ウェールフープ

万物にあるひとつのエネルギー(WP学のウェールフーポ)を操作し効果を起こすこと。
紀元前から行われケートニアーといわれる人物しか行えない。

紀元後より意識不明になるものが出た
一般にウェールフープの能力のことをウェールフーポ(weilfuopo)というがウェールフープ学では万物に存在するエネルギーのひとつの名前としている。

・プレス現象(plaes)
時々持ってくるものやその持ち主の強い思いによって 
ウェールフープが失敗したり、違うものがワープしてきたり 
人体が裂けるような痛みを起こす 
ウェールフーポの高いケートニアーでも起こる。
近年はほとんど無い。

シェルケン.ヴァルトル(xelken.valtoal)
古リパラインから新リパラインへの移行を批判し 
言語改正を止めようと全国でテロを起こしている 
ケートニアーの団体 
Fafs.sashimiとは2012ねんから対峙

・シェルケン・アレス(Xelken.ales)
デュインでxelkenの国を建てようとしたxelkenの一派。
DAPE後に解体する。

・ケートニアー
ケートニアーには三種類ある 
第Ⅰ類ケートニアー…『呼ぶ』能力(異世界から物を誘引させる能力)
第Ⅱ類ケートニアー…『呼ぶ』を行ったり、『高速移動』や『並列加力』などの付加能力がついている
第Ⅲ類ケートニアー…分散ウェールフープ・安定的なウェールフープ力の物体への提供などができる
第Ⅳ類ケートニアー…防衛機制のシステムをWPに出力させた病的ケートニアー。
第Ⅴ類ケートニアー…制御不能・暴走ケートニアー、連邦では発見され次第隔離され治療不可能の場合射殺される。

古代ではこれが世代として分けられたが、最近になっては成長過程、ウェールフープ発動の頻度によって変化していくものとされる。第Ⅳ類、第Ⅴ類は稀なものである。

・ラーデミン(lardemin)
ウェールフープを瞬間、並列、連続的に発することのできる ケートニアー二代目遺伝子を持つ動物。
nphil.1952年以降より増えたことにより ラーデミン使い(二代目~三代目)も増えた。ユエスレオネでのラーデミン使いは減少傾向にある。

WP安全保障庁
省庁のひとつ 総務省の庁である。
ウェールフープでのテロ、犯罪、事故を防ぎ 
安全なウェールフープの利用を研究するための省庁と決められている

・WP研究機構
ウェールフープの研究を目的とするユエスレオネ最大の機関
魔法安全保障庁の管理下にありユエスレオネ中央大学に研究所を持つ。