Eo taloraxe'd canis'd alarta

サニス条約機構・連邦影響圏相互防衛条約機構(Eo taloraxe'd canis'd alarta・Fankassta yst imilerkirt eo taloraxe'd alarta/ETCA・FYIETA)はDAPE後に出来た連邦影響圏の組織。

概要

DAPE終了後、サニス第三条約の加盟国の第三回目会談が行われたがxelkenによる攻撃の危険は残されていた。
デュインを含む条約加盟国の攻撃性を否定するためECTA・FYIETAが連邦と王国を軸に設立された。

業務


国内を調査し条約加盟国のいずれにも攻撃の意思が無いことを調査する。また、必要があればサニス第三条約に沿って治安維持に協力する。平和・平等・安全を標語として加盟各国で人道的支援や国際事業なども行う。

疑問点

ECTA・FYIETAにはサニス第三条約加盟国以外の侵攻に対処できるように書かれていないために連邦以外の各国がサニス第三条約非加盟国に攻撃された際に協力できないと言う点がある。

下位組織



サニス条約機構
各国語表記

Eo taloraxe'd canise'd alarta(理)

Aarta fo sanis raakasok(有)

Kóadaa a sanisen wada(ア)

Fydusis fol Saniait Ficies(ヴェ)

Avarta fon Kanocach firche(ラ)

Alátä mjús sanisiš(リ)



概要専門機関
略称ETCA
代表Ales F. lifarlin    
状況活動中
活動開始phil.2004
本部デュイン・サニス県           
公式サイト
Comments