連邦化政策

連邦化政策(理:Fankasanaschrisen parcaxel)とはロフィルナ連邦共同体ツォルマール惑星におけるシャグマ=ラゴン戦争の連邦ロフィルナ講和条約であるファールリューディア講和条約に基づいた租借と租借地に対するファルトクノアの政策である。

目次

  1. 1 概要

概要

Phil.2017年、シャグマ=ラゴン戦争において敗戦したロフィルナはファルトクノアとファールリューディア講和条約(ロフィルナとの講和・エールミトナ太陽系圏第4惑星ツォルマール100年租借、指定品目の関税軽減、輸出入禁止品目の解除)を締約した。それにより、ユエスレオネ連邦租借・移譲地行政法(デュイン、ファルトクノアにも発効中)が発動、ツォルマールはファルトクノアの行政下となり、連邦法及びファルトクノア法が適用されるようになった。また、行政権の移動によりツォルマールに停泊中のニーネン=シャプチ宇宙艦隊の撤退を命令、これを撤退させた。

ファルトクノアはこれに加え、行政通貨のレッジュ統一や理語教育の強制、ロフィルナ語の排斥とプロパガンダ教育を推進、急進的な連邦化を進めたが連邦やサニス条約機構にその統治方法について非難を受けることになる。しかし、以後もファルトクノアはこのような政策を続けた。また、プロパガンダと軍事的挑発によりツォルマール貴族は排斥され、急激に減少した。公国公爵であるアルバス・エルク・デミソルトインフリーに連邦側は協力し、ファルトクノアの圧政に屈しないように金銭や軍事面での支援を行った。
Phil.2018年、連邦にてツォルマール管理行政法案が可決、行政権はファルトクノアよりユエスレオネ連邦に移ることになった。これによって急速な連邦化政策は停止されたが、以後もユエスレオネは市民通貨(メルバ・クレジット)の回復や貴族の回帰を意欲的に支援しなかっためにこの時期の回復は絶望的なものとなった。


Comments