リパナス党

リパナス党(理:Lipanasa'd Fhifoes, LDF)は、ユエスレオネの保守政党。

歴史

遡るとレシュトまで遡ることができる。レシュト紛争後、右派連合からvalarが左派に転向し指導者を失った右派連合はales.kiljiaが再度集結させリパナスを成立させたが、それを機にリパナス党が結成されることとなる。またCEIFの2002年から2003年の興廃によって発生した極右系の人間が流入した。

主張

基本的には自由経済主義的経済政策と民族多元主義的主張を行っている。ユエスレオネは民族によってシェユを分離する民族シェユ自治制を復活させるべきと言う主張もある。また、サニス条約機構への負担金の不平等に対しても対処する事を主張している。

死刑を容認している。ファルトクノア共和国のショアン側国境を紛争再伸前線まで戻すように主張している。ハタ王国の半スカルムレイ制反対し、ユエスレオネが圧力をかけて完全な民主主義にすべきであると主張している。リナエスト紛争はパパール側の挑発が火種となったと主張している。xelkenの拉致被害者は全てが奪還されたと主張している。

リパナス党
Lipanasa'd Fhifoes
党首 アレス・キリィヤ
成立年月日 2003年8月28日
本部所在地 ユエスレオネ・南フェーユ
党員・党友数
約5,200人
政治的思想・立場 国家主義
リパラオネ主義
リパナス主義
自由経済主義
民主主義

シンボル 緑色と赤色
国際組織 加盟無し
Comments