ヴェフィス共和国

ヴェフィス共和国(理:Chafiofesen Vefise, ヴェ:Paifeanicha Vaifiseit)はPMCFに属する主権国家の一つ。
ヴェフィス語での国名はPaifeanicha Vaifiseit(ペフェアニシャ・ヴェフィサイ)、リパライン語ではChafi'ofesen Vefise(チャフィオフェゼン・ヴェフィス)である。ヴェフィスの語源としては、いくつかの説がある。
  • アレス王朝に残ったリパラオネ系人が自らをエタンセンス語でown e'tf shurnaerss(唯一の素晴らしき者たち)と呼んだところから。
  • 古理語のuoaji furss(擦る風)と同根のものから。
  • リパラオネ教ヴィデュン派教祖のフィシャ・ヴィデュンのヴィデュンに関係している。

国旗・国章

建国と同時に制定された。国旗は「着物(ailles)の色に帯の色を重ねたもの」または「闇を切り裂く刀の一振り」で、国章は弓をイメージする三日月、矢、剣、スキュリオーティエ家を表すドクダミの葉、水鏡、PMCFの標語である「人と自由」を燐帝字母の人が光っていることで表しており、いずれもヴェフィサイトであることと、ヴェフィス人としての文化、PMCFとしての連合を代表しているものである。

歴史

アレス王朝初期

ヴェフィス人の根源は、リパラオネ王朝が滅ぼされた後のアレス王朝に残ったリパラオネ人であるが、ここではアレス王朝という政府と貴族分家領の分離とヴェフィス人がそこの防衛に就くことによって納税を免除された。貴族家領とこのヴェフィサイトの関係はどんどん強くなっていたために4491年の皇帝アレス・フヅミによる王国領再編までにヴェフィセンディア体制(理:Parcdirxelen veficendija)というこの時期特有の社会構造が形成された。
ヴェフィセンディア体制では、ヴェフィス人は本家とそこから派生した分家をまとめた単一の氏族を単一単位として、アレス王家か貴族家に使えた。男子は武士として戦場に向かって貴族家を守護することに努めるヴェフィサイト集団を構成し、女子はお手伝いとして貴族家の家政婦を担うメイド組織であるメイェニエ集団を構成し、初老からは(貴族家の)フィメノーウル信仰を支えるタミア集団を構成した。タミア集団は仕える貴族家に対してヴェフィス人氏族の家父長的強権を持つ合議集団でもあったため、諸領の殆どでは、ヴェフィス氏族の権力と家柄の強さを根拠に貴族家の政治的・軍事的方針を補佐する立場にもあった。ヴェフィサイト集団とメイニイェ集団は主にそのヴェフィス氏族によって構成されたが、ヴェフィサイト集団には農村民が男子を、メイニイェ集団には商人家が女子を、いずれも税の免除のために送ってたために集団内で構造が出来上がっていた。
Phil.4550年ごろになると教法学と興りと共にアレス王国のリパラオネ教法国家化が進み、またアレス皇帝アレス・オブトにより階級再編が行われることになる、ヴェフィサイトはこの体制の中で確立した階級者としての地位を獲得することになる。4491年、アレス・オブトが急死し、その次の皇位継承者であるアレス・ショドゥブリプも次いで急死し、次男のアレス・フヅミの時代となる。フヅミはは王国領を再編し、地方自治権を認めることになるがこれが元としてヴェフィスサイトをまとめる水家の連合である水家組合同士の戦いが悪化していくことになる。北アレス氏と南アレス氏がそれぞれを朝敵とみなして争った末に最終的にはユフィア・ド・スキュリオーティエ・ユリアが南アレス氏を討ちとることによってこの南北戦争を終わらせるものの、スキュリオーティエ家のヴェフィサイトがフィシャ・フォン・フィアンシャを襲撃し、フィシャ・レシェールを殺害したことに始まるファリアガード戦争によってユフィアは死ぬことになる。再燃した貴族とヴェフィサイト同士の対決はヴェフィサイト同士の決裂により、政治的解決が求められアレス王朝の支配地域はサーム講和条約によって分解され、連邦制となって解体され、ヴェフィサイトは一部を除いてスキュリオーティエ家を中心として、シェルトアンギル公国の建立により独立を果たすこととなる。

