キャスカ・ファルザー・ユミリア

キャスカ・ファルザー・ユミリアKjaska falsar jumili'a, 1813年 - 1992年)はデーノの王朝学、言語学、文献学者。近代的燐字研究の基礎を作り上げた。フルネームはKjaska kjaska falsar jumili'a fon kjafalju jungkar jomele'a for aleslyrlaptaxerf(キャスカ・ファルザー・ユミリア・フォン・キャファリュ・ユンカー・ヨメレア・フォー・アレスリューラプタシェーフ)で、他にパイグ名・タカン語として日来 挽雪山 輪軽琴(kya1 sak2 hua1 let1 zo1 iut2 mit2 lia1)か日来雪琴(kya1 sak2 let1 lia1/kijacuka ketona)を持つ。近代ファイクレオネにおける王朝史や燐字研究で有名。

1831年(18歳)、ナジャールト基礎学院を卒業後、Akademice.lineparineの所轄でFafs.sashimiも所属していたアディア言語開発研究所デーノ・ナジャールト支部言語開発大学校に通い、理語学について専攻した。1833年(21歳)、言語開発大学校を卒業し、アディア言語開発研究所デーノ・ナジャールト支部に入所。古代ラネーメ言語研究に携わることを決意し、ラネーメ国のラメスト総合大学の王朝史の権威であるアレス・ニトレート(Ales.nitlert)教授について三か月王朝史とその資料について学んだ。その後は二年ほどデーノ国やラネーメ国の諸地域を回って、言語や方言の調査を行った。1836年にはナジャールトに戻り、1837年には、博士論文を書いている。1838年よりラネーメ国ラメストの天神大学(siuttun'd kestene)教養学部教授となる。1839年からはアレス主義的ラネーメ古典思想を掲げて燐字音研究やパイグ文法学の研究を進めていった。
1854年に研究論文「Lin-iou-man-ge'd lyjotadirrlbe」(燐帝字母の字源研究)を発表する。これはラネーメ研究者に対して燐帝字母という研究が進んでいなかった、そして認知が及んでいなかったラネーメ古代言語分野への好奇心を奮い立たせ、後の古代ラネーメ研究を進めたと評価された。1865年には、複数のメンバーと共に『燐字理語辞書』を出版。1992年、第二次HA戦争が発生。資料整理中のユミリアは攻めてきたレアディオ兵に対して資料を守るために施設に立てこもり抗戦するも、銃殺され死亡した。180歳没。

研究

キャスカは、燐字源学をまず推進した。その研究の中で燐字の元となったラネーメ表意文字にたいして、伝統的な研究では、単一の文字体系として発達したと主張していたところに対して、複数の資料・碑文の研究から、複数の文字体系の総称であると主張した。これは、以降のラネーメ系文字の研究においても同意されている解釈となっている。
キャスカの字源研究では、当人のラネーメ史研究によって明らかになった非リパラオネ政治の時代における文化・風俗が重要視された。その中でキャスカは、燐字の成立に対してはラネーメ表意文字が重要であり、そのラネーメ表意文字の成立はラネーメ民族の根源的人間観である呪術と強く関係していたとし、燐字の字源に対して呪術にまつわる解釈をほぼすべての文字で行っている(ガシー字源主義)。これに対しては、後代の学者から批判を受けており、字源学としては後世の学者である(学者名)に大規模な刷新の必要があるとされた。また、ラネーメ文化圏における文字・文学・教育改革を進めていこうとするレシュト・アレス主義的ラネーメ古典思想を提案し、ラネーメ圏の諸言語の別単語の同じ意味の単語を一字で表していた時代に立ち戻って燐字文化圏を復興させるべきだと主張した。彼女の研究は後世で根拠不足などで大きく批判を受けることになったが、いずれにせよ、彼女の革新的研究は現代のラネーメ歴史言語学・燐字学の礎となっており、著作の多くは今日でも価値あるものとして参照されている。

逸話

  • ガシー字源主義に傾倒した原因として、資料の不十分な検証と共に当時がナショナリズムの時期であり、リパラオネ人のラネーメ人に対する偏見が最も高まった時期といえ、科学的にもラネーメ王朝初期はリパラオネ教政治が行われていなかったことが分かり、そういった風潮が学術社会にもあったと考えられている。
  • 本人は敬虔なヴィデュン派リパラオネ教徒であった。
  • 母語はリパライン語であったが、パイグ語、アイル語、タカン語、ヴェフィス語が話すことができた。
  • 趣味はパイグ将棋であり、何か暇あればいつでもどこでもパイグ将棋のセットを取り出して一人でもやっていた。当時行われていたデーノ国のパイグ将棋大会では毎回上位にいたとされている。
  • ラヴィル・ドゥ・エスタイティエ・ラタイハイトは1980年に天神大学教養学部に入学しており、キャスカ・ファルザーの教え子であり、彼を自分の後継者の候補に入れていた。
  • キャスカ・ファルザー家は貴族家であり、年少時代の学校では常に疎まれていたという。彼女自身、この寂しさを打ち消すためにラネーメ研究に傾倒していったということを発言している。

主要著作

  • "Lin-iou-man-ge'd lyjotadirrlbe". Lbe fon lanerme(1854)
  • "Lin-man'd levip fon lineparine". ADLP'd larchacfser(1865)
  • "Fafsirl fon <Lbeeso dieniep fon lo'raihel>", Lipalain metiolyrren kademes(1892)
  • "Dzarnarsaskrant fon acirlon fua plergala'd novilen acirlon"(1899)
(考察中)

メタ

  • 燐字海のそれぞれの文字ページに「キャスカ・ファルザーの字源」として彼女の研究(殆ど1854年のもの)として発表したものが載っている。

Fafs F sashimiによる
Falira.lyjotafisによる
Fafs.lavnutlartによる

Skarsna haltxeafis fankaseuafisによる


Skarsna haltxeafis nirxavijaによる
キャスカ・ファルザー・ユミリア
Kjaska falsar jumili'a

キャスカ・ファルザー
生誕1813年7月12日
デーノ国 ナジャールト アルザッツア
死去1992年6月27日 
デーノ国 ナジャールト プラフェーユ
時代レシュト・アレス主義
地域リパラオネ・アレス主義
学派キャスカ・アレス学派
研究分野王朝史、王朝碑文研究、燐字源研究、燐字音学、パイグ文法学
主な概念ガシー(呪術)字源主義、レシュト・アレス主義的ラネーメ古典思想、リパラオネ・アレス主義言語学パイグ文法学
影響を受けた人物: アレス・リン、アレス・レヴィアイェクト・ユピュイーデャ、クア・フォ・プア、シェルケン・スカーナ、ヴァラー・フェレザ



影響を与えた人物: ラヴィル・ドゥ・エスタイティエ・ラタイハイト、ドロワサン・ドゥ・ヴェフィサイティエ・ドロワヴェサン

Comments