Lkurftless'd ai'r

アイル語はラネーメ語派に属する言語でPMCFの公用語である。 同じラネーメの言語のナデュー語、パイグ語との意思疎通は難しい。

歴史

phil.2003にPMCFが発見されたがこのアイル語を話しており当初は意思疎通が取りにくかった。しかし、研究が進みアイル語はリパライン語派の語源、ラネーメ語派の語源が混ざり合い文法が簡易化されていることがわかった。 この言語はPMCF諸島に残った人間がお互いに喋りあいこの言語が自然に構成されていったとされる。

文字


かつてはロライヘル文字系統のアイル文字という文字を使っていたが連邦の干渉によってデュテュスンリパーシェ筆記体が使われるようになった。

発音

理語での読みとすべて同じである。
リパライン語単語が流用されるとき閉音節にoかuを入れる。
また、ti,tuはchi,chuに変換される。sy,cyはdzu,xuになる。
ú、óなどのアクセント記号つきの母音はアクセント
ęはɛ̃で発音する。

文法

基本的に語順はSOVである。
動詞はiを前置すると否定になる。

語の複数形は語を二回言うことで表現できる。

この言語に関係詞や連体形がなく動詞のあとに名詞を付けて表す。
BE動詞は省略されやすい。

形容詞の級はalを後置して比較級を使うことができる。

・動詞接辞

現在過去
仮定
-(i)r
-(e)s
-(e)sa
将然完了
命令
-(e)pam-(e)ta
-(e)svia


・格接辞

  第一 第二
 他格
(他動詞主語・目的語)
 -m -ma
 自格(自動詞主語) -mi -mo
 処格 -ne -nu
 所有格 -ge -ga
 性質格 -(d)e -(j)a
 同格 -ni -na
古語として所有・性質a, 処格hanu, 分離格oなどが存在する。
クラスはe, i, yの第一名詞とa, o, uの第二名詞に分かれている。接辞が付く名詞はCVCVの形の時はCVCCVに変化する(basa+ma→bassama)

古典アイル語湾岸方言では以下の通り。
湾岸方言の格と動詞は型文という形式を持つ。
 主格\動第一
第二
第一
Ⅰ型文
 Ⅳ型文
第二
Ⅲ型文
Ⅱ型文
主格の人称は対格を基準とする
 主格 Ⅰ

 Ⅳ
 1 -m-mö
-mu
-mə
 2 -ma-me
-mù
-mý
 3 -mo
-má
-mí
-mỳ
 1s -mó-mì
-mà
-ms
 2s -mi
-mè
-mú
-mä
 3s -mò-mé
-my
-mt
対格の人称は主格を基準とする
 対格 Ⅰ

 Ⅳ
 1 -n-nö
-nu
-nə
 2 -na-ne
-nù
-ný
 3 -no
-ná
-ní
-nỳ
 1s -nó-nì
-nà
-ns
 2s -ni
-nè
-nú
-nä
 3s -nò-né
-ny
-nt
動詞の変化も型文に依存する。
     
 過去完了 -r -ra -i -ru
 現在進行 -t -ta -ti -tu
 将然 -p -pam -pim -pum


例文

()内は参照前の理語の語形
Maikau o ai'r a ycutopormezu(yst parmez) topo.
これはアイル語のテストである。

Yuesleone'd Culfavlirrkhm avesyciseta bojabedim 2014(Sanaqa anapanqa iupqa) faltknoa hanu ahculapeseta praige gozavelim kantier Lup1 Lu2 Kut1-em.
ユエスレオネの宇宙船は2014年ファルトクノアのパイグ人設計士ルーㇷ゚・ル・クット教授によって開発された。

アイル語
Ai'r
話される国 PMCF
地域 アイル共和国
母語話者数 約140万人
辞書 Air辞書
言語系統
シアン大語族
  • ラネーメ語族
  • ファスマレー語派
  • アイル諸語
  • アイル語
表記体系 デュテュスンリパーシェ
アイル文字(古典)
公的地位
公用語

方言
PMCFの公用語の一つ、連邦

アイラニーヤ語
エッツィア語

SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser
ċ

ダウンロード
  3099KB v. 1 2015/01/31 7:48 Sashimi Fafs