ユエスレオネ【人工世界設定】‎ > ‎歴史‎ > ‎philerl‎ > ‎mp‎ > ‎

Xelken

Xelken(シェルケン)または古理(語)派(理:Penul lineparine'd terse)は、ファイクレオネ政治においては通常、「古理語がより良いものであり、それを使うことが人間にとって良いものであると考え、古理語の復活を支持する層」を指す。曖昧な社会集団を指しており、xelkenすなわちテロリストというわけではない。ちなみに慣例的に悠里ではXelkenとその派閥のみはカタカナで書くことがほぼない。

概要

紀元前ピリフィアー歴1999年、ADLPの成立と共にADLP皇族であるFafs.sashimiによるリパライン語計画が遂行されることになるが、このリパライン語計画は、その時力を持っていたリパラオネ人の言語を統一した人工言語をADLPが統治する世界政府の作業言語とし、各母語と入れ替えようとする計画であった。そうすることで、言語を奪い、新造し、支配する体系を確固とし、バラバラであった言語状況を整理して交易を活発化させようとしていた。ここでADLPは古来からの言語の正統性を守るべきだと主張するXelken派とそうではなくとにかく使いやすい言語を新造するべきだと主張するAkademice派に分離してしまう。基本的にXelkenはこの分離したXelken派に由来するものであるが、ADLPのXelken派とXelkenは完全に同じものを指さない。例えば、xelken.valtoalやxelken.alesなどの過激派はADLPからは追放されており、ADLPのXelken派とは違った見方をしており、穏健派xelkenや拉致被害者による慣行xelkenなどはもはやADLPの施政下ではない時代における特徴的なxelkenの一種を構成しているといえる。

派閥

  • Akademice.lineparineのXelken派……古理語利用の保護・推進
    • Xelken.valtoal……武力闘争による古理語の権威回復
      • 保守派……従来のXelken.valtoalの思想に近い穏健派
      • 革新派……比較的Xelken.alesに近い思想
    • Xelken.WsLer……Xelken国家の樹立を目標とする
      • Xelken.ales……古理語に近い言語によるXelken国家の樹立を目標とする
    • Xelken.toytar……デュインに拉致されたユーゲ人の二世以降がXelken化したもの
    • リパラオネ民族主義的Xelken
  • 穏健派xelken……武力闘争指向でない市民的なXelken
    • 拉致被害者による慣行Xelken……デュインなどにおける拉致被害者の二世以降がXelken化したもの
  • 政党Xelken
    • Xelken平和党
    • Xelken人民会議
    • 革命的シェルケン同盟

Comments