フォルシンソ計画

フォルシンソ計画(古理:Pholsinco likalo/新理:Aziurgen Pholcins)とは、デュイン・シェルケン政権ができたphil.807年から、デュインの各地で行なわれた都市・市民計画である。

目次

  1. 1 概要

概要


Xelken.valtoalは、デュインに進出したものの凶悪な人手不足に悩まされていた。また、ヴィッセンスタンツ紛争による混乱によって、都市計画もまともに出来て居なかった。ここでxelken.valtoal本部は、デュインでの市民計画として作戦名「フォルシンソA」を命令した。以下のような命令であった。
  • 諸国よりネートニアーを拉致すること
  • 拉致した土人は古理語やリパラオネ教の再教化を行い、最低五ヶ月の収容所生活をさせる。
  • 収容所生活の後に最小自治単位フィオン(fhion)に民族や母語が被らないように配置する。
同時にxelken本部は作戦名「フォルシンソI」を命令、都市計画について次のように言及した。
  • 最小自治単位フィオンは多民族生活集団であり、それぞれの工業、農業、商業を分離する。
  • 3×7のフィオン集団を囲むXelken指導事務所西東三個と北三個、南には司令庁を置く。これは教育、行政、警察を担当する。
  • フィオン集団と囲むxelken集団を一つの都市として扱う。
これらフォルシンソ作戦が進められることによって、拉致されてきた人員の教育、健全な生活が営まれるようになったとされており、また、非常に生活環境は良かったとされている。拉致されてきた被害者に対する態度にはxelken組織員ごとにばらつきがあったとされている。


Comments