K-18 ヴェルガン・グスト

K-18 ヴェルガン・グストはユエスレオネ連邦軍の戦車。

開発の経緯

デュイン侵略後、各勢力からの侵攻を防ぐには既存の装甲戦力では不足と考えたユエスレオネ軍部上層部は戦車の開発に着手。装甲目標を貫徹でき、歩兵の支援を行うというコンセプトのもと、対戦車、対人双方をこなす戦車となった。Velgan gustは「ヴェルガナの矢」の意味で、リパラオネ教の古代教典であるファシャグノタールの戦記章に書かれている神の使いであるヴェルガナの神の怒りを利用した武器を指す。































K-18 Velgan gust

K-18 ヴェルガル・グスト
性能諸元
全長6.5 m
車体長? m
全幅3 m
全高2.68 m
重量? t
懸架方式シーソー式独立懸架式
速度72 km/h
行動距離? km
主砲57mm対戦車砲
副武装7.76mm機関銃
(アルザッツァと互換)
装甲正面 56mm
側面 30mm
後部 10mm
砲塔正面 70mm
砲塔側面 40mm
エンジン4ストロークⅤ型6気筒エンジン
乗員5 名
Comments