チャショーテ

チャショーテ(CHAXOTE/chafi'ofes xolen terso/共和国革命派)とはリパラオネ連邦共和国の主要政治思想。

概要


チャショーテはレシュトら派生した二派閥のうちの一つで元は左派連合である。レシュト紛争後、alficasan.lizが停戦協定に署名後に内部の非武装化を進め、好戦的な構成員を除名した(〇九除名)、Valar.falesaは右派連合が急進的な分派をするのを恐れ中道左派的穏健派閥であるチャショーテに身を置き活動を行ってきた。しかし結果、チャショーテは革命重視として急進的に旧ディウィージ構成国家を元にリパラオネ連邦共和国を成立させる。こうしてチャショーテは大きく一つの安定した地位を得る事となる。Phil.1992にはラネーメ国に働きかけて共和国革命を完了させるがこれの影響が理民族主義者から糾弾され内部でも分裂が発生しチャショーテは翌年phil.1993に保守チャショーテと革新チャショーテに分派。eft.に入ってからは保守チャショーテがクワク社会主義、革新チャショーテが連邦社会主義として変化。最終的にはクワク共産主義ユエスレオネ主義(フェーユ共産主義)に分派することになる。

主張


チャショーテの主張は以下の通りである。

"多数の上下の無い労働組合と経営者組合のネットワークによって労働環境を改善し、政府による介入で労働者の経済格差を減らす。"
Comments