PCF99 xelt-an'gil

PCF99 シェルトアンギル(リパライン語: Pazen cturlast fon 99 Xelt-An'gil, パイグ語: Xem1 a gua2 月之弓)は、phil.1999年にファリーア・リュヨタフィスが設計し、シェルトアンギル造兵廠によって製造されたアサルトライフルである。99はリパライン語ではanfentiqa fentiqaと言うところから、anfentikaという愛称もある。


PCF99 シェルトアンギルの設計図

開発

設計者のファリーア・リュヨタフィスはライフル弾をフルオートで射撃できる歩兵火器の開発をシェルトアンギル造兵廠に依頼された。試作段階では撃発機構は無事に動作したが、閉鎖機構が不十分だったため、発砲した薬莢が頬に当たり火傷を負った。困っていたところ、ドアが閉まるところを見てリーフロック閉鎖機構を思いつき、製造に至った。ところが実戦導入してみると複雑な削りだし加工を必要とし、故障が多発したために、鳥戦争の頃には当造兵廠により、改修を命じられる。その結果、アルザッツァ軽機関銃で実績のあったロッキングブロック機構に改められた。(PCF99-02 ZYS)

構造

PCF99は、ロングストロークガス圧作動方式で動作する。部品点数が少なく、過酷な環境でも確実な動作を保証する。


バリエーション

-連邦仕様……木製部→樹脂、バナナ型弾倉、セーフティーの順序変更、折り畳みストック
-軽機関銃
-狙撃銃
-大型弾仕様
-カービン的ななにか
-ショットガン
-WP銃仕様
-超省略化設計(悪質模造品)

備品

特徴と逸話
PCF99 Xelt-An'gil

PCF99 Xelt-An'gil
PCF99 Xelt-An'gil
種類軍用小銃
製造国ラネーメ国(開発国)など
設計・製造設計者 Falira.lyjotafis
製造 シェルトアンギル造兵廠
年代1999年
仕様
種別アサルトライフル
口径0.1xpf
銃身長9 xpf
ライフリング
使用弾薬0.1 0.8 xpf リムレス弾
装弾数30発
作動方式ロングストローク・ガス圧作動方式
(99)リーフロック閉鎖
(99-02)ロッキングブロック
セミ/フルオート切替射撃
全長15.4xpf
重量0.3+q sty
発射速度
銃口初速
有効射程
歴史
設計年1999年
製造期間1999年-現在
配備期間1999年-現在
配備先ラネーメ軍および旧リパラオネ連邦陣営の影響を受けた多数の諸国。PMCFやユエスレオネ連邦など。
関連戦争・紛争ユエスレオネ時代以降の多くの戦争/紛争/モンスター退治
バリエーション
製造数
1 1xpfは1/6フォンタローエシュ
2 1styは11.25kg

Comments