シェルトアンギル公国

サーム講和条約によってスキュリオーティエ家の主権が認められ、独立することになる。スキュリオーティエ家は領地称号であるア・シェルト・アンギル(ats Chailté-Angilé)を付けるようになり、当主グラルティア・ド・スキュリオーティエ・ア・シェルト-アンギル・グラーリティ(Glartia de Skyliautie ats Chailté-Angilé Glarliti)はファリアガード戦争によって崩壊したスキュリオーティエ家体制を再建させようと、ヴェフィサイト家と藩国主家の時代が終わり、正規軍が作られていく時代の中のヴェフィサイト家を従属ヴェフィサイト家などヴェフィセンディア体制に組み込むことでヴェフィス法に基づいた保護を行った。
しかしながら、ヴェフィセンディア体制にあるアレス貴族家が居なくなったためにスキュリオーティエ家がこの立場を踏襲した(武家王、Bloument ailyriaut)。従属ヴェフィサイト家を統一して統制するためにスキュリオーティエ本家から創立した分家スキュリオーティエ・エトワロー(Skyliautie-aitoilaut)家が創設され、これが本家のヴェフィサイトとなる。当主はレイヴァー・ド・スキュリオーティエ-エトワロー・ア・シェルト-アンギル・レリーユ(Laiyva de Skyliautie-aitoilaut ats Chailté-Angilé Lailiy)である。

ADLPヴェフィス地域政権

ADLPによって公国体制は破壊された。しかしながら、整理されヴェフィサイトは地域政権の主として復活した。しかしながらヴェフィサイトはすでに武装解除されて、解体されていた。この時代より、ヴェフィス人としての国民性をさらに求めるようになっていった。

デヴィージ帝国ヴェフィス地域

ヴェフィス人達は他のリパラオネ人たちと協力して、アレン・ファーリンテンを皇帝に推戴した。しかしながらアレンはヴェフィス人の伝統や儀式を顧みなかったためにヴェフィス人は反発した。

宗教戦争時代

宗教戦争時代に入ってヴェフィス人のフィメノーウル信仰や伝統的家の制度を顧みなかったリパラオネ教勢力に反感が集まり、ついにはナショナリズムに押された結果、市民革命であるところのヴェフィス革命(Redresoiré Vaifiseit)によってリパラオネ人ナショナリズムを掲げてリパラオネ共和国が成立する。当初のリパラオネ共和国はスキュリオーティエ本家を国王(salfli'ar)として立憲君主制ながらも君主が強い権力を持ち、国家が国民の人権を制限しやすい状況になっていた。このときからスキュリオーティエ本家当主であるベーリア・ド・スキュリオーティエ・ア・シェルト・アンギル・ベリーリア(Bailia de Skyliautie ats Chailté-Angilé Baililia)はリパラオネ共和国皇帝の称号を有した。また、武家王制に従って、スキュリオーティエ・エトワロー(Skyliautie-aitoilaut)家を中心とした国家軍が形成された。

独立国家戦争時代

リパラオネ共和国ではレシュトやチャショーテの影響を受けた勢力が何度も立ち上がり、ピリフィアー歴1630年からヴァラー・フェレザが率いる保守勢力とアルフィサザン・リツの率いる革新派が武力衝突し、レシュト紛争と呼ばれる内紛へと発展する。ピリフィアー歴1655年、レシュト紛争はそれぞれがリパラオネ民族主義と共和国革命派に分裂することで停戦合意を行って終結した。ここでリパラオネ連邦共和国が成立し、それまでの立憲君主制から社会主義体制へと転換した。スキュリオーティエ家は連邦共和国に加盟していないレアディオ、クワイエに亡命した。

