dyin

デュイン戦争とはデュインで発生した2002年から2003年の紛争を指す。

ヴィッセンスタンツ紛争


phil.2002/10月、Xelken.valtoalクワクは独自の調査網によってデュイン・デイシェス地域に侵入、原住民の国家であるヴィッセンスタンツ王国に「古理語服従・徹底抗戦・王政破壊」の『アルマト三条項』を提示した。これに憤怒したヴィッセンスタンツ王ルンスフィーア二世(runsfiiaⅡ)は、これに締約せず、Xelken.valtoalに宣戦布告を行った。しかし、圧倒的な軍隊と兵士の量、ウェールフープによる攻撃方法によってハルマット王国を敗走させた。これに伴って持病を患っていたルンスフィーア二世は崩御し、後継人であるアルムフィーア王子(almfiia)にその王位を継承した。アルムフィーア王は、xelkenがデュイン近海の航海術を知らないということに着眼点を付け、シェルタズャートに王都を遷移した。


デュイン戦争

11月 ここで連邦軍諜報部がxelkenの動向をキャッチし該当地域に調査員を送るがみな殺される連邦はこれへの報復としてxelken領地への宣戦布告する。
12月 連邦軍とxelken領地の戦争とともにxelkenのテロが過激化し経済や安全保障に著しい影響が出始める。
phil.2003/1月 Kariaho=Sukarmrei(ハタ王国 王)とAles.skadzyr(連邦政府 総務省大臣)のサニス条約→拉致の規制と引き換えに連邦の戦争に加勢
xelkenが弱力化してくる。 ハタ王国の独裁派がxelkenに加勢
phil.2003/2月 連邦側が勝利。 新国土デュインとして成立。 降伏したxelkenの居住区とともにユエスレオネの人口密度問題の解消を目的に移住制度を開始する。動員された兵士は18,000,000〜24,000,00で死者は30000~50000であった。








Comments