ショレゼスコ

ショレゼスコ(理:Xol-es-esk-o,再革新)とは、Phil.2004に全国を挙げて統一独裁政党「ユエスレオネ共産党」が行った全体改革運動。セラエゼスコ(Celaesesko,再構築)やイッソド・ユスト・ザスクランテオ(Icco'd yst saskranteo,国家改革)などとも言われる。

経緯

Phil.2003年に革命が成功し、国家の大幅改革が行われ成立したユエスレオネ連邦であったが、これによって計画経済とそれの保護に伴う貿易規制、関税強化が行われ、政治上では共産党半独裁状態や人民議会での矛盾した議論、共産党学校のステータス化、徴兵令の強化などが行われた。また、検閲なども全てに行われ、半計画経済に多大なる影響を与え、海外の経済にも多少の影響をあたえた。ユエスレオネではこれらの積み重なりは最初は、順調に言ったものの制度の矛盾や弱点の影響によって、ユエスレオネ経済は傾いていった。このため当時ユエスレオネ共産党が党を挙げて取り組んだのがショレゼスコである。

概要

ショレゼスコの主な政策は以下の通りである。
  1. 市場メカニズムの採用、計画経済を廃止
  2. 貿易自由化、関税緩和
  3. 共産党議会を廃止し、間接民主制の連邦議会を設立
  4. 検閲機能の廃止
  5. サンディカリズム方向に体制を修正
  6. ユエスレオネ共産党を解散、ユエスレオネ社会党として再構成。

ショレゼスコ危機(連邦通貨危機)

ショレゼスコによる貿易自由化や関税緩和、計画経済の廃止に伴う市場メカニズムの導入によって、連邦の対外通貨はledzに変化し、通貨であった労働点数は廃止された。この改革を見越した外資ヘッジファンドの空売り注文によって急落した。連邦は急遽公共事業に乗り出した。また、準備銀行は貸し出し枠を狭めることで一応の安定を回復した。

Xelken.alesの取り込み

ショレゼスコ危機にともない、増加した失業者をXelken.WsLerは取り込み肥大化、組織自体の方向転換と共に、デュインへ大きく動くこととなる。こうしてxelken.alesは成立を迎えた。

Comments