ヴェフィス共和国

変性生物の出現後、スキュリオーティエ家やその他のヴェフィサイト、また一般のヴェフィス人などはリパラオネ連邦共和国のユエスレオネへの誘導を受けられず地上に残された。ヴェフィス人たちはピリフィアー歴2002年に現在のヴェフィス諸島域に到達して、リパラオネ連邦共和国ナジャールト地域の知事であったターフ・クリェーギヤを中心にヴェフィス暫定政府が成立する。しかし、ヴェフィス人が大多数であり、クリェーギヤは暫定政府からヴェフィス人を排除したことから不満が高まった。ヴェフィス人で副首相であったクロウディア・ドゥ・デヴァニエ・クロウヴァディ(Klaudia de Daivanie klauvadi)が解任されたことから、ヴェフィス系リパラオネ人であるスクーラヴェニヤ・アプラータフィス(自称アプラーティア・ド・スキュリオーティエ・アリプラ, Espratia de Skyliautie Alipra)を中心とした自由進歩革新戦線(Wellaitoilé wellois v'anfilé v'adoiesnais)が放送局や政府官邸などを占拠した。グリェーギヤを含め政府に居たリパラオネ人は全員が自宅軟禁状態や戦線によって身柄を拘束され地位を剥奪、解任された。ピリフィアー歴2002年にPMCFでの民族共和国の成立とともにヴェフィス共和国は成立し、ロウディア・ドゥ・デヴァニエ・クロウヴァディを中心にクロウヴァディ内閣が成立した。またこの時点でスキュリオーティエ家による王政も象徴的に復活し、国家の主権からは排除されたものの国の象徴や一つの機関として残っている。

政治

ロウディア・ドゥ・デヴァニエ・クロウヴァディとその政治的関係者及びスクーラヴェニヤ・アプラータフィスの率いる自由進歩革新戦線のメンバーは一つとなり、統一国民戦線(WFA)という政党となった。

政治体制、議会制度、選挙制度、大まかな政治闘争の歴史

政党

 政党名(日本語) 政党名(ヴェフィス語) 方向性
 ヴェフィス社会党 Tufait Chemaitiaut Vefiseit
 (TCV)
 ユエスレオネ共産党に影響を受けた社会主義政党
 統一国民戦線 Wellaitoilé Falsoi Alfiais
 (WFA)
 ヴェフィス・ナショナリズム、基本的にヴェフィス家の支持を得ている。ラネーメ民族党、リパナスなどに影響を受けているが中道右派政党。
 国民少数者会議 Tufait Alfiais Faimieit Vois Falsoi
 (TAFVF)
 国内の少数派(ラネーメ人やリナエスト人)を代表する政党。主にラネーメ人に支持されている。
 全ヴェフィス・リパラオネ教会議 Tufait Alfiais Linaiparineit Vaifiseit Allid
 (TALVA)
 リパラオネ教政党であり、教法国家の成立を目指す保守派政党。リパラオネ教徒のヴェフィス人やアイル人に支持されている。
 全国統一学術連盟 tufait alfiais laissegartait chautoua alfiais
(TALCA)
 王党派であり、立憲君主制・市民革命的価値観を支持する保守派政党。自由主義。

警察・情報機関


軍事

陸軍

主要装備が各種火砲560門、戦車350輌、装甲車2850両、ヘリコプター120機、巡視艇等25隻からなる陸上軍事実力。
実質特別部隊が主要であり、主要火器は、PCF99 シェルトアンギルLPF82 アルザッツァ、(サブマシンガン)、(ケートニアー用22mm口径対物拳銃)、(スナイパー銃)、サーベルなど。車両はK-18 ヴェルガン・グストなど。

海軍

PMCF海軍として統合されている。連邦デュイン軍から引き渡しを受けたWPS型駆逐艦、Kaceler型巡視船などを改造し、ミサイル駆逐艦にして運用している。

空軍

PMCF空軍として統合されている。連邦空軍から引き渡しを受けたキート、リェーン・タット、リェーン・タットⅡなどが運用されている。

ヴェフィサイト(騎士憲兵科)

ヴェフィサイトが由来の警察・憲兵組織である。
  • 特殊作戦部隊
  • 近衛部隊
  • 警察部隊
  • 機動部隊
  • 海上保安部隊
  • 航空保安部隊
  • 情報部隊

