dyinen lurkxarg

リパライン語デュイン方言(標準口語:Dyinen lurkxarg, デュイン方言)とはデュインで話される口語リパライン語である。デュインではデュイン方言が口語リパライン語のスタンダードになっており、非リパライン語母語話者も口語ではデュイン方言を利用する傾向にあり、リパライン語の方言としては話者数一位の巨大リパライン語方言となっている。デュイン語(Dyinevirel)やデュイン標準語(Dyinen foblerkolank)

概要

デュイン方言はデュイン戦争後のユエスレオネの希望開拓者やハタ王国からの大量の資本家、宗教家が移植民として流入されていく中で構成されていった口語リパライン共通語と言える。基層としては古理語デーノ方言を基盤としており、そこにユーゴック語やラネーメ語派、諸リパライン方言が混ざったことにより、それらが平均化した形になった。話者数概算はデュイン全体で7~8億人。下位方言はデュイン南洋方言とデュイン北洋方言で南洋方言が一般的なデュイン方言

字母名称

デュイン方言では字母名称が異なる。
 字母標準語名称
デュイン方言名称
 yXenonen Ur
Yr
 xxer
xiar
 dzdzer
dziar
 s
ser
sal
これら以外は子音+ar/母音+r(北洋方言は母音+rl)になる。

Ex)IEAP → Ir Er Ar Per/Irl Erl Ar Par

音声

音韻

一部の字母の読みに変化が生じている。
 字母標準語
デュイン方言
z
[t͡s][ʈʂ]
h
[h]
[x]
l
[l]
[ɾ]
kh
[x]
[q]
q
[kw]
[kʰ]
-n
[n]
[ŋ]
iの軟音化は適用されず、xia, dziaなどにおいては[ʃia],[d͡ʒia]のように発音される。
字母
標準語
デュイン方言
a
[a]
[a], [æ], [ə]
u
[u]
[ɯ]
e
[e]
[ɛ]
o
[o]
[ɔ]
y
[y]
[ɨ ̃]

アクセント・イントネーション

アクセントは強弱で語頭に付く場合が多いが、標準口語と同じアクセントの場合もある。
イントネーションは標準語と同じだが、公式な場やテレビなどでは抑揚をつけないで話す。

Ex)helzaren → [helˈt͡sa:en]/[ˈxɛɾʈʂæ:ɛŋ]

語彙

標準語と異なる語形の単語が多く存在している。

・発音が異なる
 単語標準語
デュイン方言
読む
akranti
akrante
大宇宙
alceunt
alcent
不正に
andi'an
andzan
公園
ditarle
diterle
ファイクレオネ
faikleone
feikleone
自由
flentia
flenti'a
フォント
garfadent
garfadengt

gustugust
受け取る
icve
icce
ルート
lurto
lurt
寒い
xilnar
silnar
ヴラスキータ
vlaskirta
vlasgirta
ウェールフープ
werlfurp
werlforp
ありがとう
xace
xacce
はい
ja
jad(北洋方言), je(南洋方言)
活用、曲用
fenikfton
fentikfton
不安
enxis
engxis
動く
fudiur
fusiur
(魚)膠
bert
bait
羊羹
tumbert
turnbait
寒天
kartbert
kobait
トイター
toytar
toitar

dexafel
defaxel

・語源が異なる
武器
zant
elrkhews
かんざし
haten tunarxaur
mexerlaztej
眼鏡
petor
lasnej
自殺する
witma
adelbanes
レントゲン写真
celi'eskafi'a
kenconalcarne
奴隷
terxe
adirkhtir
丸まって寝る
kmarlikt
alfi'ante
社会民主主義
jumili'awera
amdzedo
唯一神
alefiseeunascher
alu
郊外
arlendlent
alverk

faista
askis
かっこいい
esvafica
kebala
ファン
lirfer
cukkar
舫い
melfur
feterdz
ヨーグルト
kolzomr
snisnut
チーズ
snisnut
perchu
今日
sysnul/nurun
novar
私塾
atalberjal
cha'khalba
恩を返す
ladristor
dilaxmor
嫉妬する
carde
pelche

wayrsenelen
klert
~らしい
ly
den
逮捕する
sopitlar
hantasn
レンズ
veparme
jirlsma
触媒
nexme
eldin
居酒屋xastalxastyst
 少女miantiersna
 少年mion doversna 

・社会の相違による語差
 単語標準語
デュイン方言
 理由
好戦的な
faltarlen
elmilirfen
 標準語はvaltoalが語源
 Xelken派への配慮
卑猥な
xelkefistirlile
istexalen
 標準語はxelkenが語源
 Xelken派への配慮
右翼
xilke
lenasch
 標準語はxelkenが語源
 Xelken派への配慮
過激派
valtal
stavas
 標準語はvaltoalが語源
 Xelken派への配慮
シーナリア派
valtoltoytar
xirnali'a
 ユーゲ系入植民との接触
デュイン方言
dyinen lurkxarg
foblerkolanken lkurfanggengo
 「デュイン方言」
 「共通口語」
デュイン人
dyiner
mejna
 「デュイン人」
 「仲間、同志、同胞」
開拓民
fecelerca
ixtikteeuer
 「移民、開拓者、入植者」
 「左遷者」(自嘲の自称)
デュイン戦争
DDE(Dyine'D Elmi'esm)
LKE(La Kalama'd Elmi'esm)
 ユーゲ系入植民との接触
デュイン北洋
Nuloven dyinen sistis
Calalis
 造語

