ユンカーの鐘

ユンカーの鐘(理:Jungkar'd fifla)は、Phil.2144年におけるハタ王国の孤立結界崩壊から始まるターフ・ヴィール・ユミリアの失脚を指す。

目次

  1. 1 概要

概要

Phil.2144年、ハタ王国における孤立結界の崩壊とともにハタ王国はゲレイス合衆国などカラムディアの外部世界との交流を行うことになったが、ここにきて野党人民会議党などは首相であるターフ・ヴィール・ユミリアの初動に関して酷く批判を行った。内容としては、ユエスレオネとハタ王国による安寧な社会主義社会を壊す勢力が現れたのに対して、傍観しているだけであったというものであった。また、ラネーメ民族党のアレス・ユンカーからはユミリアによる政治資金の私的流用、機密情報をハタ王国などに流出させていた問題が発覚。収賄罪、連邦情報管理法などに違反している可能性を示唆した。ユエスレオネ社会党はユミリアのイメージダウンによる次の年の総選挙での敗退を避けるためにユミリアに辞任を促していたが、ユミリアは頑固として首相の座に就き、私的流用や機密情報の流失を否定し続けた。本土の出版社であるアシールステーが出版する週刊誌「アシーレスタン」ではこれらの流れを指摘したアレス・ユンカーと、ユンカー(jungkar)が日の落ちる時を司る神族であることから、「ユンカーの鐘」と名付けた。ここから一般的にこの流れはユンカーの鐘と呼ばれるようになった。
Comments