神聖契約

神聖契約(理:la esten jetiesto)とはアレス系家とヴェフィス系家の間に締結された契約のことである。

目次

  1. 1 概要

概要

Phil.560年ADLPの指導力低下に南北に分離して、ヴェフィス人とラネーメ人の契約ヴェフィサイト制度は弱化し崩壊しつつあったが、ヴェフィサイトを持っていたラネーメ人家系は、ヴェフィサイトにこれからも家について働く代わりに一つの家族集団(トレフォリア, ヴェ:traikfolia)として養ってもらえるという古代の形式を引き継ぎながらも、帝国の興隆から国家独立戦争時代まで適応する制度を成立させた。これらが広まり、散らばった旧アレス王朝とヴェフィス人社会を社会的に再構築させるためアレスとヴェフィスの夜明け(古理:ales add vefise arsar oolaineo)を設立し、そこから神聖契約を形式化させることで成立した。
神聖契約は数千年間守られたが、ユエスレオネ連邦においてはイェスカのユエスレオネ革命によって第一次社会主義ユエスレオネの時代に「トレフォリアは、反革命主義のラネーメ人によるアレス王朝の最後の足掻きであった。」として再教育対象にしていた為数少ないが、トレフォリア関係はPMCFやラネーメ国のアイル人州などではまだ残っている姿を見る事が出来る。
連邦のヴェフィス的萌え文化では、幼馴染というシチュエーションと同程度に出てくるのがトレフォリア関係であり、ラネーメの平民お嬢様とヴェフィスの平民ナイトという構図が良く出てくる。これらは、ファルトクノア政府によってファルトクノア内戦以前にファルトクノア共和国では「実態に伴っていない不自然な物語である」として検閲して回収を行なった歴史があったりする。


Comments