ロポバサトガ

ロポバサトガ(ロ:lpobsatoga)とは、卵王子氏による人工言語である。2016年9月21日にリパライン語より派生した。

概要

Paplo族と呼ばれる部族の言語であり、悠里世界に対して配慮し、別世界の島国で喋られる。孤立した環境でのリパライン文化の変化に関しても創作の目標としている。発音体系はポリネシア系に近く、言語や文化創作はpaplo族の解明という視点で進んでいっている。paplo族は、リパライン語話者が神隠しにあったものを起源にしているとされる。
ロポバサトガ
Lpobsatoga
発音 IPA: [lopobäsätogä]
創案者 卵王子
創案時期 2016年
話者数 不明
目的による分類
人工言語
  • 芸術言語
参考言語による分類 リパライン語など         
公的地位
公用語 不明
統制機関 不明



デュテュスンリパーシェから派生した文字で表記される。
Comments