ユエスレオネ【人工世界設定】‎ > ‎歴史‎ > ‎philerl‎ > ‎mp‎ > ‎

ルラディヌアル

ルラディヌアル(古理:Lradinual, 現理:Penul lipalain latirno, ヴェフィス語:Latiènouel Linaiparineit vaut)とは、紀元前に起こったリパラオネ人の哲学である。

リパラオネ・ディアスポラと西リパラオネの成立まで

リパラオネ人は紀元前5148年から紀元前5142年にかけてリパラオネ人王朝であるクワイエ文明を発達させた。この文明においてリパラオネ人の上流階級であるジャンダンジャヒヤの間でルラディヌアルの基盤となる哲学が発達した。主に活躍した哲学者は以下の通りである。時代が古すぎるため後の古リパライン語における名称で呼ばれるが当時の発音は不明。

  • コウネド(古理:kouned, 再構:*kəynend)
  • ジムフグフド(古理:simfghd, 再構:*zəmhlenænd)
  • シャルド(古理:xald, 再構:*ʃəwləsænd
彼ら古哲学者の議論の中心はもっぱらこの世界の原理を知り、より良い生を考えるところにあった。つまり、自然と人間の原理である「本質」と実物としての存在である「実在」の関係とそれらは実際には何なのかということを考えた。

彼らの理論はリパラオネ・ディアスポラまでに次のような学派に分かれていった。

サルドムリレーン学派(sldomlilern) 唯心論、神と精神・魂の存在が本質であり、本質が即ち実在である。
  • 物事の根源は魂であり、精神であり、即ちその根源である神である。
  • 人が何を考えるか思うかによって、それが世界に影響する。
  • 人間の自由意志が存在しているので、全ての歴史は未知数である。
リステンプレーン学派(listemplern) 唯物論、物質の存在が実在であり、実在が即ち本質である。
  • 物事の根源は物質の存在であり、本質は実在に基づく。
  • 物質の理性的法則が実在であり、全ては実在に基づく。
  • 実在の理性的法則に抗うことは出来ないので、全ての歴史は決定している。
シャルドレーン学派(xaldlern) 実在と本質の違い、絶対としての実在と相対としての本質を主張。
  • 物事の根源は実在と本質の関係である。
  • どちらも双方の関係によって成り立ったり、双方のどちらが先立つことはない。
  • 人間の精神の存在は非常に重要である。
フィメノーウル学派(fimenorl) フィメノーウル信仰に基づくサルドムリレーン学派とリステンプレーン学派の折衷。
  • 基本的にシャルドレーン学派の思考を継承する。
  • 「意志物質」、「拡散と死」、「意志物質の熱的死による最高幸福の終末」など。

ヤッド(古理yadd, 再構:*ʝadænd)は次のようにフィメノーウル学派を説明した。
「熱い湯と冷たい水を混ぜると平均化する。星の熱もいつか高山の冷気と平均化するだろう。これは意志物質の働きによるものである。意志物質には濃い薄いがあって、それがゆっくり混じっていく。均一化し終わった時が『全ての宇宙が一意の意志によって包まれ』たときである」



Comments