ファルトクノア方言

ファルトクノア方言(標準:Faltknoavirel)とはファルトクノアで話されるリパライン語の方言である。

概要

ファルトクノアの連邦化政策を元にファルトクノアでは多くを占めるヴェフィス人の脱ヴェフィス化を推進した。これらは同じようにファルトクノア国内に住むショアン人などにも脱民族化を推進した。これらの一環として連邦で一般的に話されるリパライン語を公用語とし、市民言語とするための教育や行政、政策が進んだが口語レベルでのファルトクノア方言はショアン人やヴェフィス人の母語に影響されて成立した。

特徴

  • ヴェフィス語の読みの影響が強い。語末の子音が欠落し、母音が融合、変化し、長短の区別があいまいになる。
Bafferl /barfow/
Alco /owco/
  • 逆に過剰修正で語の発音が変わってしまっている場合がある。
albes(<aubes)
anfil(<anfiy)
  • 過剰修正で生まれた語と衝突する語形は逆にヴェフィス語の読みで発音が合っているものだと勘違いされて定着している。
anfiy(<anfil)
aus(<als)
  • フィメノーウル関連の単語は党を中心に社会が意図的に意味を代えて利用したため、そのような意味で定着したものがある。
arferdizjerni……党本部、標準語ではAF水家を指す。
linorz……主義、党が推し進める思想のこと、標準語ではフィメノーウル信仰の精霊のことを指す。

ファルトクノア方言
発音/fo:knoavi:ow/
話される国ファルトクノア共和国
地域ファルトクノア共和国全域
話者数不明
言語系統シアン語族
  • リパライン語
    • ファルトクノア方言
表記体系デュテュスン・リパーシェ書写体
Comments