8日にアル、クワク両政府は降伏した。

建国と単一政党体制

12月10日ターフは、フェーユ北に首都を配置することを宣言。最大行政単位「シェユ」を連邦化する「ユエスレオネ連邦」の建国を宣言した。そして、ユエスレオネ共産党による共産党議会と国民政党からなる議会カリアとシェユ内のルートとよばれる行政単位の議会フィナーフ、西ルートの軍事議会メイリクワを設立する。

デュイン戦争

過激派Xelkenに対する態度を硬化させることとなる。王国と国交を持つことによってXelken拉致問題という新規の問題が発生する。これによって、過激派Xelkenはテロ組織と位置付け徹底排除の姿勢を持った。ハタ王国に対しては、スカルムレイ体制から経済社会主義民主制への体制移行を主張して、ハタ王国の体制を半民主化した。また、ハタ王国半民主制に対してユエスレオネ連邦は国民の支持を政治の参加理由としたアレス談話を党方針として採用したが、党首であるターフは内閣参謀への無断での条約締約によってアレス・シュカジュー外務大臣を罷免し、党から除名される(後任は共産党のレシェール・エナフィス議員)

ハタ共産党の設立

レシェールはハタ王国との国交を持ったが、そのスカルムレイ専制政治における暴力的革命を画策していた、それについて党首ターフは革命案を却下し「無血革命による民主化」を掲げて2003年12月18日にレシェール外務大臣含む訪ハ使節団がハタ王国ネステルに向った。訪ハ使節団には、大使館設立を目的とした外務省職員群も随行した。レシェールと接見したカリアホ=スカルムレイは「近代化への足がかりとして国民の民意を問う。」としてハタ王国民選議院設立国民投票が王族主催で行われ、スカルムレイが議院の設立に前向きだったためか大多数の賛成によって王国議会が設立、第一回王国議会選挙が行われることになった。これに際して、ユエスレオネ共産党はハタ王国の社会主義同志を集結させてハタ共産党を成立させ、指導を行い独立させた。

国際蒼色機関設立

2004年1月、国際的な社会主義機関である国際蒼色機関が設立する。
当初の機関の構成組織は以下
  • ユエスレオネ共産党(連邦)
  • ハタ共産党(王国)
  • ヴェフィス社会行動党(ヴェフィス共和国)
  • アイル社会党(アイル共和国)
  • リナエスト保守左派運動(リナエスト・オルス共和国)
  • デュイン左派運動(デュイン総合府)
  • ADKA(スキ・カラムディア社会民主主義同盟)

ショレゼスコ

2004年3月、党首のターフは反対者を再教育及び投獄し、ショレゼスコを決行した。民主化及び貿易・市場体制を自由化、ユエスレオネ共産党はターフを党首としてユエスレオネ社会党として再構成された。しかし、これによる経済恐慌によってターフの支持層は崩壊し、ついには2004年6月19日に暗殺されてしまう。ショレゼスコの影響によって党は今までの武力闘争の中核であったアレス・デュイネル・エレンを除名し、資本国家との平和共存を向けるなど方向転換を決定した(デュイネル批判)。これに対し、ハタ共産党は「修正主義である。」と批判し、ハタ・ユエスレオネ関係は経済関係の悪化と共に急激に悪化した。

ハタ共産党分裂

2004年4月、ハタ共産党は解党を宣言する。そして当日にハタ社会党ハフルテュ派(HAGID-H)とハタ社会党解放派(HAGID-IT)に分離した。理由としては、ハタ共産党内部での連邦社会党の急激な方向転換による分裂が主であるといわれている。ハフルテュ派の国際蒼色機関に再度加入により解放派は「打倒スカルムレイ・打倒高級シャスティのための労働者階級戦争」と称し、王国の警察署や役所、議会を焼き払った。また、各地のイルキスを爆破、ケンソディスナル家の高級シャスティWaamefang=Kensodisnarが解放派に急襲され殺害されるなど、治安が著しく悪化した。これに際して連邦社会党は「解放派は完全なテロリストであり、完全な反動勢力である」との趣旨の発言を行ったためハフルテュ派による掃討作戦が開始され、結果、内戦が発生した。内戦は第一次サニス条約に基づき、ユエスレオネ軍含むサニス条約機構平和維持隊によって制圧され、再度ハタ王国民選議会での選挙が行われ、解放派が過半数の議席に当選し、議会にてハフルテュ派をテロ組織と認定して全員を逮捕し、再教育及び処刑を行った(イミートルト大粛清)

ハタ社会党の再加入

イミートルト大粛清によってハフルテュ派を排除した解放派は派名を除いて再教育を行ったハフルテュ派党員を統合してハタ社会党を結党。そして、国際蒼色機関に再加入をする。連邦社会党は再加入を歓迎し、社会主義的な国際協力を強めていこうと声明を発表した。






ユエスレオネ社会党
Yuesleone'd Yuesdera'd Parcaxeral



党首/中央委員長
Tarf virl elerna
宣伝局長 Vefisait.veisafis
連邦議会議員長
Ales levia elmenerfeafis
成立年月日 2002年3月21日
本部所在地 ユエスレオネフェーユ・西フェーユ
連邦議会議席数
252 / 500  
(2005年8月12日 総選挙)
党員・党友数
12,018,000人
政治的思想・立場 ユエスレオネ主義
機関紙  ユエスレオネ中央新聞
 党歌
 イェスカ万歳
シンボル  青と黒色の四角
国際組織  国際蒼色機関(IEA)
党規約 ファールリューディア宣言