・標準語に対応する単語が存在しない

 単語 意味
 dienalfanernfiha 日食の太陽
 dyinelguh デュイン方言
 xufirua おはよう(北洋方言)
 afirua こんにちは(北洋方言)
 nufirua こんばんは(北洋方言)
 -dyst, -yst 借用語について施設、場所を表す接辞
 (借用語以外には-alが付く)

・標準語と語義が違う
 単語 意味
 virot ゲストとして泊まる (fl. 会う、参加する)
 firlex 区別する 見分ける (fl.理解する)

・不規則な変化、活用
 単語 意味
 quante =qanteo

格語尾・接置詞

幾つかの格語尾・接置詞が方言として存在する。
 単語標準語
デュイン方言
能動態以外の行為者
 -'s-'sc, -'x
処格
 io-ska
向格
 -'l-ski
与格
 -'c -'l
共格
 -'tjat
形容詞化
-en
lut
副詞化
-on
lot
前置格
 -'z
意思主格
 
-'s(北洋方言では-'seu)
非意思主格
 -'c(北洋方言では-'ceu)

古い表現の残留

デュイン方言においては古いyの表現やlex類においても助動詞切りの効果を全て持ったり古い表現が残っている。
  • lex類は全て助動詞切りの効果を持つ、la lexはlexだけでも良く使われる。
  • y類より古語のyを利用する事が多い、lut, lotが常用される。
  • esは代動詞用法が無く、teles, stevypで代用される。
  • 受動態、使役態もvel, celを利用する。
  • 名詞を取った動詞の名詞化があまり行なわれない。
  • 敬語が無いためluを使わなかったり、挨拶表現はsalar novarなどになる。
  • -stiは余り使わずtalを使う(しかし大げさな表現として日常語としては忌まれる)
  • 副詞は副詞を修飾できないため、adで繋ぐ。
  • 動詞の動名詞形は語末が母音ならそれと交換になる場合が多い(北洋方言で顕著)

また古語の影響で接置詞は格支配を持つ。
しかし、これ以外の比較的新しい時期に出来た接置詞は格支配を持たない。
(scidz → 主与対属前)
・前置詞
単語
役割
 支配格
atmo
~という場合、~という場合が在る
 i
fal
~で ~において ~に基づいて
 c
fai
~に影響されて
 i
filx
~を問わず、~関係無しに
 z
fon
~の、~で出来た、~として、~となって
 d
fua
~のために
 d
fur
~が、焦点・話題格
 z
jujo
~で、~にて、~を用いて
 c
mele
~の近く、~のそば
 c
mels
~に関する、~にまつわる
 i
snek
~日
 c
stuj
~ヶ月
 c
tas
~を除く ~の場合を除く ~以外 ~を含まず
 z
xale
~のような
 d
ylar
~で ~に ~において
 c
zu
~の特に~、特に~、~として、~となって
 i

・後置詞
単語
役割
 支配格
io
~で ~において ~に基づいて
 c
leus
~を使って ~を利用して
 z
at
~でも ~に於いても ~と共に ~と一緒に
 c
cecio
~の間で ~の間に
 c
celde
~だよ!
 z
cix
~にあたる ~に相当する
 i
el
~まで ~という所まで
 c
etexy
~などの ~等の ~の類の
 d
it
~のせいで ~の影響で
 d
lap
~だけ ~のみ
 i
lar
~まで
 c
las
~なんて
 c
ler
~より ~から
 c
li
~まで ~ほど ~の程度
 c
lut
形容詞化
 d
xale
~のような ~みたいな  d

時制・相

デュイン方言における時制・相は保守的な古理語に強い影響を受けており、過去完了(edioll liaxa)、未来(wioll)、現在進行(liaxu)の三つが優先して利用される。

表現の相違

 標準語デュイン方言
意味
 firlex(3) Niv engxis.
 了解、OK
 suiten salyrdza
 Nedieterski salyrdza
 フォーマルな言葉使い
 fhanka faixes
 fankasen kantieskerss 特別警察
 kyrtaoanfy/tiuntaoanfy tesnok/restut mele
 右舷/左舷
 fua eso V
 alfi V
 Vしようとして~
 S es N'd larva/rout
 S es N-te alve
 SはN歳である
 Edixa jol niv S letix O
 fanme
 S gentuan O.
 SはOを持ってくるのを忘れる
 (S is dhave.)
 S en el nulov.
 Sについて途方にくれる、先が見えない、ダメになっている

デュイン方言考

Comments