国際関係

世界中に住むヴェフィス人との協力関係を保つためにヴェフィス共同体による強固な関係を持っている。PMCFに加盟しており、独立はPMCF内では最も早い。ユエスレオネに次いで、連邦影響圏に影響を及ぼす国家であるとされており、PMCF内での軍事的リーダーであるとともに、国際的なリーダーシップを各地で見せつけている。

地方行政区分

ヴェフィス共和国の行政区分は国家の下に州、その下に市、町、村を配置したものである。
 1Vais de Airia (エリア州)
 2Vais de Airia Fasilchalaut (東エリア州)
 3Vais de Airia Toustaut(南エリア州)
 4Vais de Airia Nuleit (北カキア州)
 5Vais de Kotel Enould Noblait (コトー・エヌルド首都圏州)
 6Vais de Kotel Toustaut (南コトー州)
 7Vais de Kakia (カキア州)
 8Vais de Meinechè Vois(小島州)
 9Vais de tamchieroumioi (タムシエルミワ州)
 10Vais de Meinechè Poulous Nuleit (北蒼州)
 11Vais de Meinechè Poulous Toustaut (南蒼州)

主要都市

デルタ地帯に広がる首都コトー・エヌルド(Kotel enould)、鉱山の街として栄えたクワンファマニヤ(Kointfaméania)、古くからのアレス王朝とヴェフィスの伝統を残すコトー・ヴン(Kotel voun)などが主要都市として発達している。

環境

地形

アイル国境側のヴェフィス本島の
kafechaté山
4つの島によってヴェフィス共和国は構成されている。
  • meinechè enould(新島、アイル本島の南に位置するヴェフィス本島)
  • meinechè vois(小島、ヴェフィス本島の南に位置する小さい島)
  • meinechè poulous(蒼島、小島の南に位置する中くらいの島)
  • meinechè tamchieroumioi(タムシエルミワ島、ヴェフィス本島の西に位置する島)
面積は24237072Sfta²(約72784.5km2)であり、イスパニョーラ島より少し小さいほど。本島の中心部に3,000m級の山が連なる。地震活動が活発な地域に位置し、温泉が豊富である。本島の中心地域は山岳地帯であるために港に近い平地地域が発達している。首都のコトー・エヌルドはデルタ地帯に発達した。

気候


全体的に地中海性気候、温帯湿潤気候に分類される気候である。平地を発達させたデルタ地帯では、暑くなってくる5月~7月の間は吹き付ける海風を高山が受け止めて、雨季になる。8月から10月の初めまでも天候は不安定だが、基本的に日が照る。10月中旬から3月までは温度が低下し秋、冬を経て、4月~5月の春がくる。雨季の雨量は多く、毎年離島地域では大きな被害が発生し、PMCF軍による救助・避難支援が行われる。

植生

温帯である地中海性気候は樹林気候であり、樹木が育成する。柑橘類が多く、樹木はツバキ科、クスノキ科のような葉が厚く、寒さと乾燥に強いものが多い。

経済

農業

ヴェフィスヤシ(vefisait nuporju)やぶどうやトマト、トウモロコシの栽培が活発である。酪農では、ラネーメ圏の影響で牛より山羊を放牧することが多い

鉱業
ウェールフーポ鉱石が良く産出されておりウェールフープ動作器への需要に対して世界シェア2位を取っている。また石油、石炭、天然ガスなども離島付近から良くとれる。

工業


貿易


交通

ヴェフィス交通局、ヴェフィス共和国運輸事故調査委員会(CV-VJDzY)+騎士憲兵科情報部第一課

道路

高速道路、バス輸送、タクシー

鉄道

ヴェフィスMRT(ヴェフィス都市高速鉄道)、特急、列車設定

海運

空運

ハブ空港、飛行場、乗り入れ航空会社、フラッグキャリア

国民

社会保障


言語

主に国内では広くヴェフィス語が話される。リパライン語を解する者も多いが、口語でリパライン語を話したがらない傾向がある。東島通商語は一応通じるという程度である。国内ではヴェフィス語の方言変種等はほとんど見られない。共通語による教育が徹底されているためである。また、PMCF内で最も外国語の平均的点数が低いという統計もあり、リパライン語を含め外国語に苦手意識を持つ人間も多い。現代標準リパライン語、ペーゲー・ド・ヴェフィス、東島通商語、ブルミエント・チャウデ語なども話されるが、言語権の保護が万全に行われていないとユエスレオネからは批判されている。

