フアーラエイン作戦

フアーラエイン作戦(Jalfkarken fuarlaein)は、2000年に発生したクランタル区庁占領事件で人質となった区庁職員及びその家族、市民たちを113名を救出する目的で2010年1月1日から1月4日に行なわれた「デュイン・クランタル特別行政自治区人質救出作戦」、「デュイン・クランタル特別行政自治区市民保護・全軍撤退作戦」の通称である。

概要

Phil.2010年1月1日、Xelken過激派であるXelken.alesの過激派がクランタル独立行政自治区を占領、軍事機関の一部や警察、役所を制圧し、連邦に古理語教育の拡充に対する確約をするよう要求した。これに際してデュイン総合府外交部は連邦に方針を相談する。しかし、当時はデュインが独立開放したばかりであり、連邦の介入をしてしまうと国際社会からの非難を受けると考えた連邦はデュイン自身の解決を求めた。

デュイン陸軍司令官であるターフ・クラナファ(Tarf.klanafa)は、xelken.alesに対して「大いなるテロ行為であり、デュイン体制への大いなる挑戦と敗北を意味する。」と発言し、1月1日中にデュイン陸軍内地方面特殊中隊中隊長レシェール・クラナファ(Lexerl.klanafa)を召集し、作戦立案をした。

まず、クランタル島の状態であった。デュイン陸軍が危惧していたクランタル港の状況についてはx.a.の蜂起時点からクランタル艦隊と海兵隊が周辺地域を守っていた。このため、レシェールは向かい側のデイシェスから出航、上陸した後、区庁に集められた人質を回収する「デュイン・クランタル特別行政自治区人質救出作戦」を発案した。そして、情報があったデュイン・クランタル艦隊及び海兵隊の消耗戦の可能性を鑑み、クランタルからの一時全軍撤退作戦をあわせた「デュイン・クランタル特別行政自治区市民保護・全軍撤退作戦」を発案、当日直にレシェール特殊中隊隊長を含むクランタル撤退作戦独立特殊中隊(通称特殊中隊)が結成された。そして1月1日午後9時00分、特殊中隊はクランタル・エウフレンチャ港(Krantal=Euflentia)からヤフェラージェウスⅡ型強襲揚陸艦ヤフェラージェウス(jafelardzeuss)が出航した。


第一作戦

1月2日午前4時27分、ヤフェラージェウスはクランタル艦隊WPS型駆逐艦エウヤーケス(eujarkess)、エウヤーレザス(eujarlesass)に護衛され、クランタル港に入港する。レシェールは、クランタル艦隊総司令官ヴァレス・フィスリア(vales.fhisli'a)に会い、これらの作戦事情について説明、クランタルの状態について説明を受けた。隊員たちは午前5時丁度にクランタル港を出発、海岸沿いの森のルートを通りながら、道中に居たxelken.ales兵を殺害していった。午前七時、クランタルは豪雨であった。視界が悪いのを良いことにクランタル区庁舎に簡単に接近することが出来、クランタル区庁舎にいたXelken.ales兵士6名を殺害して人質を奪還しようとしたが、不手際で庁舎の上部に居た兵士に隊長が撃たれ負傷する。ただし、ケートニアーであったことと撃たれた場所が良かったこともあり回復は早かった。

この後に区庁を離れクランタル港に向かう特殊中隊であったが、この区庁での一戦の影響で警戒が強まっており、東北クランタル港周辺で装甲車に攻撃を受けたため、乗車していた兵士数名が、制圧のために装甲車を降り、排除後東北クランタル港のXelken.ales包囲網をくぐり、装甲車を奪還し、同じくクランタルに向かった。

第二作戦

クランタル港に到着した陸軍特殊部隊と海軍が合流、救助した市民を乗せた離脱艦隊(ヤフェラージェウス、Kaceler型巡視船12艦、WPS型駆逐艦エウヤーケス、エウヤーレザス)は出航するが、出航とともにXelken.alesに作戦が傍受され、Xelken.ales側は東北クランタル港より、幾つかの艦艇を出航させて対処に当たろうとした。これを察知したデュイン軍デイシェス方面隊は、WPS駆逐艦およびクランタル艦隊FAFS型戦艦 1番艦 FAFS 二番艦 VIOKKを出撃させた(北デイシェス海海戦)

フアーエライン作戦

戦争デュイン・アレス独立戦争
年月日:2010年1月1日
場所:クランタル特別行政自治区庁舎
結果:一部市民と全軍の撤退が完了
交戦勢力
デュイン総合府連邦派
ユエスレオネ連邦
Xelken.ales
デュイン総合府独立派
指導者・指揮官
Tarf.alexia(連邦軍)
 Tarf.klanafa
(デュイン陸軍総司令官)
 Lexerl.klanafa
(デュイン陸軍特殊中隊)
Xelken ales vierna
(x.a.クランタル大隊)
戦力
デュイン陸軍・海軍
X.a.クランタル大隊
損害
死者 69名
負傷 3名

WPS型駆逐艦
二隻撃沈

Kaceler型巡視船
十四隻中六隻撃沈
死者 106名
負傷 13名

WPS型駆逐艦
一隻撃沈
Comments