aplartvirle

裕福語(aplartvirle, efanelmevirle)とは、三代目リパライン語の方言。

代名詞

普通語の代名詞とほぼ同じであるが、丁寧語では古理語の体系を起源としたものを使う。
複数は単数+als/alle/alsatの形が変化したもの、主格、属格はals、与格はalsat、それ以外はalle由来。
単数 主格 与格 対格 向格
 属格
 私 mi min mir mayl mayn
 彼・彼女 si cie cio can cam
 あなた co cava cas cug cuj
 不定 di du dugs dif dlug
複数
 主格 与格 対格 向格 属格
 私たち m'als m'alsat m'alle'i m'alle'l m'alsen
 彼・彼女等
 s'als s'alsat s'alle'i s'alle'l s'alsen
 あなたたち
 c'als c'alsat c'alle'i c'alle'l c'alsen
 不定 d'als d'alsat d'alle'i d'alle'l d'alsen

動詞の変化

丁寧語では動詞が時制で変化する。
Ⅰ型は母音が語尾のタイプである
Ⅰ型(-V) kanti
 私  彼・彼女  あなた  もの  ~'~
 過去  kanti-vin  kanti-da  kanti-l  kanti-nol  kanti-fal
 未来  kanti-lin  kanti-fa  kanti-cal  kanti-nul  kanti-gal
Ⅱ型では前の母音を緩衝母音とする、ただしuはeを緩衝母音とする。
Ⅱ型(-C) xel
 私  彼・彼女  あなた  もの  ~'~
 過去  xel-e-vi  xel-e-da  xel-e-l  xel-e-no  xel-e-faw
 未来  xel-e-li  xel-e-fa  xel-e-ca  xel-e-nu  xel-e-ga
Ⅱ型は語尾が子音であるものだが-esは-eに変化して、Ⅰ-es型になる。
Ⅰ-es型(-e) jees→jee
 私  彼・彼女  あなた  もの  ~'~
 過去  jee-vin  jee-da  jee-l  jee-nol  jee-fal
 未来  jee-lin  jee-fa  jee-cal  jee-nul  jee-gal
Ⅲ型は語源の語尾がmolで終わるものであり、緩衝母音としてaが入る。
Ⅲ型 amol
 私  彼・彼女  あなた  もの  ~'~
 過去  amol-a-n  amol-a-(r)da  amol-a-l  amol-a-no  amol-a-faw
 未来  amol-a-li  amol-a-(r)fa  amol-a-ca  amol-a-nu  amol-a-g

敬語

裕福リパライン語においては標準語とは独立した敬語構造を持つ。
それぞれ尊敬語(主語の上位性)、謙譲語(目的語の上位性)、丁重語(聞き手の上位性)である。
  話者男性 話者女性 話者中性
 尊敬語 -xtin(e)rlurda -xtin(e)rlurti -xtin(e)rlu
 謙譲語 -rlurlasarda -rlurlasarti
 -rlurlas
 丁重語 -rlurda -rlurti -rlu

裕福リパライン語においては、格助詞の敬語変化が見られる。
 標準語裕福理語
 -'s -'za
 -'i -'ji
 -'c -'xi
 -'l -'ly
 -'d -'dz

Ex) Edioll miss tydiest mi'd jiesnypi'l fal sopej → M'als mayn jiesnypi'ly sopeje'xi tydiestevirlu.


Comments