宗教

フィメノーウル信仰リパラオネ教が主要な宗教である。フィメノーウル寺院である水家はラネーメ各地に存在しているが、ヴェフィス共和国内に作られたものはユエスレオネ時代後の新しいものが多い。リパラオネ教教会はユエスレオネの接触後に増え、いくつかの末端フィアンシャが存在する。末端フィアンシャは豪雨による災害において毎回各地への救援を行っている。

セクト対策


教育


文化

食文化


文学

スキュリオーティエ叙事詩(Skyli'orti'e'd xendusira)を起源とし、紀元前ピリフィアー2000年以降のADLP時代においてヴェフィス詩学は急速に発展し、その詩の形式は、リパラオネ人の詩に強く影響を与えた。また、ラネーメ文学からの影響を強く受けており、詩の分野に限らず、小説や詠唱芸術に関しても強い影響を受けている。

哲学

クロウン・ドゥ・ダルヴ・クロウダハイト(ヴェ:Klaun de darvs klaudaheitè, 理:Tarf.klan)が始祖であるフィメノーウル信仰と関連するフィーマ哲学が基本的にヴェフィス人の基礎として存在している。ラネーメ圏に一般的なタム信仰に関連するタム哲学やリパラオネ教学などもヴェフィスには流入しており、基本的にはこの三つを習合した哲学が近代以降発展してきた。

音楽

グリフヴィエンドと呼ばれる伝統的な音楽文化が存在する。このような伝統音楽文化は、ラネーメ人にも、リパラオネ人にも愛されており、(「ヴィジュアル系バンド」存在未考証)であるFirmaは現代的音楽グループとして強い人気を得ている。
Firma

美術

映画


ファッション

ラネーメ王朝時代におけるヴェフィス人の服装はラネーメ王朝において一般的であった四之布(牌:ap1 a tak1, 淮:apata)を基本として発達した。
ラネーメ王朝後期からは、女性は上衣はそのままに長い袴を着るようになったが男性は、戦闘服とエルプラ(和服のようなもの)を着るようになる。下は袴で、上は四之布を下着として着ていた。

独立国家戦争時代以降服飾技術、国民服など、シックなミリタリールック(女性の服は軍服ワンピースを参照すると分かりやすい)が一般化し、それは連邦に接触するまでの間のPMCFにおけるヴェフィス人の服の一般的ものになった。これは後にファルトクノアにも影響を与えた。連邦との接触後は、連邦の影響を受け、服装は多様化している。

古来からラネーメ歴が使われていたが、PMCF国歌として独立した後は、修正理歴を制式化した。後に連邦と接触した以降はピリフィアー歴も一般的に使われる。

祝祭日


外部リンク

ヴェフィス共和国
Paifeanicha Vaifiseit
(国旗)(国章に準じる紋章)
国の標語:Laiechis pous, var anfilè
(ヴェフィス語: 残りし者よ、勝利せよ)
国歌:ヴェフィス共和国国歌
公用語ヴェフィス語
首都コトー・エヌルド
(Kotel enould)
最大の都市同上
政府
大統領クロウディア・ドゥ・デヴァニエ・クロウヴァディ
(Klaudia de Daivanie klauvadi)
PMCF参事官
ポラポロエ・アレス
(Polapoloe ales)
面積
総計72784.5km2
水面積率
人口
総計(2016年30,787,632
人口密度423人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計
GDP (MER)
合計
GDP (PPP)
合計
1人あたり
建国
シェルトアンギル公国紀元前4465年
ヴェフィス地方政府紀元前1999年


ヴェフィス共和国(現行)2002年3月12日
通貨ズー(PMCF共通通貨)
時間帯
略号ve
主な宗教リパラオネ教
フィメノーウル信仰
皇論
主な民族ヴェフィス人
  1. ^
サブページ (1): 修正理歴
Comments