過活動交換症候群

過活動交換症候群(La archkarjce-fudiur-cassalk/LAFC)はケートニアーが罹るモーニ系病気群の一種

概要

何らかの原因で体内のWP交換が異常に促進しこれが活動に支障をきたすものを言う
致死型(a10)、頭痛型(a11)、変化型(a20)がある。

致死型(a10)

急性のモーニ不調、大量のWPの喪失が引き金となり急激に体内のWP交換のリズムが崩れることにより体内を傷つけ死亡してしまうタイプ。

戦争時に増加するため戦死型とも言われる。WP戦闘でWPを相手に流し込むことによりともに発症するケースもある。

頭痛型(a11)

WPの行いすぎでモーニを作り出す機能のバランスが取れなくなったりすると起きる。頭痛が併発するので頭痛型と呼ぶ。

休めば自然治癒するが休まなければモーニ失調により致死型に移行する場合もある。

変化型(a20)


WPの影響で体が変形するのを主症状とする。 モーニ脳内進入阻止器官が正常に動かないことにより発症すると考えられているが明らかではない。

体の変形は末期には急速的で最終的に霧のように消えてしまったという症例も在る。

Comments