ユエスレオネ【人工世界設定】‎ > ‎歴史‎ > ‎philerl‎ > ‎mp‎ > ‎

ユフィア・ド・スキュリオーティエ・ユリア

ユフィア・ド・スキュリオーティエ・ユリア(淮: Yfia de Skyliautie ylia、理: Skurlavenija jurfheija fon yli'a for skyli'orti'e'd 24te sturijeraptanadzarltarvefisterxan)とはラネーメ王朝時代のヴェフィサイト、スキュリオーティエ家24代目当主であり、ナジャールト藩国ヴェフィサイト長である。

生涯

出自

叙事詩によるとスキュリオーティエ家は元々クレオスに由来を持つとされており、元々はサフカレンディア(cahkalendi'a)と呼ばれていた。これは「描く」を表す*səhkəlと古い属格*-ændɾiəがくっついた形によく似ている。叙事詩によるとユフィアは南北アレス氏の戦争が始まってから産まれたことになっているが、記録によるとユフィアが産まれたのはアルザッツァ事件から14年前である。叙事詩では南アレス氏の残虐さが語られているが、ユフィアの産まれた期間はラネーメ王朝四代目皇帝アレス・オブトの改革が行われ、フィアンシャン統合も行われたために平和な時期であった。これに関しては叙事詩の筆者であるアリテに歴史的事実の誤認があったと見られている。

幼少期

叙事詩によると当主継承権を持たないユフィアは親の勧めによってフィアンシャに通っていた。ユフィアはフィアンシャでリパラオネ教学を学びながらも、アレフィスの啓示によって軍備を手伝うなどもしていた。こうしてユフィアは基礎から兵站について学んでいったという。幼少期の末期においてはアレフィスが老人の姿でユフィアの前に現れ、世直しを自分に命じたと自覚して情勢の変革を意識するようになった。

当主となる以前まで

叙事詩によるとこの時期からアルザッツァ藩国とアイル藩国の反目によって南北戦国時代が始まることになり、ユフィアの兄イェリア(21代目当主)、姉ハルタン(22代目当主)、父ウォーキェ(20代目当主)はアルザッツァ藩国のヴェフィサイト長であるサフィア・ド・ジェレニエ・サージェに次々と殺されることになった。出生順によってユフィアは家督継承権第一位となったが戦いに怯えてこれを奢る弟のフェヴィアに渡すことになった。フェヴィアが姉であるユフィアを学者のようであると評している通り、この時点でユフィアは大分学識を持つ知識人になっていたと思われる。結局の所、フェヴィアはサフィアを謀略に嵌めようとしたがこれも失敗し、殺害されることになった。ユフィアは親族が皆殺しにされて絶望し、多大なる犠牲を払いながら山を超えてギューレガードという町から脱出し、その裏の湖の周辺に逃げることに成功した。

当主となってから

叙事詩によるとユフィアは先の戦いの恐れから、当主になることを拒んで精神的に病んでいた。しかし、アレフィスや神族の後押しによって彼女はスキュリオーティエ家24代目当主となり、ラネーメ王朝世界を平和をもたらす決意をするのであった。そんなところでスキュリオーティエ従家であるスロートゲー家の当主の娘であるヴィンシア・ド・スロートゲーがユフィアに決闘を挑むこととなる。彼女はスキュリオーティエ家に従順な家の出であったが、父である当主の死をユフィアの責任であるとしてユフィアを討とうとしたのであった。ユフィアはヴィンシアを軽く捻ってから叱責するとアレフィスがヴィンシアを盲目にして諭した後にユフィアが彼女に触れるとその盲目が直されたのであった。また、ユフィアは士気を失って絶望していたヴェフィサイトたちへの演説に成功し、抵抗の意志を持ち上げた。

三副将との関係


現代との関係

ユフィア・ド・スキュリオーティエはスキュリオーティエ叙事詩の主人公ということもあって、以下の通り現代まで強い影響を与えている。
  • スキュリオーティエ家がヴェフィス共和国の象徴君主となった根拠となっている。
  • またヴェフィス語の「ユフィア」という名前を表す単語に由来しているリパライン語の"yfi'a"は物語の主人公一般を表す名詞として輸入されている。
  • バネアート(どんぐりの餡)はヴェフィスやラネーメでは弔いの儀式の際に供されるものだが根拠としてユフィアの親族への弔いが挙げられる場合がある。
  • ウェールフープを使おうとしなかったり、各所で見せる道徳的な姿勢は子供に道徳性を諭す際によく引用される。
  • ホートシェートという木の名前は「強い誓い」という意味も表すが、これはユフィアと副将たちがこの木の下で敵への復讐を誓いあったことから来ている。

関連項目

 

ユフィア・ド・スキュリオーティエ・ユリア
ユフィア像(Skarsna haltxeafis nirxavija)
人種
リパラオネ系ヴェフィス人 
時代スキュリオーティエの時代~三国戦国時代(mp.4470)
生誕年紀元前4504年シュトゥーガ月12日(異説あり)
死没年紀元前4470年シュトゥーガ月12日(異説あり)
別名
祭祀名シュトゥーガ・ヨーフィェジャ
墓所フィシャ・フォン・フィアンシャ
称号スキュリオーティエ家24代目当主
ナジャールト藩国ヴェフィサイト長
主君アレス・ラネーメ・ギートリスカフィス
氏族スキュリオーティエ
父母父:ウォーキェ・ド・スキュリオーティエ・ウォーリキェ
母:ヴェーヤ・ド・スキュリオーティエ・ヴェーリヤ
兄弟イェリヤ(兄)、フェヴィア(弟)、ハルタン(姉)
Comments